NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2012.08.20

【GO!GO!ドイツ】真っ青なボーデン湖とライン川!ドイツのコンスタンツで修行中です。

たかち

お久しぶりです!LIGインターン生になりそろそろ1年が経とうとしています、たかちです。 
今までは台東区のスポットを紹介してきましたが…

わたしが現在いるのはドイツのコンスタンツという町。
というのも、8月から年末まで海外留学なのです。ドイツ語と英語の二足わらじで修行中。

その旨をお伝えすると「じゃあ番外編でGO!GO!ヨーロッパ書いてよ」という指令を受けましたので

今回は東京・台東区から12時間でひとっ飛び、GO!GO!ドイツをお届けします。

コンスタンツはドイツとスイスの国境付近の小さな町。駅から10分ほど歩けばそこはスイスです。
ライン川とボーデン湖が堪能でき、町は清潔感に溢れとても穏やか。

駅の横にはみんな大好き複合施設「LAGO」。食料品や洋服が手に入るだけでなく、映画も楽しめます。

本屋にはドイツ語バージョンの「Manga」がずらり。
お決まりのワンピースやナルトだけでなく、黒執事やソウルイーター、ヘタリアetc..まで日本人が引くほどの品揃えです。
どれも6€と日本よりちょっと高め。ワンピースのチョッパーの巻が置いてあったので思わず買っちゃいました。

町の大通りにはこのようにオープンテラスが並び、アイスやドイツビールを楽しむ現地民でいっぱい。
夜は長袖1枚では足りないほど寒いですが、やはり8月なので昼はかなり気温が上がります。

アイスカフェ ドロミチ。

ここのアイスは約シングル1€。どれもビビッドカラーで目を引きます。チョコが濃厚で超美味しい。
ドイツ料理はどれも脂っこいので、さわやかなものを食べたい人にはレモン味がおすすめです。

役所です。おしゃれ過ぎるだろヨーロッパ。

ライン川を一望。川沿い散歩したくなるでしょ?なるでしょ?

このように線路がとても近く、柵は腰ほどの高さしかありません。
まあ、こんなゆっくりした町では誰も飛び込みなんてしませんもの。

町で1番高い建物はこの教会。日曜日になるとお祈りに住民が集まります。

本場ヨーロッパの教会。そのまま映画に出てきそうでうっとりしちゃいます。

物価は日本と同じものもありますが、基本的にはこっちの方が安いです。
ドイツ瓶ビール6本3€(約300円)だなんて信じられますか。ビール好きはさっさと遊びにきたらいいと思うんです。

ドイツのケチャップ需要を物語っています。

コンスタンツ大学です。ここで1ヶ月間のサマースクールに通っています。
食堂(メンザ)のご飯も美味しく、ボーデン湖を一望できるのでぜひ!
 

寮から見た風景です。多国籍かと思いきやカナダ人と中国人がめちゃくちゃ多い。

ここからはコンスタンツご近所も紹介。
コンスタンツからフェリーで15分で、メアスブルク(Meersburg)という町まで遊びに行けます 。

向こう側はボーデン湖。絵本の世界みたいですね。

ドイツとスイスの国境付近には小さな遊園地もありました。

絶叫系にはマシンを操作するDJがいて「びびってんなよもっとシェイクしちゃうぜー!」みたいなことを言ってます。ドイツ語で。
死ぬほど怖かったです。まじで吹っ飛ばされるかと思いました。

お祭りの際には花火もがんがん打ち上げます。こっちの花火は大きくて降り掛かってくる勢い。圧倒的です。

そんな感じで勉強したり遊んだり写真撮ったり写真撮ったり写真撮ったりしながらコンスタンツでのスローライフを送っています。

現地の方には英語がたまに通じなかったりしますが、ドイツに遊びに来る際は

Danke! (ありがとう)
〜, Bitte!(お願いします/どういたしまして)
Wo ist  〜?(〜はどこですか)

だけ覚えていれば苦労しないと思います。

台東区だけであなたの人生を終わらせるわけにはいきません。
次のGO!GO!番外編もお楽しみに!

=====================
ドイツ/コンスタンツ
Deutschland/Konstanz

大きな地図で見る