エンジニア採用セミナー
エンジニア採用セミナー
2012.07.12

リスティングの作業時間を削減!Adwords Editorの基本的な使い方

きょうへい

こんにちわ。きょーへいです。
Google Adwordsの運用をしているとキャンペーン、広告グループ、キーワードの追加や広告文の変更といった様々な作業があります。こういった作業を大規模なアカウントや細かく設定しているアカウントの行う場合とても時間が掛かってしまいます。そんな時、「Adwords Editor」があれば作業時間を削減することができます。

Adwords Editorとは

Googleが提供しているアドワーズの管理運用の編集を管理画面ではなく
オフライン上で出来る様に開発された無料ツールです。

広告グループや広告文、キーワードのコピーや置換などが簡単にできるツールです。以前までこのような作業は時間がかかっていましたし、単調な作業なのでミスをすることもありましたが、Adwords Editorを使う事によって作業時間も減りましたし、ミスをする心配がなくなりました。

Adwords Editor導入方法

下記のサイトからAdwords Editorをダウンロードできます。
http://www.google.com/intl/ja/adwordseditor/

まず、WindowsかMacを選択して「Adwords Editorをダウンロード」をクリックします。

インストールが完了後、Adwords Editorを起動すると「アカウントを開く」画面が表示されます。既存のアカウントをAdwords Editorに追加する場合は「アカウントを追加」をクリックします。

新しいAdwordsアカウントの追加」というダイアログがでてくるので既存のAdwordsのメールアドレスとパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

次にダウンロードするキャンペーンを選択します。「すべてのキャンペーン」か「選択したキャンペーン」のいずれかを選択し、「OK」をクリックすると登録しているキャンペーンの情報をAdwords Editorにダウンロードすることができます。

キーワードを移動、コピーする


まずAdwords Editor画面左にあるツリービューで移動するキーワードが含まれる広告グループを選択します。

広告グループを選択した後は移動、またはコピーさせたいキーワードを選択します。選択したキーワードを移動させたい広告グループにドラッグ&ドロップするだけでキーワードを移動することができます。コピーの場合は「Ctrlキー」を押しっぱなしにしてドラッグ&ドロップするだけです。

複数の広告文の文言変更

複数の広告文を変更する時に全文を変えるのではなくて一部分だけ変更したいという時があります。
そんな時に一括で広告文を置換すると作業時間がグッと短くなります。


まずは、変更したい広告グループを選択します。その後に「広告」というタブをクリックします。

変更したい広告を選択します。

広告選択後、画面下にある「テキストの置換」をクリックします。

「検索するテキスト」に現在出稿している広告文の変更したい文言を入力し、「次に変更」に入力した文言に置換されます。
選んだ広告の中に置換される文言がいくつあるかが表示されるので数を確認した後に「すべて置換」をクリックすると文言の変更は完了です。

まとめ

リスティング広告は毎日の運用が非常に重要です。たくさんのアカウントを管理している人が、一つ一つのアカウントに細かい設定や変更を通常通りに行っていると時間がいくらあっても足りません。僕の場合はAdwords Editorを使って作業時間を削減することにより、広告グループの追加やキャンペーンの構成を変えたりするなど、今まではなかなかできなかった大きな設定変更を試す事ができるようになりました。こういったツールを上手に使い、効率良く作業を進めていきたいと思います。

広告についてのお問い合わせ

※Webプロモーションの事例も公開しています。
LIGのPR成功事例はこちらから!