LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2014.07.10

今後、注目の解析ツールに!Twitter Cards Analyticsの使い方を解説します

まゆこ

皆さまこんにちは。メディア事業部のまゆです。最近になって「サブ垢」って響きがなんだかいいな…と思い、Twitterで複数のアカウントを作ってみたのですが、元々見る専門の人間だったので、あまり役に立ちませんでした。しかもパスワードを忘れました。

以前メディア事業部のきょうへいがTwitter Cardsに関する記事を書きました。今回わたしはTwitter Cardsを導入することでTwitterの解析ができる、Twitter Cards Analyticsについて簡単にご紹介させていただきます。

※2013年に試験的に全ユーザが使用できるTwitter Analyticsが公開されていましたが、今回ご紹介するのはTwitter Cardsを使用している方と広告主の方専用のAnalyticsになります。

Twitter Cards Analyticsについて

analytics-hero-5f7a43918471e91c3e0f0d7347d5698b

画像出典:アナリティクス

まず最初に、上記URLからお持ちのTwitterアカウントを登録しましょう。また、公式サイトで「定住国」と「定住国のタイムゾーン」の設定をしおくと便利です(設定後の変更はできないのでご注意ください)。

Twitter Cards Analyticsで分かること

  • あなたのツイートにどんな反応を示したか
  • フォロワーの興味や場所
  • フォロワーの増減
  • Twitter Cardsのクリック回数
  • Twitter Cardsでツイートしたアプリのインストール回数

など、他にも様々なことが分かります。Google Analyticsを使用したことがある方はなんとなく想像がしやすいかと思います。

画像1

出典元:Developers

インプレッション数(表示回数)とクリック数の時系列の変化が円グラフで表示されます。特定の期間を指定することも可能で、あなたのツイートにTwitterユーザは「どんな反応を示したのか」の全体的に見ることができます。

画像2

出典元:Developers

自分のサイトにトラフィック(アクセス)をもたらしてくれているインフルエンサー(影響力の高い人)もトラフィック順に表示してくれます。

画像3

出典元:Developers

複数のTwitter Cardsを使用した場合、その結果を比較することもできます。

Analyticsのアクセス権限の渡し方

Twitter Card Analyticsは、管理者とアクセス権限を与えたその他のTwitterアカウントでも利用することができます。権限の設定によっては他のTwitterアカウントがすべてのダッシュボードを見ることも可能です。 他のTwitterアカウントに対してアクセス権を有効にするには、管理者のアカウントが以下の操作をする必要があります。

  1. 管理者アカウントにログイン
  2. 「アカウント」一覧で「アクセス権を編集」を選択
  3. 「ユーザを追加」をクリック
  4. アカウント (@ユーザ名)を入力して、「優先アクセスレベル」を設定

もしこれで何も起きなかった場合は、ドメイン上のコンテンツでカードが有効になっているかを公式サイトから確認してください。

おまけ:初心者のTwitter Cards Analytics用語集

以下、おまけとしてTwitter Cards Analyticsに独特の用語を説明します。

アプリをインストールトライ

アプリ情報が有効になっているカード上の「アプリをインストール」をユーザがクリックした回数です。Twitter for iPhone、iPad、Androidアプリ内で、ユーザがあなたのアプリをまだインストールしていない場合のみに表示されます。

カード

新規及び既存の発行者や開発者が含まれます。

URLクリック

カードやツイート内のURLのクリック回数です。

インプレッション

インプレッション数はTwitterクライアント上でユーザがツイートを表示した回数です。

インフルエンサー

URLをクリック、アプリのインストールトライ、リツイートなどをしたTwitterのアカウントを指します。

リツイート

コンテンツへリンクを含むツイートをリツイートした場合のみ含まれます。

端末

端末、ウェブサイト、またはアプリを使用してツイートを送信します。ウェブはTwitter.com、その他はTwitter for iPhone、Twitter for Android、ツイートボタン、そしてTweet botのようなサードパーティアプリも含みます。

ツイート

Twitterアカウントのmetaタグが含まれたウェブページのリンクがあるツイートです。例えば、@ LIGアカウントのデータにアクセスしようとしている場合は(例:<meta name=”twitter:site” value=”@lig”>)タグを含むURLがあるツイートを全て収集します。

ツイート数は特定の期間に1回以上閲覧されたツイート数を指します。再生時点を基準にするので、その期間前に公開されてもデータに含めることができます。

ツイートボタン

ウィジェットを使うとユーザはウェブサイトから直接リンクをツイートできます。詳細は公式サイトをご覧ください。

Twitterクライアント

URLのクリック、インストールトライ、リツイートのインプレッションを測定しているのはTwitter.com、mobile.twitter.com、Twitter for iPhoneそしてTwitter for Androidです。

最後に

個人的にはProduct Cardを使ってくれる企業さまが増えてくれると嬉しいです。英語版ですが以下の動画では更に詳しい説明があるので、ぜひご覧ください。

ではでは、失礼します。

Twitter Card analytics Tutorial

▽参照元