マックのユーザ辞書に単語登録をしてメール処理を効率化する方法。

たか


マックのユーザ辞書に単語登録をしてメール処理を効率化する方法。

岩上です。皆さんは普段、ユーザー辞書を有効に使っていますか?タスクバーにちょろっと出てくるアレです。メールを書く頻度が多い人はいくつか登録しておくと想像以上に効率化を測れると思います。「Google日本語入力辞書ツール」を使ってるのですが、僕が使っている方法をご紹介します。 

Google 日本語入力

http://www.google.co.jp/ime/index-mac.html

登録している単語一覧

お…お世話になります。

り…LIGの岩上です。

ご…ご連絡頂きありがとうございます。

しょ…承知致しました。

い…インラインにて失礼致します。

よ…宜しくお願い致します。

おつ…お疲れ様です。たかです。

これ、「お」「り」「ご」「しょ」「い」「よ」と6単語タイプするだけで、 

お世話になります。
LIGの岩上です。

ご連絡頂きありがとうございます。
承知いたしました。
インラインにて失礼致します。

宜しくお願い致します。

という文章が出来るわけです。
よく利用する文章を登録しておくと、メールのタイピング回数がモノ凄く短縮されます。

設定方法 in Mac book air

1. 右上の「あ」から単語登録(辞書ツール)をクリックして開きます。

2. 登録したい単語と文章を入力します。

追加を押して、「よみ」には登録させたい単語の頭の文字、「単語」には入力したい文字列をいれます。

何個でも登録可能です。

まとめ

もっと使えるツールは沢山あるかもしれませんが、上記程度の単語数であればデフォルトのコトエリでも十分かもしれません。沢山登録してしまうと、変換時に面倒になってしまうので効率化を実現する適量具合を調整する必要はあります。個人的にはよく使う単語や言い回しを10個前後登録しておく程度が良いと思います。ディレクターや営業職でメールを頻繁に使う方は是非試してみて下さい。

たか
この記事を書いた人
たか

取締役

関連記事