Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2014.03.17
LIG PR
第8話
使ってみた

SEM担当者がユーザーの感想を直接聞ける「こえきく」を使ってみた

きょうへい

こんにちは!メディア事業部のきょーへいです。突然ですが、皆さんはウェブサイト自動販売機の関係について考えたことはありますか?

自動販売機って効率化最適化を追求した理想の形なんですよね。ある意味Amazonあたりは自動販売機化されたウェブサイトの良い例だと思います。

でも、僕たちLIGは「わくわくをつくり、みんなを笑顔にする」会社です。そのために必要なのはコンバージョン率の改善だけを目的としたサイトの効率化や最適化ではなく、顔の見えない「ユーザーの声」を聞き、反映することではないでしょうか。

 

 

でも、そうは言ってもユーザーの声を聞くなんて簡単じゃないんだよな…

 

 

DSC_4504

DSC_4504『悩んでいるようね?』

 

DSC_4508

『え?』

 

DSC_4504そんなあなたにおすすめなのが、株式会社ウィルゲートの新サービス「こえきく-koekiku-」よ!』

 

「こえきく-koekiku-」とは?

制作者サイドの主観から抜け出して、実際のユーザーの声から改善策を考えるための株式会社ウィルゲートのサービスです。

40,000人の会員から抽出されたモニターユーザーのアンケートにより、あなたのサイトの定性的問題を直接評価します。

1,400社のウェブコンサルティングノウハウを活かした600の設問からあなたが本当に聞きたいことを選択できるので、サイトのどんな問題にもユーザーの意見を的確に反映させることができます。

つまり、「こえきく-koekiku-」はアクセス解析だけではわからないウェブサイト訪問者の感想を直接聞いちゃおう、というものです。

 

DSC_4542

そしてこちらの美女は、株式会社ウィルゲートで『こえきく-koekiku-』を担当している中澤さんです。

 

DSC_4504『「こえきく-koekiku-」ではこんなSEM担当者の悩みに答えることができるわ!』

  • サイト改善案を出しても、どれも主観的に感じて社内関係者の間で同意が取れない。
  • 日々サイトの内部を改善しているけど数値に変化がない。
  • リニューアルを社内で提案したいけど、根拠となる資料が作れない。
  • 広告出稿してアクセスは増えたけど、コンバージョン率が低いので費用対効果が悪い。
  • もっと使いやすくしたいけど、アクセス解析だけでは「ユーザーにとってサイトがどう使いづらいのか」がわからない

まさに僕にぴったりのサービスじゃないか!ということで、今回の記事ではLIGのサイトについて実際にこのサービスを利用して、ユーザーの声をウェブ制作に反映させるまでをレポートします。

モニターユーザーの感想をもとに、LIGのサイトデザインを担当したサリーさん、数々のおもしろ企画を世に送り出してきた紳さん、「わくわくをつくる」の提唱者でもある岩上社長の3人にインタビューをして、普段は聞けないLIGのサイトについての想いを聞くことができたりもしたので、僕にとってもいい経験になりました。

それでは、はじめます!

ユーザーの意見を直接聞けるサービス「こえきく-koekiku-」の特徴

スクリーンショット 2014-03-14 11.56.19

『こえきく-koekiku-』では自社アンケートとは違いユーザーを集める必要がありません。アンケートもプロのウェブコンサルタントオーダーメイドで設問を作成してくれます。

ある意味では、待っているだけで自社サイトの課題がわかるため、慢性的にリソースが不足しているLIGのようなベンチャーにはかゆいところに手が届くサービスです。

そんな『こえきく-koekiku-』では、独自のシステムとして他のサイトとの比較ができます。

つまり、LIGと競合するサイトとLIGをユーザーに比較してもらい、「どこが競合サイトより良くて、どこが悪いのか」を聞くことができるのです。

競合サイトとしては、同じウェブ制作を業務としながら、オウンドメディアを運営するカヤック様アクトゼロ様を選択させていただきました。
※許可を得てこの記事の掲載をさせていただいています

実際の感想はこちら

『こえきく-koekiku-』で聞いた実際の感想から、代表的なものを抜粋してみました。

設問1. 見やすいサイトはどれでしたか? また、その理由を記述してください。

1位にアクトゼロを選んだ人の回答

ホーム画面を開いた瞬間に縦4、横4列の視覚的に見やすい形式でコンテンツが並んでいるため、どこになにがあるかわかりやすく、迷うことなく閲覧できた。ごちゃごちゃしていないためバランスが取れている印象を受けた。

1位にカヤックを選んだ人の回答

カヤックのサイトはアニメーションが多く取り入れられており、どこを見せたいのかがユーザー側にわかりやすく作られていると思う。他の2つのサイトももう少しアニメーションを取り入れると見やすくなると思う。

1位にLIGを選んだ人の回答

1つ1つの文字が大きく、直感的に何が書かれているのかわかりやすかった。画像が多くてどこに目をやればよいかがすぐにわかった。制作までの流れがわかりやすく、なにをしている会社なのかがすぐにわかった。

このようなユーザーの意見についての感想を、LIGのサイトデザインを担当したサリーさんに聞きました!

