開発コストを削減「BiTT開発」って?
開発コストを削減「BiTT開発」って?
2015.04.04

過去最高のUUを記録しました【LIGブログの3月度アクセス解析】

LIGブログ編集部

こんにちは、コンサルティングチームのアートディレクター兼2児のパパ、ヒロさんです。前回までのように、以下は自社についての分析をしてみたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

3月度トピック

リニューアル前後のページ/セッションを分析

LIGブログは約400万PVほどのトラフィックが集まるメディアサイトですが、回遊率はあまりよいとは言えません。
現状の数値を元に、改善をして、その数値の変化をこちらのコーナーで継続的に報告していけたらと考えております。

それでははじめます。

年月 すべて[ページ/セッション] PC[ページ/セッション] スマホ[ページ/セッション]
2014年8月 1.53 1.70 1.30
2014年9月 1.49 1.62 1.31
2014年10月 1.57 1.73 1.35
2014年11月 1.49 1.64 1.30
2014年12月 1.53 1.69 1.40
2015年1月 1.59 1.75 1.43
2015年2月 1.52 1.67 1.36
2015年3月 1.52 1.68 1.36

※2014年10月14日にリニューアル

ご覧の通り、回遊率は決してよくありません。中でもスマホの回遊率が悪く、改善が急務です。

スマホの直帰率が高い

そこで、直近3ヶ月間のスマホの直帰率を調査してみました。
メディアサイトの平均直帰率が50〜70%と言われているのと比較して、やはり直帰率が高いことが分かります。

  • 33の業界別、集客関連KPI(平均直帰率/平均検索流入(SEO+PPC)割合/平均ソーシャル流入割合/訪問あたりPV数など)まとめ – Ginzametrics
年月 新規ユーザー リピートユーザー
2015年1月 80.34% 74.64%
2015年2月 80.78% 76.17%
2015年3月 82.01% 76.15%

直帰の原因としては、

  1. ユーザーの望んでいるコンテンツではなかった
  2. 最初の記事で目的を達成して、満足して回遊しなかった
  3. 文字が読みにくい、ボタンがタップしにくいなど、サイトのユーザビリティが悪い
  4. サイトが重い

上記が挙げられると思います。LIGブログはノウハウ系の記事が多いので、2.もあり得るとは思いつつ、やはりそれ以外のリスクはなるべく排除しておきたいと考えています。

これらの仮説を元に、取り急ぎスマホの改善をしつつ、引き続き検証していきたいと思います。
具体的な施策とその結果については、来月をお楽しみに。

“スマホ対応”がモバイル検索ランキングに影響します

2月27日にGoogleから公式発表があり“Webサイトがスマホ対応を行っているか”がモバイル検索の検索順位決定のアルゴリズムに影響することが判明しました。
実際のランキングへの反映は2015年4月21日からということです。

参考:Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。4/21から導入。

念のためおさらいしますと、これまでGoogleの検索結果はPC/スマホ共通で、PCサイトの情報を基本にランキングされていました。
2015年4月21日以降、PCから検索するとPCサイトの情報を元にしたランキングが、スマホから検索するとスマホサイトの情報を元にしたランキングが表示されるようになります。
(ただし、スマホサイトを持っていないために一律でランキングが下がる、というわけではありませんのでご注意ください。)

今後の予想ですが、PCのランキングは今すぐには変わらないと思います。
ただ、スマホ対応を行っているサイトはスマホのランキングで有利になり、スマホからの流入が増えればサイトのドメインが強くなって、結果的にPCのランキングにも影響が出てくる可能性が高いのではないでしょうか。

下記のような傾向のサイトであれば、スマホ対応をおすすめしたいと思います。

  • BtoC/CtoCなど、スマホユーザーと親和性の高いサイト
  • 既にアクセスの半分以上がスマホからになっているサイト

完全リニューアルをしなくても、対応できることはありますので、まずは落ち着いてGoogle公式のモバイルフレンドリーテストをお試しください。

お金をかけてでも対応したい! というご相談はぜひお問い合わせフォームにどうぞ。コンサルティングチームが解決します。

検索キーワードランキングBEST10

引き続き、一眼レフカメラ関連の記事への流入が多く見られました。

順位 キーワード セッション
1位 一眼レフ おすすめ(Google 2位),一眼レフ 初心者(Google 3位),デジカメ おすすめ(Google 7位) 85,470
2位 フォトショップ 使い方(Google 1位),photoshop 使い方(Google 1位),フォトショップ 写真加工(Google 1位) 81,134
3位 lig(Google 1位) 75,075
4位 facebook 登録(Google 2位),フェイスブック(Google 6位) 71,767
5位 illustrator(Google 3位),イラストレーター トレース(Google 3位),イラストレーター 初心者(Google 1位) 58,491
6位 フリー画像(Google 2位),無料素材(Google 3位),フリー素材(Google 2位) 55,253
7位 ビジネスメール(Google 8位),メール 返信 マナー(Google 1位)メール マナー(Google 4位) 53,644
8位 告別式(Google 2位), お通夜 マナー(Google 4位) 29,475
9位 確定申告とは(Google 1位) 27,909
10位 iphone バッテリー(Google 5位),iphone6 電池(Google 1位),iphone バッテリー 長持ち(Google 1位) 23,648

