LIGのメルマガ、はじめました!
LIGのメルマガ、はじめました!
2012.07.04

一緒に仕事する仲間から信頼されるには、プライドを持って仕事をしよう。

たか

thumbnail

先週、リソースの問題から、メガネの弊社CTOにあるプロジェクトを他のメンバーに引き継いで欲しいとお願いしました。社内的にはプライオリティが高いので、忙し過ぎるメガネの弊社CTOから他のエンジニアメンバーに引き継いだ方がプロジェクトが進むのではないかと思っての提案です。

オレ:「このプロジェクト、引き継げない?」
メガネの弊社CTO:「それは出来ない」(メガネを光らせながら)
オレ:「なんで?」
メガネの弊社CTO:「プライドの問題で無理。やりきるから大丈夫」(メガネをクイッとあげながら)
オレ:「なるほど」

プライドは信頼に繋がる

ふとしたやり取りだったのですが、「プライドの問題で無理」というのは一緒に仕事をしていく上で凄くイイ言葉だなーと思いました。単なる我侭ではなく、リスクを把握した上で「やりきるから大丈夫」というのです。結果を出している人が言うから説得力があるし、信頼出来ます。メガネの弊社CTOが「プライドの問題で無理」というのであれば、細かい事は良く分かりませんが、特に深く聞く必用もなくそういうことなのだろうと納得しました。

このような信頼関係は、クライアントとの関係やチームで仕事をする上でも重要です。自分の責任範囲を明確にして、プライドを持って仕事に取り組む姿勢は同じチームメンバーとして頼もしいです。自分の仕事を小さくても着々と達成していく事で信頼関係は形成されていくのだと思います。

良いプライドと悪いプライドがあるようです

「プライドの問題で無理」というセンテンスだけ見ると、見ようによってはマイナスのイメージを持つかもしれません。プライドって抽象的な言葉ですが、辞書で調べると2種類の意味があるみたいです。

a pride 自慢、得意、満足 【類語 vanity】
意味1:自尊心、誇り、プライド 【true pride とも言う】
意味2:うぬぼれ、傲慢、思い上がり 【false pride とも言う】

確かにどっちもプライドっぽいです。

良いプライドと悪いプライドを制作会社の仕事に置き換えてみると、、、

true pride=良いプライド

・セルフチェックがしっかり出来る。
・いいと思ったアドバイスやアイディアを柔軟に取り入れられる。
・自分に厳しい=納期に厳しい。
・慌てず逃げずに責任感が強い。

false pride=余計なプライド

・近寄り難いオーラが出てる。
・自分が1番じゃないと気に入らない。
・高飛車で虚勢を張る。
・自分の非や他の優れた意見を認められない。

というような感じだと思います。

まとめ

僕自身もそうですが負けず嫌いとか、隠れて自信過剰な人はプライドが高いと思います。良いプライドを持つ人は、理想と現実のギャップを埋める為に必死で頑張る為、早いスピードで成長していきます。逆に余計なプライドを持つ人は、優れたアドバイスを受け入れられなかったり、周囲の人達からのサポートを得られず、自己成長を妨げます。自分は完璧ではなく、ちっちゃい存在だということを頭の片隅で理解した上で、引き続き良いプライドを持って頑張っていきます。