株式会社いいオフィスFC募集その2
株式会社いいオフィスFC募集その2
2013.08.18

夏休み最終日☆式年遷宮で盛り上がる伊勢神宮に行ってきました。

あゆみ

こんにちは、メディア事業部のあゆみです。

超充実の夏休み、9連休も頂けて本当にありがたかった…!休日って尚更時が過ぎ去るのが早いものですね。9日も休んだのにあっという間!社会復帰出来るのだろうか…

御嶽のロックガーデン

山に登ったり、おばあちゃんちでBBQしたり(野菜は全部横にある畑からそのまま網へ。ワイルド)、学生時代の友達に沢山会ったりと毎日最高に楽しく過ごした夏休みですが、締めくくりは私の地元、三重県が誇る伊勢神宮に行ってきましたレポートです。

わたし自身は生まれの住所は東京杉並だそうなのですが、18歳までのほとんどを三重県の四日市で過ごしました。三重県出身と言うと「伊勢神宮!」と言われますが、四日市では実際の行動圏は名古屋が多いです。名古屋まで30分、伊勢までは1時間30分の、四日市ぜんそくが有名なところです。その対価と言いますか、四日市の若者のデートは「工場夜景デート」です。超カッコいいのです、工場。温泉JAPANで日本一周中のたかちが工場夜景をバシバシ撮影した記事が素敵なので是非ご覧下さい!工場、萌える。

そして本題の伊勢神宮ですが、今年は式年遷宮ということで例年以上の盛り上がりを見せているそうです。

式年遷宮って?

遷宮(せんぐう)とは、神社の正殿を造営・修理する際や、 正殿を新たに建てた場合に、御神体を遷すことです。式年とは定められた年という意味で、 伊勢神宮では20年に一度行われます。

第1回の式年遷宮が内宮で行われたのは、持統天皇4年(690)のことです。 それから1300年にわたって続けられ、昭和48年に第60回、平成5年には第61回が行われ、 平成25年に第62回を予定しています。

神宮にとって永遠性を実現する大いなる営みでもあるのです。

出展:伊勢神宮HP

20年に一度という事で多くても一生に4回程度しかチャンスが無い事になります。1300年もの歴史ある行事、せっかくなので行っておきましょう!

アクセス

電車もしくは車で悩むところですが、正直な話、車は死にます。

三重県はハイパー車社会なのでどこに行くのにも車を使うのですが、そんな三重県民を困らせる事態が近年発生しています。それは、高速道路の信じられない程の渋滞です。

新名神・伊勢自動車道・名阪国道が亀山に集中して1本になるので当たり前と言えば当たり前ですが…地元民曰く今年は更にひどいらしい。そう、みんな伊勢神宮に向かうから。私の家族も名古屋方面に向かう時しか高速は使わなくなってしまったそう。。あんなにすぐ高速使う一家だったのに…(※実家から高速の入り口まで車で1分)

そんなわけで、今回は近鉄を使って伊勢に行ってきました。今まで車でしか行った事が無かったので新鮮です。

ありがとう、私たちの近鉄

平成25年9月30日までにお伊勢さんに行くなら近鉄のご朱印巡りきっぷが超お得なのでオススメです。今回は大阪に住む友人と現地集合だったのですが、伊勢志摩での公共交通機関も含んでいるので向こうでも便利!バスも高いしきっぷを買うのにまた並ばないといけないので。首都圏など東側から向かう場合も、名古屋駅からはこのきっぷを利用してもいいかもしれません。

伊勢神宮へ

さて、早速伊勢神宮へ。電車で行く場合は特にですが、外宮からお邪魔します。神聖で素敵…で す が 、人が多い!!!いかんせん人が多いのです!!!

おNEWできれいな鳥居です

立派!

式年遷宮で綺麗に立て替えられています。

お白石持行事

また、外宮ではお白石持行事をしていました。お白石持行事とは、一連の遷宮諸行事のひとつで、新しい御正殿の敷地に敷き詰める「お白石」を奉献する民俗行事です。宮川より拾い集めた「お白石」を木そりに乗せ、沿道や川を1km近く練り進む行事です。

外宮の次は内宮へ。臨時バスが大量に出ていたのでほぼ待たずに移動出来ました。バスの窓からは駐車場待ちの車の列が…本当にバスで行ってよかった。

くぐる時は御礼をしましょう

水が流れていない五十鈴川

また、お伊勢さんでのお参りは「二拝二拍手一拝」です。周りのお参りの方も大体その形で参っているので、真似しておけばほぼ大丈夫です。

おはらい町・おかげ横町

おはらい町

内宮前にある観光地。1993年に出来た、比較的新しいスポットです。江戸時代の町並みを再現しており、お土産やさんに食事処が軒並み並んでいます。テイクアウト出来るお店も多いので食べ歩きにもぴったりの通りです。

赤福

なめてかかるとやられる。お腹いっぱい。

三重県民も狂ったようにFBにあげる赤福氷ですが、本店をはじめ伊勢周辺の店舗は超並びます。三重県も多分に漏れず猛暑なので、熱中症になってしまっては元も子もありません。そんなに焦らずとも名古屋では名駅の高島屋、栄の松坂屋、大阪でも大阪駅の三越伊勢丹の赤福の店舗で味わう事が出来ます。中にはたっぷりのあんことお餅が…!美味しいですよー!

きゅうり

きゅうりに感謝…

これは毎回食べます。すごい美味しいのでオススメ!いっつも五十鈴川の川辺で休憩がてら食べています。なんてことないきゅうりの1本漬け(超浅漬け)ですが、おかげ横町内の食べ物の中で個人的に1番好きな食べ物です。

伊勢うどん

こしのなさ、日本一

最初に言っておきます。三重県のうどん≠伊勢うどんです。甘辛いたれをふにゃふにゃのうどんに絡ませて頂くうどんなのですが、私自身は残念ながら実はあまり得意ではなく…人生でも2,3度しか食べた事が無い伊勢名物。

地酒

店員さんなみなみ注いでくれます

おはらい町の通りには酒蔵の店もたくさんあります。地ビールに地酒、すぐにテイクアウトやその場で試飲出来るので、1本となりの五十鈴川のほとりで飲むのもオススメです。

ひもの

怖い

「さめのたれ」(さめの干物)を筆頭に、海の幸が豊富な伊勢という事もあり歩いていると干物の良い香りがあちこちから。試食しまくれるので美味しい海のごちそうを頂きましょう。

さいごに

気づけば食べ歩きレポートみたいになってしまいました…しょうがないです、「美(うま)し国」三重県ですから。ちなみに今回は久々に友達と会えたので宿泊もしたのですが、泊まるなら鳥羽がオススメです。安いし海の幸が更に豊富なので!

夏休み最終日ですが、メンバーも思い思いで楽しんだようですね!わたしはギリギリまで三重を満喫して日曜日の最終近くの新幹線に飛び乗ります。。メンバーみんなエネルギーチャージをさせて頂いたので、お盆明けから更に気を引き締めて頑張っていきます!それでは(^ω^)

2013年夏休み☆スペシャル更新シリーズ