“Photoshop/フォトショップ”を含むキーワードからの流入を調査

ここで、Photoshop関連のキーワードでユーザーがどんなページにランディングしているのかを調査してみました。

順位 ページ セッション
1位 photoshop初心者が知っておきたい使い方・基本設定まとめ 8,496
2位 「実例で分かる!究極の写真編集ソフト「photoshop lightroom」の使い方 5,411
3位 デジタル漫画を描く際にオススメの制作ソフト&photoshopでの描き方 4,661
4位 photoshopで人物の髪の毛を「境界線の調整」を使って簡単に切り抜く方法 4,461
5位 手書きスキャンからphotoshopでwebデザイン用イラストを制作する時の手順 3,466

ウェブマスターツールを元に検索クエリのキーワードを調査

今回もウェブマスターツールを使用して、表示回数の多い検索キーワード上位と平均掲載順位を調査してみました。
意外なことに「フェイスブック」「イラストレーター」はカタカナの方が、表示回数が圧倒的に多いことが分かります。

順位 検索キーワード 表示回数 平均掲載順位
1位 フェイスブック 1,000,000 6.1
2位 facebook 110,000 7.9
3位 イラストレーター 60,000 5.1
4位 tumblr 60,000 5.1
5位 lig 60,000 1.0
6位 確定申告とは 40,000 2.2
7位 グーグルアナリティクス 27,000 4.2
8位 illustrator 27,000 3.0
9位 断捨離 27,000 8.3
10位 cms 22,000 3.8

10位にCMSがランクイン。平均掲載順位も高く、CMS関連のキーワード流入が7,563セッションありました。

流入元サイトTOP5(検索エンジンを除く)

3月は、1月以来の2回目の400万PVを達成。Facebookからの流入が増え、Gunosyからの流入が減るなど、流入元の順位に変動がありました。

順位 サイト名 セッション 前月比
1位 Facebook 221,130 +99,052
2位 Twitter 27,291 +2,208
3位 docomo 21,480 +382
4位 hatena 17,201 -10,413
5位 Gunosy 17,107 -12,685

docomoからのリファラーを調査

今回は、徐々に増えてきているdocomoからの検索流入を調査してみたいと思います。

Web制作関連の記事閲覧が少ないことから、Web業界ではないユーザーの流入が多いことが分かります。新規ユーザーを増やす施策の効果であるとも言えるでしょう。

順位 ページ セッション
1位 今さら聞けないFacebook(フェイスブック)の登録とログインの方法、使い方 1,488
2位 「通夜」「葬儀」「告別式」に参列するなら必須の5つのマナーと基礎知識 1,424
3位 仕事ができる人と仕事ができない人の5つの違い 1,142
4位 ニコン?それともキヤノン?デジカメ初心者にオススメなデジタル一眼レフカメラの選び方 757
5位 プロポーズ前に知っておくべき婚約指輪の15のこと「サイズ」「タイミング」「相場」 590

docomoユーザーがどんなキーワードで検索しているのか調査

そこで、docomoユーザーがどんなキーワードを使って流入してきているのかを調べてみました。

順位 キーワード セッション
1位 フェイスブック 603
2位 仕事ができる人 410
3位 婚約指輪 385
4位 断捨離 385
5位 仕事ができない人 321
6位 告別式 282
7位 一眼レフデジタルカメラ 218
8位 確定申告とは? 193
9位 敬語 167
10位 ビジネス用語 154

ブラウザ人気TOP10

順位 ブラウザ名 バージョン 主な
デバイス
セッション
1位 Safari 8.0 スマホ 447,292
2位 Internet Explorer 11.0 PC 281,863
3位 Android Browser 4.0 スマホ 237,281
4位 Chrome 40.0.2214.115 PC 214,206
5位 Safari (in-app) (not set) スマホ 175,821
6位 Firefox 36.0 PC 144,333
7位 Chrome 41.0.2272.89 PC 136,539
8位 Chrome 41.0.2272.101 PC 125,188
9位 Safari 7.0 スマホ 83,041
10位 Chrome 4.0 PC 59,968

3月は引き続きSafari8.0の独走が続きました。先月と比べて6万セッション増という結果です。
Safari8.0ユーザーの行動をもう少し詳細に見ると、Safari全体と比較してもダイレクト流入が多く、バズに関係なく毎日安定したアクセスがあるようです。
つまり、LIGのファンが増えているということですね! もしそうであればありがたいです。

今月もChrome4.0が10位にランクインしました。やはりスマホのChrome人気は安定したようです。
ちなみにランク外が安定したIE8.0ですが、今月も12位とある程度のアクセスが継続しているので、制作関係者はまだ気を付けておきましょう。

OS人気TOP10

順位 OS名 バージョン 主なデバイス セッション
1位 Windows 7 PC 768,341
2位 iOS

8.1.3

スマホ 274,666
3位

Windows

8.1

PC 180,143
4位

iOS

8.2

スマホ 177,244
5位

Macintosh

Intel 10.10

PC 136,672
6位 Android 4.4.2 スマホ 130,977
7位 Macintosh Intel 10.9 PC 107,388
8位 Android 4.2.2 スマホ 104,194
9位 iOS 8.1.2 スマホ 93,009
10位 iOS 7.1.2 スマホ 87,083

3月11日リリースのiOS8.2が4位に躍り出ました。8.1.3や、8.1.2から減った数字よりも、8.2で増えた数字の方がはるかに大きく、ユーザーの行動にも特徴がないため、様々なバージョンからアップデートされたことがわかります。Apple Watchの発表で盛り上がったため、注目が集まったのでしょうか。

他に大きな動きはありませんが、Android4.4.4が12位付近に安定してきたので、そろそろTOP10入りがあるかもしれません。

さて、先月の分析はここまで。もう一度朽木にバトンタッチをします。

2