Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2013.06.07
LIG PR

【Right-on × 方言彼女。】アイドルの撮影現場に女装して乗り込んでみた。その2

前回までのあらすじ
アイドルにマシュマロを突きつけるオカマ

方言彼女。の座を賭けて、現役アイドル「渕上彩夏」との勝負に挑む中国人デザイナーの王くん。
女装した上に絵心対決で敗北をした為、ここはもう後がない。
「マシュマロを何個、口の中に詰め込めるか対決」に意地でも勝たなければ…

王くん、負けないで!できる限りたくさんのマシュマロを口に詰め込むのよ!

人物紹介:王美(おうみ)
icon2 LIGで働くデザイナー。アイドルに強い憧れを抱く中国人。

登場人物:渕上 彩夏(アヤカ)
アヤカ 熊本出身の方言アイドル。【Right-on × 方言彼女。】コラボムービー「ケータイ」の主人公。

 

ふくれた顔も可愛いですね

icon1『てゆーか、マシュマロ対決だかなんだか知らないけど、どうして私がそんな事に付き合わないといけないの?』

 

icon2『ははーん。負けるのが怖いのか? アイドルっていうのも大したことないね。』

 

icon1『むかむかっ! 何よそれ。アンタなんかに負けるわけないでしょ。熊本県民の年間のマシュマロ消費量、知らないの?』

※スタッフ注記 熊本県民の年間のマシュマロ消費量は調べる事ができませんでした。

 

icon2『もし勝負しないと言うのであれば、不戦勝で私の勝ちよ!方言彼女。の座はもらったね。』

 

icon1『何でそうなるのよ。 はぁ…わかったわよ。面倒だから、勝負してあげる。そのかわり、負けたらさっさと中国に帰りなさいよね?』

 

icon2『いいだろう。男に… いや、女に二言は無いね。』

 

 

 

マシュマロはガチで食べます。

icon2『それじゃあ、勝負スタート!』

 

icon1『絶対に負けないわ!』

 

 

 

リスってこんなんだっけ。

icon3『あ、これ結構イケるかも。なんかリスになった気分ね。』

 

 

 

マシュマロって熱で柔らかくなるんだよね。

icon2『なにがなんでも、ここは勝つよ。アイドルになる為に!』

 

 

 

実は顎関節症の持ち主

icon4『あ…ヤバイ。アゴをやっちゃいそう…』

 

icon6『無理しない方が良いんじゃない?さっさと負けを認めなさいよ。』

 

 

 

すでにアゴは限界

icon2『ま、負けるわけには…』

 

 

 

鬼のLIGスタッフ

icon5ギャーーーーーーーー!!

※王くんが負けそうだった為、弊社スタッフの手が入りました。

 

 

 

icon5無理無理無理! アゴが取れる!アゴが取れる!

 

 

 

icon5救命阿!!(ジュウミンア!!

 

 

 

余裕のアイドル

icon6『やれやれ。見てられないわね… そんな事でアイドルが務まると思って?』

 

 

 

icon5ギブアップ! ギブアーーーップ!

 

 

 

結論:アイドルは何をやっても可愛い

icon7『勝負あったわね…』

 

 

 

本気でアゴが外れる王美

icon8アゴが痛い… そして、マシュマロが取れない…

 

icon7(この人、どうしてこの勝負を選んだのかしら…?)

 

 

 

アイドルって何でもできるんだね

icon6『大勝利〜!』

 

 

 

それにしても似合ってるね、カツラ

icon9『渕上彩夏… 今回は負けを認めるよ。だけど、次は絶対に勝つ!』

 

icon1『いや、もう来ないでください。』

 

icon9『…ちくしょー! 覚えてろよー!!』

 

 

 

お疲れ様でした。

icon1『走って逃げていった… 一体、何だったのかしら…』

 

 

 

〜数分後 別の撮影現場にて〜

 

 

 

中国じゃ考えられない事、たくさんあるね。

icon1『いたいた。アイドルいたよ。こんなに簡単にアイドルと会えるなんて、中国じゃ考えられないよ。』

 

 

 

王美のワンピース、可愛いね

icon1『ヘイ!そこのアイドル2人。私と勝負しなさい!』

 

 

 

そりゃ「キョトン」でしょうね

yuki1『へ? 勝負? いきなり現れて、何を言ってるのかな、キミ。』

mio1『あの…誰ですか?』

 

