オウンドメディア成功の秘訣は「ロジカル×エモーショナル」。必要な戦略と事例を大公開!【PLAN-B×LIG共催セミナー】
オウンドメディア成功の秘訣は「ロジカル×エモーショナル」。必要な戦略と事例を大公開!【PLAN-B×LIG共催セミナー】
2015.07.10

Illustrator初心者が最初にマスターしたい機能10選

村上

Illustratorで知っておきたい基本機能10選

1. ペンツール

ベジェ曲線練習の解説画像

ペンツールでは、まずクリックでアンカーポイントを作成し、2つ目のアンカーポイントをクリックすると、セグメントが作成されます。線を終了する場合はEnterキーを押しましょう。

ペンツールの練習は直線のみで描けるA、曲線で描くS、曲線から直線の切り返しが必要になるP、総仕上げとしてRの練習をしてみるのがおすすめです。

Rの赤い点は、上方向にドラッグしてしまうと形は整いますが、次の線を引くときに曲がってしまう、初心者が「ベジェ曲線意味がわからない」となりがちな部分です。

回避方法としては、赤い点をもう一度クリックすることで曲線から直線に切り替えるのですが、2.でもっと簡単な方法をご紹介します。



2. アンカーポイントの切り替えツール

アンカーポイントの切り替えツールの解説画像

曲線が苦手な場合でも、アンカーポイントの切り替えツールで直線を曲線に変更すると、簡単に曲線が描けるようになります。

SとRを直線だけで作成して、ペンツールの中にあるアンカーポイントの切り替えツールで、図の赤色部分にあるアンカーポイントを矢印の方向にドラッグしてみましょう。

最後にダイレクト選択ツールを使って、アンカーポイントや方向線の位置を綺麗に整えれば、曲線で構成されたSとRの完成です。

3. パスの編集

パス編集の練習の解説画像

1.〜2.で確認した機能を使って、パスを編集します。ハートマークなどの曲線と直線を含むオブジェクトがおすすめです。

これをマスターしてしまえば、ペンツールで直線をざっくりと描いて、思い通りのイラストに調整することができるようになります。

4. ナイフツール・はさみツール

ナイフツールとはさみツールの解説画像

図形を分割するために使うのがナイフツールとはさみツール。ナイフツールはクローズパスからクローズパスを作る、はさみツールはクローズパスからオープンパスを作るという違いがありますので、加工過程を考慮してどちらを使うか決めます。

ちなみに、クローズパスというのは四角形などのどこも開いていないパス、オープンパスというのは始点と終点のアンカーポイントが離れているパスのことをいいます。

5. ブレンドツール

ブレンドツールの解説画像

2個以上のオブジェクトから中間のオブジェクトやグラデーションを作るツール。カラーバリエーションや途中の図形を作るのに役立ちます。

間のオブジェクトを作るステップ数の指定と、グラデーションを作るスムーズカラーの2種類の機能があります。「オブジェクト」メニュー→「ブレンド」→「ブレンドオプション」から選びましょう。