営業の枠から飛び出せ!
営業の枠から飛び出せ!
2010.10.06

採用活動をおこなってます。

たか

採用は真剣です。
色々技術的に必要な部分はもちろんあります。
会社としては出来れば即戦力が欲しい。
それはもちろん。
ただ、もう少し根本のところ。
もっと個人的で人間的なところで最終的に判断したりしています。
大手会社だとしても安定や安泰とは言えないこのご時世。
僕達みたいな設立数年のベンチャー企業なんて尚更です。
いい時もあれば勝負する時も、ピンチな時もある。
多分、安定していない時の方が多いです。
無理やりにでもこれから大きくしようとしてるからしょうがない。
安定や安泰を求めているならベンチャーは向かないと思います。
大きな括りだと。
代表者として、銀行の借入や政府機関、賃貸契約や諸々、会社との連帯責任は僕個人。
当たり前ですが、何かあれば僕が最終債務者です。
なので、最終的には僕の個人的で人間的なところで判断してます。
最悪なケース。
この人だったら、Ligとして何か失敗しても、どんなに大変でも自分がカバーしたいと思える。
この人だったら、自分の給料が払えなくても、笑って心からありがとうと払える。
この人だったら、自分やLigとしての成長と同じくらい一緒に成長して欲しいと思える。
そんな感じで判断してしまう。
こんなこと言うと大丈夫かしら?と心配されそうですが、色々あるけど、
Ligは設立から成長してます。右肩上がり。
金融機関やら税理士さんからは順調ですねと。
ただ、一緒に働いてくれるからには、出来る限り守りたいし、
親分肌とは真逆のタイプですが、
親分肌的な「ケツは俺が持つ」的な男気を見せたいです。
Ligの方向性とメンバーの方向性が違う場合は別として。
※社長とかで偉そうにしたいわけではないです。
http://takataka23313.seesaa.net/archives/200809-1.html
この気持ちの2008年と特に変わってません。
まだまだまだまだ。
Ligとしてやりたいことはあります。
今、出来ていることは2%くらい。
そんな訳で、一緒に働いてくれるデザイナーさん、募集中です。
https://www.find-job.net/fj/showjob.cgi?id=81618&view=view