熱が距離を縮める
熱が距離を縮める
2015.08.12

Photoshop初心者が写真加工や編集をおこなうための必須ツール20選・前編

LIGブログ編集部

6. なげなわツール

なげなわツール

自由な形で選択範囲を作成することができます。ツールを選択した状態でドラッグして線を引くと、その線が選択範囲となります。何か複雑な形で選択をしたいとき、切り抜きたいときなどに使用します。

ショートカットキー:Lshift + L

shiftを押しながら、Lを連続で押すと同じグループ内の違う選択ツールになります。

 

7. 多角形選択ツール

多角形選択ツール

直線で選択範囲を作成することができます。四角形以外の多角形で選択範囲を作りたいときに使用します。

ショートカットキー:Lshift + L

shiftを押しながら、Lを連続で押すと同じグループ内の違う選択ツールになります。

 

8. マグネット選択ツール

マグネット選択ツール

「マグネット」という名前のとおり、選択したい対象をドラッグしていくと、吸着しながら選択範囲を作成してくれるツールです。

実際にマグネット選択ツールを使ってみる

ある程度は対象の形どおりに吸着してくれます。マグネット選択ツールで大ざっぱに選択範囲を作成した後に、通常の選択ツールで細かい調整をすれば、複雑な形でも簡単に切り抜きや削除をおこなうことが可能になります。

ショートカットキー:Lshift + L

shiftを押しながら、Lを連続で押すと同じグループ内の違う選択ツールになります。

 

9. クイック選択ツール

クイック選択ツール

写真などをドラッグしていくと、同じ色の部分を自動的に選択してくれます。オプションバーで筆の種類を変えることで、細かい選択も可能になります。

選択したい部分の隣接している境界線がはっきりしているほうが、より高い精度で選択ができるようになります。

ショートカットキー:Wshift + W

shiftを押しながら、Wを連続で押すと同じグループ内の違う選択ツールになります。

 

10. 自動選択ツール

自動選択ツール

色や明るさが似ている箇所をクリックで選択することができます。色や明るさの似ている度合いをオプションバーの「許容値」で調整します。
数値が大きいほど似ていると感知する許容が広くなり、数値が小さいほど細かく似ている部分を感知するようになります。

 

自動選択ツールのオプションバー

また、オプションバーの左側で選択ツールと同様に、選択方法(新規、結合、削除など)を選ぶことができます。

ショートカットキー:Wshift + W

shiftを押しながら、Wを連続で押すと同じグループ内の違う選択ツールになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はLIGブログ編集部でも実際によく使っている、画像加工・編集に役立つツール20選のうち、10選までを紹介しました。これだけでも随分いろいろなことができるようになったはずですが、次回で紹介する10選も一緒に覚えることで、Photoshopの可能性をどんどん広げていきましょう。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。
全5回のこのシリーズでPhotoshopの基本をマスターし、写真加工を自分で手軽にできるようになりましょう。

▼Photoshop関連シリーズ記事

「デジタルハリウッドSTUDIO 上野 by LIG」
個別相談会に参加する!