フィリピンと日本をつなぐ、新しい開発。
フィリピンと日本をつなぐ、新しい開発。
2015.05.12

インバウンド企業の新人の最初の仕事を、アウトバウンド営業にした理由

そめひこ

インバウンドでももちろん学べます

「インバウンドじゃ学べません」みたいな書き方をしてきたのですが、何もインバウンドが学べないと言っているわけではありません。インバウンドを作るために、KPIを設定し、その目標値を達成するためのプロセスはアウトバウンド営業と同じです。

ただ、クライアントとコミュニケーションを行うという点では、やはりインバウンドだけではなく、アウトバウンドを経験しておくことも大事だと思っています。

アウトバウンドの営業も経験させよ

つらつらと書いてきましたが、決してインバウンドが悪いとか、何も学べないとか言っているわけではありません。

初めてインバウンドを経験したとき、「こんな素敵な仕組みを作ったこの会社、マジですごいな。本当に感謝です」と思いましたし、今となってはインバウンドはなくてはならない存在ですし、インバウンドだからこそクリエイターがモノ作りに集中できる環境が整っています。
また、クリエイターやマーケター、その他の職種の方が何も学べてないとも言っているわけではありません。

ただ、インバウンド企業に入った新人営業窓口の方が、アウトバウンドの営業も経験しておくことは、会社やメンバーの成長を考える上でも大事だと思った次第です。

いい商材があって、インバウンドでまわる仕組みが整っている環境で戦うよりも、少しハードルあげて戦うことを経験した方がLIGっぽい。それが、会社としての成長を遅めたとしても、人としての成長が次のLIGを作ると思っています。

ここまでつらつらと書いてきましたが、何が言いたかったのかというと、

「五月病だから海に行って上司の悪口を叫んだ」

アウトバウンドの営業で、早く結果を出しなさい。

深夜2:00からの説教は以上です。

 

【いい提案で戦うために】

「聞く」から「確認」へ。初アポ15分のヒアリング後に上質な提案をする方法

コンサルティング会社で学んだ「相手に響く」提案書の書き方

企画書・提案書の書き方を学べる他社事例やテンプレートがあるWebサイトまとめ

“読みやすい”“わかりやすい”提案書や報告書を書くための「文章のオキテ」7つ

プレゼンが苦手な人でも人前で話すのが上手になる6つのコツ