 

shinsan0  

人物紹介:サリー

LIGのデザイナー。
現在のLIGのサイトデザインを担当。

サリーさんの感想

文字を大きめに作っているのはあえてそうしているので安心しました。制作への導線はディレクターチームと何度も話し合って設計したものなので、こちらもよかったです。LIGのサイトはバナーが多いので、どうしてもごちゃごちゃしてしまいがちで、見やすさとのバランスが難しい事情があります。その点、アクトゼロさんは上手だと感じました。

カヤックさんは「おもしろ法人」というテーマとデザインがぴったりで、全体の雰囲気が統一されていますね。アニメーションは触っているだけでも楽しく、「さすがだなー」という印象です。見やすさにつながるならLIGでもアニメーションを取り入れることを検討してみてもいいかなと思っています。

設問2. どのサイトの印象が一番残りましたか? また、それはどんな印象なのかを記述してください。

1位にアクトゼロを選んだ人の回答

豆知識のようなものばかりではなく、素材のダウンロードやYouTubeと連動したコンテンツが多いので、印象に残りました。最初の画面がスマホと似ていて使いやすいと思いました。

1位にカヤックを選んだ人の回答

やはり、アクセスしたときに表示されるカヤックの絵と擬音が一番強く印象に残りました。漫画やゲーム関連のおもしろい言葉が使われているのも良かったです。とにかくなにかおもしろいイメージが残りました。

1位にLIGを選んだ人の回答

とにかく社員がおもしろいことをやっていて、参考になる記事もあるというのがLIGだと感じた。社員がサイトのあちこちに登場するので信頼できると思った。

このようなユーザーの意見についての感想を、数々のおもしろ企画を世に送り出してきた紳さんに聞きました!

 

shinsan0  

人物紹介:紳さん

LIGのクリエイター。
おもしろ系企画を担当。

紳さんの感想

人が記事を読む理由は「情報がほしいとき」「暇つぶし」の2つだと僕は思っています。サイトを見に来てくれた人がそのどちらであれ満足してもらうのが目標なので、コーポレートサイトとしては異例ながら、LIGではおもしろ企画にも力を入れています。ソーシャルで突っ込みをさせたい狙いがあるので、コンテンツにどんなコメントがつくか予想しながら、読者の印象に残る記事を制作するようにしています。

LIGのメンバーをサイトのあちこちに登場させているのは、社員の顔や生活感を前面に出すことでLIGという会社のファンになってもらいたいという想いがあるからなので、「信頼できる」と言っていただけたのは嬉しいですね。アクトゼロさんやカヤックさんに負けないインパクトのある企画で常に訪問者を飽きさせない工夫をしていきたいです。

設問3. どのサイトが見ていてわくわくしましたか?

1位にLIGを選んだ人の回答

TVやCM、映画・アプリなどさまざまなジャンルにわたって事業を手がけており、ウェブサイト制作にあたりユニークな内容のものを作ってくれそうでわくわくした。ウェブ制作は自分が好感を持った会社に依頼したいので興味を引かれた。

このようなユーザーの意見についての感想を「わくわくをつくる」の提唱者でもある岩上社長に聞きました!

 

shinsan0  

人物紹介:岩上貴洋

LIGの代表取締役社長。
企業理念「わくわくをつくり、みんなを笑顔にする」を提唱。

岩上社長の感想

LIGの経営理念を「わくわくをつくる」にしているのは、ユーザーやクライアント様だけでなく、社員を含めたLIGに関わるすべての人たちにわくわくを与えられる会社でいつづけることが、ブランディングにおいて重要だと考えているからです。わくわくして楽しいプロジェクトだったかどうかは主観的に判断される部分なので、LIGを1位に選んでくれた人には何かプレゼントしたいくらいの気持ちですね。

みんなが「Life is Good」を実感できるように、これからもこの調子でみんなを笑顔にしつづけて行きたいと思います! いつも弊社サイトをご覧の皆さん、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

ユーザーの意見を直接聞く機会はほとんどないので、こちらのサービスには岩上社長も満足していた様子。でも、非常に言いづらいことが1つあり…

実はLIG、「どのサイトが見ていてわくわくしましたか?」では1位じゃないんです。

 

 

 

shin1『えっ!?』

 

 

 

mayuko1『…まぁ、上には上がいるってことですね!頑張ります!』

 

まとめ

DSC_4521

いかがでしたか? 「なぜ直帰率が高いのか」「なぜPV数が増えないのか」「なぜコンバージョン率が改善しないのか」など、定量的なアクセス解析だけではなかなか見えにくいSEO対策上の悩みを解決してくれるこちらのサービス、ぜひ導入を検討してみてください。

Webサイトに特化したモニター調査で、40,000人のモニターユーザーをセグメントし、サイトの課題に合わせてオーダーメイドのアンケートを設計できるこえきくの料金プランは以下になります。

  • 30人回答プラン テキスト&サーベイ¥250,000 サーベイプラン\150,000
  • 50人回答プラン テキスト&サーベイ¥350,000 サーベイプラン\200,000
  • 100人回答プラン テキスト&サーベイ¥600,000 サーベイプラン\300,000

株式会社ウィルゲート『こえきく-koekiku-』公式ホームページはこちらです。

https://koekiku.com/