2機目
LIGPR
LIGゲーマーズch

マジック:ザ・ギャザリングをLIGで流行らせたい!紳さんの挑戦。【記事の最後に告知あり】

紳さん


マジック:ザ・ギャザリングをLIGで流行らせたい!紳さんの挑戦。【記事の最後に告知あり】

0

こんにちは、カードゲーマーの紳さんです。

前回書いた【僕と一緒に始めませんか?世界一のカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」】という記事が思わぬ好評で、業界の方々から「マジック愛しすぎて気持ち悪い」と言われた僕ですが、LIG社内では一向にマジックが流行る気配がありません。

なんでだろう? こんなに面白いゲームなのに。

みんな、心が荒れ果てて遊びに対する情熱を失っているのか?

 

1

shi1 『広報担当ひろゆきー。』

 

2

shi1 『世界一面白いカードゲームがあるんだけど、俺とやろうぜ!』

 

3

hiroyuki1 『マジックですか? いや、俺はイイっす。なんか、難しそうだし。』

 

hiroyuki1 『てゆーか、カードゲームなんて子供の遊びじゃないですか。』

 

 

4

shin2 『こんな調子で、プレイすらしてもらえません。』

 

shin2 『マジックはむしろ「大人向けの頭脳格闘技」といえる程、奥が深くて面白いゲームです。ルールを少しづつ覚えれば、さほど難しいこともなくプレイできます。』

 

shin2 『一度やってみれば、絶対に面白さに目覚めてくれると思うんだけどな〜』

 

 

 

5

shi1 『ひろゆきがダメなら、寝てばかりの菊池を誘ってみましょう。』

 

 

 

6

shin3 『ヘイ、菊池! 寝るほど暇ならマジックやろうぜ!』

 

7

kikuchi1 『ナンセンスですよ。カードゲームなんて。』

 

kikuchi1 『そんなことしても、女の子にモテませんからね。』

 

 

 

7a

kikuchi1  『女の子にモテない以上、僕は寝たいんだ!』

 

 

 

8

shin4 『…困ったものです。寝ることにしか人生の楽しみを見いだせないなんて。将来は寝具メーカーで被験体として働くつもりなんでしょうか。』

 

shin4 『遊ぶ時に「女の子にモテる、モテない」を判断基準にするなんて、それこそナンセンスですよ。サーフィンでもやれば良いのに。』

 

shin4それに、マジックプレーヤーにも女の子にモテる人はいます。偏見はやめて欲しいですね。

 

 

 

shi1 『…なんとか、2人がマジックに興味を持ってもらえる様に考えないと』

大人の対応でアプローチしてみる。

9

shin5 『ひろゆきボウヤ…』

 

 

 

10

 

 

 

11

 

 

 

12

shin5 『大人の世界へようこそ…』

 

 

 

13

hiroyuki2 『ん〜。 素晴らしい香りだ。たまらない。』

 

 

 

14

hiroyuki3 『大人のマジック:ザ・ギャザリングに乾杯!』

 

shin5 『サティスファクション!』

 

 

 

15

shin6 『このように、大人な雰囲気を作り出すことで友達に「マジックは大人の遊びなんだ!」と理解させることができます。最近ではお酒を飲みながらカードゲームを楽しめるようなお店も出来たり、大人の趣味として確立しているんですね。』

 

shin6 『まぁ、新しく友達を誘う方法としては完全に間違ってますけどね。』

 

女の子としてアプローチしてみる。

16

shinko3 『あの… 菊池くん…』

 

 

 

17

shinko5 『一緒にマジック:ザ・ギャザリングやらない…?』

 

 

 

18

 

 

 

19

 

 

 

20

kiss 『チュッ』

 

 

 

 

 

21

kikuchi2 『初KISSはママレモンの味。マジック:ザ・ギャザリング。』

 

shinko1 『やったぁ〜。 嬉しい!』

 

 

 

22

shinko2 『最近ではカードゲームをやる女の子も増えてきて、カップルでマジックを楽しむのもオススメなんですヨ。休日、彼女と別行動でカードゲームを楽しんでいるキミ。勇気を出して、彼女を誘ってあげてネ☆』

 

shinko2 『女の子はいつでも、男の子からの誘いを待ってるんだゾ♪』

 

 

マジックを友達と一緒に楽しむためのポイント

23

というわけで、今回のテーマは「友達をマジックに誘おう!」というものでした。

友達とマジックを楽しむ際、一番大切なものは「思いやり」です。

自分だけが楽しむのではダメで、対戦相手にも楽しいと思ってもらえる事が一番大切です。その為に、以下の2つのポイントを頭の中に入れて欲しいと思います。

その1:対戦相手をリスペクトする

25

対戦相手は敵ではありません。楽しい時間、空間を共有する大切な仲間です。

勝負に勝っても負けても楽しめるように、対戦相手が不快な想いをするような行動、発言はしないようにしましょう。

その2:丁寧なコミュニケーションを心がける

24

対戦中はお互いの意思疎通が大切です。

 

「ちょっと待って、その前にこのカードを使いたいです!」
「そのカードの能力が詳しく知りたい。教えてくれませんか?」
「ライフは何点残ってますか? 手札は何枚ありますか?」
「プレイングを迷っています。少し考える時間をください。」
「そのプレイに対して、この能力を使いたいんだけど、ルール上は可能ですか?」

 

マジック:ザ・ギャザリングに「知らないことを聞いてはいけない」というルールはありません。わからない事があれば素直に聞いて、逆に対戦相手が疑問に思っている事があったら教えてあげましょう。

自分のやりたい事は対戦相手に言葉とジェスチャーを用いてしっかりと伝え、逆に対戦相手がやりたい事も丁寧に理解する姿勢が大切です。

 

上記のたった2つのポイントを守るだけで、誰でも楽しくマジックをプレイすることができるんです。難しいことなんてありませんよね!

 

無料体験会「ティーチングキャラバン in LIG」のお知らせ

26

今回の記事は色々と間違えてしまった部分がありますが、我々マジックプレーヤーは新しい仲間が増えることを心から望んでいます。

つきましては、2013年12月14日(土)にマジック:ザ・ギャザリングの製造元であるウィザーズ・オブ・ザ・コースト社のスタッフ様と共同で

ティーチングキャラバンという無料体験会を開催したいと思います!

「ティーチングキャラバン in LIG」概要はこちら

  • 開催日:2013年12月14日(土) 10:00〜15:00
  • 開催地:東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル 10F 株式会社LIGオフィス内
  • 参加費:無料
  • 持ち物:カードゲームを楽しむという心構え
  • ランチ:LIGスタッフ手作りの「オリジナルLIGカレー」をご用意

無料体験会の内容はとっても簡単!ルールの説明を受けながら、こちらで用意した初心者向けのデッキを実際に使って楽しくプレイするだけです!

また、イベント中の様子を撮影し、『マジック:ザ・ギャザリング公式ウェブページ』及びTwitter、Facebook、Youtubeなどでその模様を掲載させて頂く場合がございます。参加される方はあらかじめご了承ください。

 ※定員を超えた為、現在募集を終了しております。たくさんのご応募、ありがとうございました!

紳さん
この記事を書いた人
紳さん

メディアクリエイター

関連記事