Webサービス開発、あるよ
Webサービス開発、あるよ
2013.07.04

Google Readerのデータバックアップはまだ間に合う!!ほんの数分でデータを移行する方法

鮫島

「まだ焦るような時間じゃない」

LIGの仙道ことディレクターの鮫島です。

 

本当に終わっちゃいましたね、Google Reader。
僕はてっきり「やっぱり人気あるので継続します。ビックリさせてごめんね!!」とGoogleから陳謝されるのかと思っていたのですが、彼等は本気でした。
さすが有言実行のスペシャル集団ですよ。
4ヶ月くらいから御達しはあったものの、最近までスッカリ忘れていました。まぁまだ大丈夫だろって感じで。(アラート表示はあったけど、英語だから無視してた)

昨日、いつも通りReaderを開いたら衝撃ですよ。
登録してたデータどうすんだ…と思って、思わず「ふぁっ!?」とか1人で言っちゃいました。

 

で、本題ですが、僕のように「ふぁっ!?」とか言っちゃった人の為に、Readerのデータをバックアップして他のサービスで継続する方法をご紹介します。
因みに、まだ焦るような時間じゃないとは言ったものの、バックアップできるのは

2013年7月15日まで

なので、ちょっとだけ焦りましょう。

Google Readerのデータをバックアップする

手順としては以下の様な感じです。

:Google Readerにアクセス

 

:英文の真ん中くらいにある「 Google Takeout」をクリックしてGoogle Readerで使用していたアカウントでログインする
クリック!

 

3 : 以下のような画面に飛ぶので「アーカイブ」ボタンをクリックしてアーカイブデータを作成する
クリック!クリック!

※他のサービスのデータもダウンロードできますが、とりあえず今回はReaderのデータだけにします

 

4 : 自動で作成されたzipファイルを「ダウンロード」ボタンを押してダウンロードする
クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!

 

5 : ダウンロードされたzipファイルの中に「subscriptions.xml」という移行に必要なファイルが格納されているので、そのファイルを他のReaderサービスにインポートすれば移行できます

他のReaderサービスで継続する

Google Readerに代わるかもしれない、且つデザインもイカしたRSS Readerサービスをいくつかご紹介します。(海外のものが多いですが。。

データ移行の手順については各サービス毎で異なりますので、
使用するサービスの手順に従ってください。

落とし穴に注意

一部のReaderサービスではGoogleデータが使えない場合もあるみたいです。
例えば

・そのサービス自体にデータ移行ツールがまだない
・ドメイン管理者がGoogleのデータ移行を無効にしている

など。

詳細はこちらに記載されていますので、ご参照下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。とても簡単にバックアップできますね。
因みに先ほどご紹介したサービス以外にもReaderツールは色々あるので、僕はこれから色々模索していいのがあったら皆さんに共有しますね

 

さて・・・
早くバックアップしなきゃ!!(焦

U Y A
K A