ナイルさまイベント
ナイルさまイベント

Illustratorで初めてイラストを描く人が押さえておきたい5つのポイント

もりた

5. 誰が開いても安全なデータにする

最後に、イラストが完成したなら。
イラストのAIデータは仕事で使うならば他のデザイナーや、あるいはすっかり全てを忘れた未来の自分のために、誰が開いても極力安全なデータにしておきましょう。

フォントはアウトライン化

イラストの中にフォントを使用した場合、必ずアウトライン化を行いましょう。
データを渡す相手や、未来の自分が必ずしも同じフォントをパソコンにインストールしているとは限りません。



線もアウトライン化

Illustratorでは「変形」ウインドウで「線と効果も拡大・縮小」という項目を選ぶことができます。
変形ウインドウ
Photoshopの「レイヤー効果」で線をつけた場合、オブジェクトを拡大縮小しても線の太さは代わりませんが、それをオブジェクトと一緒に太くするか、そのままにするかを選べるということですね。

この項目にチェックが入っていれば、アウトライン化していない線でもイラストを拡大縮小したときに全体像は変わりませんが、入っていないと小さいイラストに太すぎる線が入ってる…なんてことになりかねません。

効果はアピアランスを分割、透明を使ったら透明部分を分割・統合

先ほど「ラフ」の効果を使いましたが、ただ効果を使っただけだと、まだオブジェクトのパスは元の形を保っています。
アピアランスを分割1
こんなふうにオブジェクトの見た目と、選択したときに見えるアンカーの位置がずれている場合は、
オブジェクト > アピアランスを分割 を行いましょう。
アピアランスを分割2
アンカーがオブジェクトの見た目とおなじになりました!

また、オブジェクトを「透明」ウインドウで操作し、「乗算」の描画モードを変更していたり、「透明度」を調節していた場合は,
オブジェクト > 透明部分を分割・統合 を選択します。すると…
透明度分割
こんな感じで重なり合ってる部分の色を、不透明度100%のオブジェクトとして分割してくれます。

これらの作業は、Adobe以外のソフトでファイルを開いたり、古いバージョンのIllustratorで開く際に、ファイルの見た目を変えないために必要になってきます。




おしまい

Illustratorが使える人にとっては、読んでみると何だたいしたことないなという内容ですが、小さな積み重ねがいい感じのイラストを作るポイントだったりします。

なんとなくIllustratorは苦手だと思っていたあなたも、普段使っているけどイラストを書いたことはないなというあなたも、一度Illustratorで遊んでみてはいかがでしょう。
もりたでした。
Web制作のご相談・料金のお見積りはこちらから