Web事業部LP
Web事業部LP
2015.07.17

意外と知らない!Photoshopの使い方(便利機能BEST3)

ハルエ

バッチ処理

“バッチ処理”では、記録しておいた工程をフォルダ単位あるいは開いているファイルにまとめて処理をかけることができます。
大量の画像を一気に書き出したいときや、同じ効果をかけたいときなどにとてつもなく重宝する機能です。

1. 画像を開く

アクションを選択"

まずは加工したい画像を1つ開き、「ウィンドウ > アクション」を選択してください。

2. 新規アクションを作成

新規アクションを作成

次にアクションパネルから新規アクションを作成します。

新規アクションを作成

任意のアクション名を入力したら「記録」ボタンをクリックしてください。

3. アクションの記録

録画中の赤丸アイコンが表示されて記録が開始されます。

アクションを記録

今回は「画像縮小 → 明るさ調整 → 画像の書き出し → 保存 → 閉じる」までの一連の作業を記録しました。
記録したい作業が終了したら「■」アイコンをクリックして記録を終了してください。

4. バッチ処理の適用

ではここから一気に自動処理をかけていきましょう!

バッチを選択

「ファイル > 自動処理 > バッチ」を選択してください。

バッチ処理の適用

バッチウィンドウが開くので、適用させたいアクションと適用させたいフォルダを選択し、「OK」ボタンをクリックします。すると、先ほど登録したアクションの一括自動処理が開始され、選択したフォルダ内にある画像すべてに適用されます。早い!