NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2015.06.12
第9回
DevRelイベントレポート

GitHub日本法人設立を祝してハンズオンイベントを開催しました

のびすけ

こんにちは、エンジニアののびすけです。
2015年6月上旬にGitHubが日本法人を設立するという発表があり、業界に衝撃が走りましたね。

参考:開発者に人気の「GitHub」日本法人設立、企業向け本格展開
http://ascii.jp/elem/000/001/015/1015751/

このニュースに合わせて、私がメンターとして関わっているジーズアカデミーがGitHub社をお招きし、ハンズオンイベントを開催しました!
米国本社からきた教育エヴァンジェリストのJohnさんが講義をし、日本法人設立で話題になった堀江GMが自ら通訳をするという豪華さです。

しかも、 GitHub社が行うハンズオンイベントは日本法人設立後初だそうです!
この記念すべき日にLIGとしても関われたことに感動を覚えつつ、レポートを書きたいと思います。
GitとGitHubについて簡単に説明もするので、GitHubってなんだろう……という方もぜひご覧ください!

そもそもGitHubって?

GitHubはエンジニアの必須ツールであるGitのホスティングサービスです。

過去に私が書いた「Git初心者でも大丈夫!完全無料でGithub PagesにWebページを公開する方法」などでも紹介をしています。
※勘違いしているディレクターやデザイナーをよく見るのですが、 GitとGitHubは別物ですよ!

GitとGitHubは別物ですよ!

Gitはソースコードやテキスト文書などの変更履歴を管理する分散型バージョン管理システムのことです。個人のPC内(ローカルマシン)の文書を管理するだけではなく、サーバーを経由してチームで共有しているソースコードの管理もできます。
チーム開発する際など、共有しているソースコードのファイルでバグが発生したときに、通常稼働していたソースコードのバージョンまで戻したり、新規機能開発・バグ修正といった目的ごとに管理することができたりと、かなり便利なツールです。

エンジニアを中心に世界各国で利用されています。LIG社内でももちろん使っていますし、Webの会社でGitを使っていないところはほぼないと言っても過言じゃないと思います。

Gitについては以下の記事が分かりやすいです。

参考:ガチで5分で分かる分散型バージョン管理システムGit
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1307/05/news028.html

GitHubとGitHub社

GitHubはGitのWebホスティングサービスです。つまりGitはバージョン管理ツールで、GitHubはGitと連携したWebサービスという認識になります。

Gitではローカルマシンでバージョン管理し、そのソースコードをサーバーにアップロード(push)してチームで共有します。そのサーバー側は自前で用意することもできますし、GitHubBitbucketといったWebホスティングサービスを利用することもできます。
GitHubはアメリカのGitHub社が運営しているサービスで、Gitのホスティングサービスの中でも一番メジャーなものになります。Github以外にも、エディタのAtom、Bot作成フレームワークのHubotなども作っています。