おいキミ、彼はいったいどこで!?
おいキミ、彼はいったいどこで!?
2012.04.18

リスティング効果を抜群に高める。ランディングページの必要性

ジェイ

また会ったな。俺の名はジェイ。孤独すら友達にできる男だ。

前回リスティングの運用について簡単に説明した事は皆の記憶に新しいと思う。

 

□リスティングをアウトソーシングする理由
https://liginc.co.jp/designer/archives/4567

 

リスティングを運用する上で効果を高める為、ランディングページは切っても切り離せない関係にある。

 

 

2
俺が初めて料理した時に切った、しらたき

 

 

戯れ言はたくさんだ。

早速、迷える子羊達に救いの手を差し伸べていく。

1.ランディングページとは

インターネット広告からリンク先となるwebページのことをランディングページと呼ぶ。

リスティング広告の場合、「検索する」という行為から目的のものを探しだすユーザーを引っ掛けているので、検索したキーワードとマッチしたページが必要になる。
数ある検索結果の中から選んでもらわなければならないので、タイトルにも気を遣って欲しい。 

 

 

3
目立つのは大切なこと。手を挙げること。なんなら立ち上がること。

 

 

2.ランディングページをつくる理由

ランディングページをつくる理由は一言でいうと

「集めた見込み客のアクセスをムダにせず、効率良くコンバージョンさせるため」

つまり、リスティング広告におけるキーワードの設定は「サイトまで見込み客をつれてくる」ということだ。

しかし、たとえ10,000人の見込み客が訪れて来ても、自分の目的のものが見つからなかったら、何の意味もない。

だからこそ、ランディングページを作り、少しでもコンバージョン率を上げる必要がある。
リスティングに予算を大幅にかけるのであれば、絶対に作ったほうがいい。
仮に月に50万程度リスティング広告を利用していたとすると、1%コンバージョン率が上がるだけで、大きな差が生じる。

例)

ランディングページを設定していない場合 50万 × 1% = 5,000円

ランディングページを設定している場合  50万 × 2% = 10,000円

その差は月に5,000円。

1年で 50,00 × 12ヶ月 = 60,000円 もの差がでる。

 

 

9
俺たちが本気でランディングページを作ったら、◯%の上昇じゃ済まされない。

 


3.ランディングページを作る上で大切な3つの事

その1 まずは流れを決める

ランディングページは、いわば「実演販売」みたなもの。

どういう風に伝えたら「商品が一番商品がよく伝わるのか」を考えて流れをつくろう。

以下、一般的な流れを紹介する。

うちの商品はこれが利点だ(アイキャッチをいれる)→こんなことができるよ(利点を3つくらい)→利用するとこんないいことあるんだ → 値段はこんな感じ → 実際の利用者の声 → 購入までのSTEP(申込のながれ) → 申込フォーム

こんな感じだ。

もちろん、商材によって流れは違うので参考程度にしてほしい。
わからなかったら相談をしてくれ。 

 

 

7
できる者には信念。迷う者にはアドバイス。俺が提案する未来へのミチシルベ

 

 

その2 アイキャッチが大切

リスティングの場合、ランディングページが表示されてから8秒以内に立ち去ってしまうことが多い。
つまり、商品をアピールする上で最初に与えられるチャンスはわずか8秒しか無いと考えて良い。
興味をひきつける最初のキャッチコピーと画像が大事。
ヘッダー込で600px程度の範囲が最初のアピールポイントだ。

 

 

5
惚れさせるなら一瞬。チャンスが活かせないやつに黄金を掴む権利なんて無い。

 

 

その3 キーワードと結びつけよう

リスティング広告から流れて来た見込み客は「キーワード」検索をしている。
このキーワードをランディングページに入れていこう。

言うまでもないが、ページの上部に入れることが大切だ。

 

 

8
ラーメン屋のメニューに一番必要な物がわかるか?・・・・・・・ラーメンだよ。

 

 

4.LIGはランディングページ制作も得意

長々と説明してきたが、俺が本当に言いたい事は一つ。

 

 

6
ランディングページ制作を依頼するならLIG以外、あり得ない。

 

 

LIGはこれまで多くのランディングページ作り、ことごとく成功を納めてきた。

以下、事例だ。

 

□モバーシャル様
http://www.mobercial.com/lp/

□キャノンビズアテンダ様リクルートページ
http://www.canon-ba.co.jp/staff/promo2012/web/

□エートゥージェイ様
http://www.manga-plus.net/

 

どのランディングページもイケてるだろう?                

さあ、ランディングページの必要性に気がついたのなら、まずは問い合わせだ。

えっ、俺をモデルに使いたいって??それも問い合わせしてくれ。

 

 

4
素敵な出逢いに春の訪れを感じたい。