SUPってなに?
SUPってなに?
2010.11.11

iphoneで周辺の情報を取得してみる

おっしー

おばんです。

先日の日記に引き続き。

今回欲しかったのは「経度」と「緯度」

こんな感じな事を行いたい訳です参考サイトさん

※ちなみにFirefox 3.5 以降のブラウザでのみ正確な値が取得できます。
googleChromeで見たら新宿になった。何故新宿。

今回私が使うデータにはもう経度と緯度が登録されているので現在地とデータを比較するだけ。

ブラウザがGeolocation APIに対応している場合は、
navigatorオブジェクト内に geolocationオブジェクトが用意されているとのこと。
geolocationオブジェクトの中で現在地の位置情報を求めるためのメソッドが用意されている。
これを使うしかない。むしろこれ以外の方法は切ないけど今の私には思いつけないのです。

navigator.geolocation.watchPosition()

今回はこれでOK

渡されたオブジェクト名が position の場合

position.coords.latitude→緯度
position.coords.longitude→経度
position.coords.altitude→高度
position.coords.accuracy→水平方向の誤差
position.coords.altitudeAccuracy→垂直(高さ)方向の誤差
position.coords.heading→方向
position.coords.speed→速度

達が取得できます。

とれない値もあるので用法、用量を守ってご使用下さい。(?)

Safariに搭載されているGPS関連機能は
W3C(World Wide Web Consortium)のGeolocation APIに準拠しているらしく
恩恵に授かりました。

後あれですね、日本の携帯だと緯度と経度が日本用なのですが
iphoneは世界基準で取得してくれるので処理がシンプルに済みました。

私は何故かpostでデータを送るまでして取れてるのにveiwファイルが表示されない!と思いつづけてました。
何やってんだ。ああ悔しい。

大体のソースは前の日記の方が参考になると思われます。

次に位置情報を取得するようなシステムを作る時には駆使しよう。そうしよう。