【BiTT】低価格×高品質
【BiTT】低価格×高品質

リスティングで関連性のないキーワードを除外する方法【Yahoo!リスティング編】

きょうへい

こんにちわ。きょーへいです。 前回はGooleアドワーズで関連性の無いキーワードを除外する方法について書きました。 今回はYahoo!リスティングで関連性の無いキーワードを除外する方法について書きたいと思います。

キーワードの一覧を表示させる

まずはYahoo!リスティングの管理画面を開き、広告管理の中から「キャンペーン管理」をクリックします。

 

次にその下にある項目の中から「キーワード」をクリックします。

 

キーワードの中のメニューから「検索クエリ―を表示」をクリックします。

 

「検索クエリ―を表示」をクリックすると「選択したキーワード」、「すべてのキーワード」が選ぶことができます。 今回はすべてのキーワードを選択します。

 

すべてのキーワードをクリックするとキーワードの一覧が表示されます。

 

Googleアドワーズでは対象のキーワードの横に登録されているか、除外されているかが表示されていましたが、Yahoo!リスティング広告の場合は「キーワード登録」「キーワード除外登録」というところを確認します。

最初はどれも未登録になっているはずです。

キーワードの登録と除外

キーワード一覧を見て除外したいキーワードを探したら、Googleアドワーズと同じようにキーワードの左側にチェックを入れます。

 

チェックを入れると「対象外キーワードとして追加」、「キーワードとして追加」のどちらかが選択できるようになります。

 

Yahoo!リスティングでキーワードを登録、除外する際には「キャンペーン」、「広告グループ」のどちらかで登録、除外するかを選択することができます。

 

キャンペーン、広告グループのどちらかを選択した後は「追加」をクリックします。 追加をクリックしてキーワード一覧に戻るとチェックを入れたキーワードが登録されているのか?除外されているのか?がわかるようになります。

 

キーワードが登録されている場合 キーワード登録状況(※画像では「キーワード登」となっています)に「登録済み」と表示されます。

 

キーワードが除外されている場合 対象外キーワード登録状況に「登録済み(キャンペーン)」又は「登録済み(広告グループ)」と表示されます。

まとめ

関連性のないキーワードの除外をいかに上手に活用するかで、部分一致の精度が変わってきます。 とても重要ですね。

3 0 0 0