Web事業部LP
Web事業部LP
2015.07.17

意外と知らない!Photoshopの使い方(便利機能BEST3)

ハルエ

ドロップレット

ドロップレットとは、よく使うアクションをアプリケーション化することができる機能です。
対象のファイルやフォルダを作成したドロップレットにドラッグ&ドロップするだけで、すべてのファイルに設定したアクションを適用することができます。

1. アクションの作成

まずは、先ほどバッチ処理で説明させていただいた1〜3までの手順でアクションを作成してください。

2. ドロップレットの作成

ドロップレットを作成

次に、「ファイル > 自動処理 > ドロップレットを作成」を選択してください。

3. ドロップレットの設定

ドロップレットの設定

ドロップレットのウィンドウが開くので、各種設定をおこない「OK」ボタンをクリックしてください。

4. 適用したいファイル・フォルダをドラッグ&ドロップ

ドロプレットへドラッグ&ドロップ

指定した場所にドロップレットアイコンができるので、そこへファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけで自動処理がおこなわれます。画像サイズの変更、画質の調整など、いつも同じ操作の作業がある方は、今すぐドロップレットを作成しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マイベストとして3つの機能を紹介させていただきましたが、Photoshopには知っているだけでかなり時間短縮される自動化機能がまだまだたくさんあります。

これだけ機能があると、すべてを網羅するのは難しいですよね。みなさまのおすすめ機能があれば、ぜひ教えていただけるとありがたいです。