Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2015.04.20

成長する組織に訪れる「変化」を認知して、ベンチャーを楽しむ

そめひこ

皆さんこんにちは、マネージャーそめひこです。気付けばマネージャーになって2年が過ぎました。

マネージャーになった当初、とある企業の創業期から上場後までを体験している方とお話をさせていただいたことがあり、その方の言葉が今でもとても印象に残っています。

「30名くらいのときが、一番自分は楽しかった。企業が成長することを内側で体験できたのは、とても良い経験だった」

LIGも2年前から比べるとメンバーの人数が2倍以上になりましたし、新しい取り組みも増えています。人数や事業の規模が変われば、必然的に変わること、変わらないことが出てきます。
その中で、良い意味でも悪い意味でも変化をいかに楽しむのかというところが、ベンチャーならではの醍醐味だと感じることが多くなりました。

拡大、縮小によって企業は変化していく

僕はLIGが30名だった頃にジョインしたので、そのときとの比較対象にしかならないのですが、2年の時を経て2倍以上の70名となり、会社の中で変わったなと思うところがたくさんあります。

人が増えることで変わること

例えば2人で飲むのと10人で飲むのとでは、スケジュールを合わせるための工数も違ってきます。10人になるのであれば、少し形式ばって「◯◯会」みたいな名称がつくこともあります。また、好きな食べ物・嫌いな食べ物を考慮すると、飲み会を開くだけでも結構大変になります。
それと同じように、打合せも、全社集会も、面談も、人数が増えればちょっとしたことでも気軽さがなくなっていき、管理コストが増え、少しずつ形式ばったものに変わっていきます

成長することでできること

逆に成長することで、できることの幅も広がっていき、2年前にはできなかったことも今ではできるようになってきたりします。例えば当時はメディアサイトを制作することはできても、コンテンツを運用することはできませんでした。それが今では、制作から運用までできるようになっています。

本当に一例ですが、企業が拡大するとさまざまな変化が起こりますし、変化が必要になってきます。その変化は、企業全体はもちろんのこと、チーム内にも言えることです。