人物紹介
登場人物:浅倉 結希(ユキ)
yuki2 秋田出身の方言アイドル。【Right-on × 方言彼女。】コラボムービー「ケータイ」に出演。

登場人物:大谷 澪(ミオ)
mio2 大阪出身の方言アイドル。【Right-on × 方言彼女。】コラボムービー「ケータイ」に出演。

icon1『私は王美(おうみ)。アイドル志望の23歳。中国は四川省から来たよ。ちなみに辛いものは一切、食べられないので誤解しないで欲しいよ。』

 

yuki1『いや、そんなこと聞いてないけど。』

 

icon1『四川省出身ってだけで、辛いものばかり食べさせようとするの、日本人の悪い癖よ。』

 

mio1『あの… 私達、忙しいんですけど…』

 

icon1『忙しいなら、好都合よ。私と勝負して、負けたら潔く方言彼女。の座を譲りなさい。後の仕事は全部、私が引き受けるよ。まさに一石二鳥ね。』

 

mio1『えっ… それは嫌です…』

 

 

 

意外とノリが良いのがアイドル

yuki3『何だかよくわかんないけど、面白そうね。いいわ、勝負しましょう!』

 

mio1『え? ちょ、ちょっとユキちゃん。今、撮影中だよ?』

 

yuki3『大丈夫だよ、ミオちゃん。出番が近づいたらスタッフの人が来てくれるって。』

 

mio1『そうじゃなくって!この人、負けたら方言彼女。の座を渡せ、とか言ってるんだよ。絶対、怪しいよ。遠路はるばる、怪しい人が中国から来たパターンだよ。』

 

yuki3『勝てば問題ないじゃん。やろうやろう!』

 

icon1『ハハハ。日本人、威勢がいいね! よし、勝負よ!』

 

 

 

ビネガー、つまり酢のことです。

icon1『まずはビネガールーレット対決ね!ここに用意した3つのコップ内、2つは美味しい南アルプスの天然水。そして、1つだけ酢、つまりビネガーが含まれているよ。その酸味たるや、中国人も裸足で逃げ出すほど。生まれてきたことを後悔する酸っぱさよ!』

 

 

 

ミオさん、かたまる

icon1『コップを1つだけ選んで、中の液体を飲み干す。それが万が一、ビネガーだったら負けよ!』

 

yuki3『お酢は健康に良いから、あながちハズレとは言えないわ。秋田県民の年間のビネガー消費量から考えたら、むしろアタリと言えるわね!』

※スタッフ注記 秋田県民の年間のビネガー消費量も調べる事ができませんでした。

 

icon1『ハハハ。その通りね。(…? 何を言ってるんだ、この女?)』

 

 

 

mio1 (あれ…? よく見ると1つだけ…)

 

 

 

明らかに色が違うんだが

mio5(明らかに…明らかに1つだけ色が違う…)

 

icon1『公平を期す為に、2人には先に選ばせてあげるよ。この水とビネガーはこちらが用意した物だしね。』

 

yuki3『じゃあ、私が1番に選ぶね! 丁度、ノドが乾いていたの。』

 

mio5(ユキちゃん… 真ん中は明らかに怪しいよ…)

 

 

 

女の勘って科学的根拠あるんでしたっけ

yuki6『ここは女の勘ってやつに賭けるしかないわね。』

 

 

 

真剣な表情も可愛いですね。

mio6(あの色が違うやつは何? 罠なの?)

 

 

 

真ん中だけは選ばないよね

yuki5『んー… 全然わかんないね。 潔く真ん中を選ぼうかな?』

 

mio5(えっ!?)

 

〜次回予告〜

さて、どうなる!?

一度の敗北では諦めない。中国人美少女・王美が次に仕掛けてきたのは、恐怖のビネガールーレット!
明らかに1つだけ色が違う3つのコップの中から、ユキとミオは無事に水を選んで飲むことはできるのか?

もし、ビネガーを選んで飲んでしまったら、酸っぱくて大変なことになっちゃう!

方言彼女。とアイドルの座を賭けた3人のバトルは、ますます白熱していく!

次回! 8月リリース予定の記事をお楽しみに!

 

【Right-on × 方言彼女。】コラボムービー「ケータイ」

画面後ろに流れているのは皆からのツイートです。

 ストーリー

インドネシア人の男性と付き合っているアヤカ。
ある日、彼の家を訪ねると、置き手紙と謎のケータイが3つ残されていた。

そこへ、自分のケータイに電話がかかり、彼が謎の男たちに拉致されたことを知らされる。
彼を助けるためには、金が必要だと脅される。

そして次には、部屋に置かれていた彼のケータイが鳴り、
インドネシア人の仲間から仕事の手伝い(車の運転)の要請が。

さらにもう一つのケータイに、その持ち主の謎の女・ヒトミから電話がかかり、
ケータイと1千万円を引き替えると言う。

たった数分間の間に、とんでもない3つのトラブルに巻き込まれたアヤカ。
彼女は、それを解決するために友人のユキ、ミオたちと協力する事を決意した。

 

ちなみに !

スピンオフ動画が見れるチャンス!
今回は、正しい答えを選ぶと出演している方言彼女。たちのスピンオフ動画が見れます!
ぜひ、正解を選んで特別な動画を見て下さいね!!