営業の枠から飛び出せ!
営業の枠から飛び出せ!
2015.04.20

成長する組織に訪れる「変化」を認知して、ベンチャーを楽しむ

そめひこ

変わること、変えることを知ってどうするか

ここまでで、変化するということを強調してきたのは、「成長すると、人もチームも企業も、変化していくものである」ということを知るか知らないかで、ベンチャーに所属する楽しみ方が変わってくるなーと最近思ったからです。

前述した通り、ベンチャー企業にとって成長することはひとつのミッションです。
成長すれば、変わることがたくさん出てきます。変わったなと思ったら、自分が乗っかっている船が前に進んだということと同じ。
そう思えば、変化を社内から体感できているということはいい機会ですし、ベンチャーという規模感だからこそ自分が変化させている一員であることを強く感じられるはずです。

最近「どんどん昔から離れていく気がします。今のままでいいのに、どうして拡大しようとするのですか」と聞かれたことがありました。確かに、それも一理あると思います。

ただ今この瞬間の状態が、良い意味でも悪い意味でも、永遠に続くことはないです。それを踏まえた上で、変わることを肌で感じ続けるのも良し、ベンチャーなのだから自ら変えていく側に進んでいくのも良しです。

2年経って、ようやく変化を認知することの楽しみに気付き始めました。これからもっと、ベンチャー企業で働くことを楽しめそうです。

深夜2:00からのメッセージは以上です。

 

【マネージャーそめひこからのメッセージ】

チームの危機を回避するために、ヘルプをアラートに変えて上司を上手く使う方法

チームの成長が鈍化した時に考えたい「選択と集中」の事業戦略

部下を指導・育成するマネージャーの5つの役割とケーススタディ

マネージャーになって1年、新米だった過去の自分にしたい10のアドバイス

マネージャーやチームリーダーが把握すべき売上目標にコミットする「数字の組み立て方」