ナイルさまイベント
ナイルさまイベント

9期目になりました。

たか

1. イケてるモノをつくり続けること

「笑い」「感動」「スゴイ!」「新しい発見」など……わくわくできるものであれば何でもいいのですが、人の心を動かすモノをつくり続けていきたいと考えています。
心が動くときは、ある意味、「生きている」ということを実感できるときなのではないかとも思います。

LIGが提供するクリエイティブや空間、コミュニティやサービスを通じ、参加者やユーザのみなさまの心を動かし、ポジティブにすることで、Life is goodを実現したいというのが1つ目。

2. 影響力を大きくしていくこと

ブランドをつくりたいとか、影響力を強くしたいとか事あるごとに話してきたのですが、なぜ影響力を大きくしたいのかを考えると煮詰まります。
性格的に「オレがオレが……」でもないのになぜだろうと考えた結果、「きっかけ」をつくれる存在になりたいのだと気づきました。

LIGと関わることでクライアントのビジネスが上手くいく、キャンペーンが成功する、プロモーションの効果が高くなるなど、KPIによって定義は異なりますが、関わったクライアントのみなさまが次のステップに行くための「きっかけ」を提供できるようになりたいと思っています。

また、LIGで頑張っている仲間たちに対しては、LIGが介在することで、執筆やセミナー登壇などのキャリアアップの機会を得たり、いいオフィスやLAMPで新しい出会いや体験を得たりするなど、ポジティブな「きっかけ」を提供できるようにしたいです。

3. 未来をつくるクリエイターに還元できる仕組みをつくること

まずはLIGとして、Webやデジタル領域のクリエイティブやコンテンツ制作を強みに、空間やコミュニティ、その他の事業に活動領域を広げていきます。また、展開する事業の相乗効果で付加価値を高めていきます。

チャレンジすることと組織化することのバランスを取りつつ、失敗を繰り返しながら、未来をつくれるクリエイターや仲間たちに還元し、クライアントやユーザ、クリエイター、両者にとって持続可能な組織、仕組みをつくりたいと思っています。

まとめ

はたから見るとこじつけのように思うかもしれません。
また、数年後、自分が振り返ったときに、「はて?? 何をいってるのやら……?」と呆れるかもしれません。色々な捉え方がありますが、上記の3つをLIGが信じる「Life is good」として、9期以降、進めていきたいと考えています。

コミュニケーションが下手なので、共有する方法を試行錯誤していく必要はありますが、まずは明文化すること。明文化して、時間をかけながら、ブラッシュアップしつつ楽しんでいきたいと考えています。

 

【代表の岩上から】

32歳になりました。

8期目もどうぞよろしくお願いします。

企業文化の重要性についてと強い組織をつくるために心がけること

出戻り大歓迎。時間が経過しても魅力的な企業で有り続けたい。

仲間と社員旅行に行って気がついた事。