Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2013.05.30

エンタメウス公開記念!広報のMATSUさんと対談してみた。

ひろゆき

hiroyuki『こんにちは、ひろゆきです。今日は皆さんにお知らせがあります。』

 

hiroyuki『海外ドラマなどの配給会社で有名なFOXさんとLIGが協力して、新しくウェブメディアを立ち上げました。』

 

hiroyuki『その名も「エンタメウス」です!』

エンタメウスとは

エンタメウス

FOX×LIGから生まれる新しいタイプのウェブメディア
エンタメウスは世に生きる全ての人に素敵な休日を過ごしてもらう為に、生活に役立つ楽しい情報をお届けするエンタメ系の総合情報ニュースサイトです。
人気のデートスポットや絶品ランチ、面白いゲームや感動できる映画やドラマの情報を、個性豊かなライター陣が各々の感性に沿ったテイストの記事で書き上げます!
LIGで人気を集めるあのライター達も参戦予定!
更新は毎日のように行われるので、是非チェックしてみてくださいね!

hiroyuki『というわけで、本日は、エンタメウスのリリースを記念致しまして、同サイトの初代広報を務めます、盆栽の「MATSU」さんをLIG社内にお招きしております。』

 

hiroyuki『本日はよろしくお願いします。』

 

matsu『よろしくお願いします。』

 

MATSUさんの紹介

今日も葉が尖ってます。

人物紹介:MATSU
エンタメウスの初代広報担当。黒松という種類の植物。
広報担当を誰にするか悩んでいたエンタメウス関係者が精神的に追い詰められ、最終的に「木とかに喋らせたら面白いんじゃね?」という発想から誕生した植物広報。
インターナショナルな雰囲気をかもし出すために名前をアルファベットの「MATSU」としたが、ビジュアル的にどうやっても和風になってしまう事を悩んでいる。

 

対談

シュール。

hiroyuki『MATSUさんは今、おいくつなんですか?』

 

matsu『40歳です。〈8代目〉市川 染五郎 と同い年ですね。』

 

hiroyuki『そうなんですか。お若く見えますね。』

 

matsu『よく言われます。40歳でそのヘアースタイルは無いだろ、とか。 何もしていないのに、勝手に葉が尖っているだけなんですけどね(笑)松だけに尖っちゃって。』

 

 

 

植物って喋れるんですね。

hiroyuki『MATSUさんはエンタメウス編集部の方にスカウトされたとの事ですが、自分がエンタメウスの広報に選ばれた理由は何だと思いますか?』

 

matsu『やっぱり葉が緑色で尖っていたからですね。今の時代は尖っている物ほど注目されますから。気がついたら広報担当になってました。もう40歳だし、これはチャンスだと思いましたよ。』

 

hiroyuki『なるほど。広報担当に決まった時はどんなお気持ちだったんですか?』

 

matsu『単純に「こいつら、正気か?」って思いました。』

 

 

 

和風だけど、アメリカン。

hiroyuki『まさに運命的な出会いですね。』

 

matsu『待っていた甲斐がありましたよ。MATSUだけにね。HAHAHAHA。』

 

 

 

 

 

。。。

 

 

 

 

 

しっかりとした体幹

hiroyuki『MATSUさんは、すごく良い体をしていらっしゃいますね。何かスポーツをされていたんですか?』

 

matsu『学生時代にサッカーをやっていました。だけど、走るのは苦手だったんで、ずっと後ろの方で日光浴をしていましたね。夏は水分が不足して大変でしたよ。ハーフタイム前に枯れかけて、葉が黄色くなった事もあります。』

 

hiroyuki『そうなんですか。MATSUさんは植物なのに、喋ったりスポーツをしたり色々と活動をされていて尊敬しますよ。』

 

matsu『まぁ、植物と言っても黒松なんで(笑)』

 

hiroyuki『(?)なるほど。』

 

 

 

ひろゆきって若い時のMr.マリックに似てる。

hiroyuki『ちなみに、他のウェブメディアでライバル視している媒体はありますか?』

 

matsu『いや、特にないですね。むしろ、積極的に他媒体に絡んでいきたいと思います。MATSUだけど待っているばかりじゃないんで(笑)』

 

 

 

 

 

。。。

 

 

 

 

 

心を開く植物。それがMATSU。

hiroyuki『将来的にエンタメウスの広報として、どんな活動をしていきたいですか?』

 

matsu『今後はSNSを通じて読者の方を楽しませるような広報活動をしていきたいです。その為には少しの血が流れたり、多少の犠牲もやむを得ないと思っています。』

 

 

 

握手。

hiroyuki『それでは、最後に同じウェブメディアの広報として握手をお願いします。』

 

matsu『あ。松ヤニが出ちゃうんで、触らない方が良いですよ。』

 

hiroyuki『そうなんですか。あ、本当だ!松ヤニがついた!』

 

matsu『あらら…。それ、なかなか落ちないよ。指、切り落とした方がいいね。』

 

hiroyuki『そんなに!?』

 

 

 

MATSUとは仲良くやれそう。

hiroyuki『それでは最後に読者の方に一言、お願いします。』

 

matsu『エンタメウスはこれからも、面白くて皆のタメになるような記事の更新を続けていきます。是非ともチェックしてみてくださいね。』

 

matsu『スタッフ一同頑張りまつ!MATSUだけに!』