2013年6月より、”表に出るのが嫌なメンバー”を背景画像として使用します。

そめひこ


2013年6月より、”表に出るのが嫌なメンバー”を背景画像として使用します。

皆さんこんにちは、メディア事業部の戦略担当そめひこです。

現在、LIGブログはオフィシャルサイトでありながら、記事広告やバナー枠を販売することにより、多くのクライアント様にLIGブログをご利用頂いております。

ただ1つだけ、一切利用されない広告がございます。それが、背景画像です。

LIGを乗っ取ろう!背景ジャックプランとは

乗っ取ってください。

背景ジャックプランとは、赤い枠で囲まれた背景画像部分にクライアント様オリジナルの背景画像を掲載することで、

「えっ、これLIGブログ?」と疑われるほど、御社色にこのLIGブログを染めてしまおうというプランです。

料金 / 掲載期間
期間:2週間
料金:50万円(クリエイティブ費用内10万円)
想定インプレッション数:60万回

 

我々は背景ジャックプランを”エッジの効いたブランディング広告”としては最高だと思い販売してきましたが、

 

 

 

 

 

 

 

怒られるぜこれは。

「まったく売れない。」

 

これは大誤算でした。まさかまったく売れないとは思っていませんでした。

また売れないということは背景画像がずっと変わらないので、読者の皆様も我々も飽きが生まれてしまいます。

「とりあえず背景画像を変えないと」と思い本日より「今月のメンバーの一言」シリーズを開始する事に致しました。

今月のメンバーの一言シリーズとは?

このシリーズは、背景ジャックプランが売れなかった際に、LIG社員を使ってその社員自体のプロモーションをする、という画期的な試みです。

原型として、今年のエイプリルフールにメディア事業部の紳さんが自らジャック広告に登場し、嫁を募集し、見事結婚するという事がありました。

結婚のご報告。30年彼女がいなかった僕が、秒速で結婚できた理由。

この延長として、どうせ誰も買ってくれない広告なのであれば、なんかに使おうというのが我々の正直な気持ちです。

 

初回の登場人物は

今回、初回として登場していただくのはこちらの方。

人物紹介:づや / 取締役兼CTO(最高技術責任者)

zuya LIGの大黒柱の1人で、カメラを向けると「俺はやだよ」と100%言う。

会社的には社長、副社長に続いて3番目に偉い立場にありながら、あまり表に出たがらないシャイな性格で、常にLIGの土台を支えてくれている人です。

今回は、そんなづやさんを使って、背景ジャックしてしまおうとしたのですが、当然、ものすごい嫌がりようで、説得には苦労しました。しかし「これも仕事です」、「しょうがないじゃないですか、広告が売れてないんですから」と説得を続け、見事出演していただく事になりました。

 

そして撮影へ

※この後本気で風邪引かれていました。

今回の撮影のテーマは「雨」。

雨が降りしきる6月にぴったりのイメージだと思ったのですが、撮影日は雨が降っておらず、仕方がないので、ホースで直接雨を降らせる事にしました。

普段からパソコンに向き合ってカチャカチャやっている人が、生身の体で雨に打たれるのは酷かとは思いましたが、これも会社の為、とご理解をいただき、大変なごやかな雰囲気の中、撮影を行うことができました。

※LIG的には偉い人です。

 

 

LIGを乗っ取ろう!背景ジャックプランのご紹介

次の標的は誰かな?

これまで、2週間の掲載期間で50万円という、「それなら家族揃ってハワイでバカンス楽しんだ方が有意義じゃね?」という強気な価格設定で販売してきた背景ジャックプランですが、このままでは誰にも利用される事なく、毎月嫌がるづやさんをプロモーションするという、誰も望まぬ結果になってしまうので、思い切って値下げをする事にしました!(バーン!)

 

新料金 / 掲載期間
期間:2週間→1週間
料金:50万円→20万円(クリエイティブ費用内10万円)
備考:継続される場合は1週間10万円

想定インプレッション数は、30万回となります。

こちらのクリエイティブに関しては、お客さまの希望を元に、弊社のデザイナーが独創的な発想で作らせて頂きます。

  • 短期間のキャンペーン企画
  • WEBを使った商品 / サービスプロモーション
  • WEB関係者への採用プロモーション

上記のようなプロモーションをお考えの方に最適だと思っていますので、興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、下記をご覧の上、ご連絡ください。

広告掲載について

 

沢山のご応募を心よりお待ちしております。

そめひこ
この記事を書いた人
そめひこ

執行役員・人事部長

おすすめ記事

Recommended by