【BiTT】低価格×高品質
【BiTT】低価格×高品質

リスティングで関連性のないキーワードを除外する方法【Googleアドワーズ編】

きょうへい

こんにちわ!きょーへいです。

今回はリスティングで関連性のないキーワードを除外する方法について書いていこうと思います。
ちなみにサムネイルは当記事とまったく関連性のないものとなっております。

 

キーワードを除外する理由

キーワードを除外する主な理由は広告の無駄な表示を減らすためです。

キーワードを部分一致で登録すると、入札していないキーワードでも関連性があると判断され、広告が表示される場合があります。
そういったキーワードの中でも、実際には広告と全く関連性のないキーワード 、つまりクリックされる見込みのないキーワードをそのままにしておくと広告の表示回数だけが増え、クリック数が増えないのでクリック率が下がってしまいます。

それを避けるために関連性のないキーワードを除外します

キーワードの一覧を表示させる

今回はGoogleアドワーズでの操作方法について説明します。

まずは管理画面上部にある「キャンペーン」をクリックします。

「キャンペーン」をクリックした後、下のタブにある「キーワード」をクリックします。

その中の「キーワードの詳細」をクリックします。

クリックすると「選択」「すべて」という項目がでてくるので「すべて」を選択します。

そうすると詳細なキーワードの一覧が表示されます。
表示されたキーワードの中にすでに登録されているキーワードがある場合は「登録済み」と表示されます。

もしキーワードの中に登録したいキーワードがあれば左にチェックをして新たに登録することもできます。

キーワードを除外する方法

一覧から除外したいキーワードの左にチェックを入れます。

「除外キーワードとして追加」をクリックします。

除外キーワードとして登録がされると「除外済み」と表示されます。

これで、このキーワードで検索をかけても広告が表示されることはありません。

 

 

次回はYahoo!リスティング広告で同様の設定をする方法をご紹介いたします。

3 0 0 0