Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2011.03.29

Facebookページをiframeで読み込もうとした時につまづいた点

モモコ

最近facebookの仕様が変わり、ページを作る際のFBML・FBJSが非推奨扱いになりました。
それに伴い、以前制作途中だったFacebookページ(元・Facebookファンページ)を再度制作する事になったので、その途中でつまづいた点を復習の意味も込めてご紹介します。

FBMLに代わり、Facebookから推奨されているのがiframeを使って外部からHTMLを呼び出す方法です。
馴染のHTMLを利用出来るようになった事でページ自体の制作はさくさく進みます。
cssやjsもフォルダへ一緒に入れておけば簡単に利用出来ます…HTMLが軽い!

と、此処までは順調に進んでいたのですが、次にiframeを呼び出すためのアプリをfacebookページに設置する事が一番の難関でした…。
iframe対応!初めてのFacebookページの作り方」や「新しいFacebookページにStatic iframe形式でタブを追加する方法」を参考にアプリを導入した所までは良かったのですが、アプリケーションの編集画面で一度詰まってしまいました。

中でもタブのURLを入力する部分が参考サイトのキャプチャ画面と違っており、始めの内は「http://apps.facebook.com/●●●/☆☆☆/」といった具合に記述していたのですが、それで保存してタブを見てみると……なんとFacebookのバナーが表示されるだけ。
しかもクリックすると表示したいiframeが現れるという二重構造に…orz
上司に泣き付いて原因を究明してもらった結果、現在タブのURL部分には自分が用意したindexページのURLを載せれば良い事になっているようです。

また、「Rss Graffiti」というWordpressなどの更新情報をウォールに表示させるアプリは、RSSのバージョンによって読み込むものと読み込めないものがあるので1つが駄目でも他のものも試してみると上手く行ったりします。
私の場合は「RSS .92」は全く読めずにorzとなっていましたが「RSS」に切り替えた途端上手く読み込んでくれるようになりました。悩んでいた時間が勿体ない…(‘;ω;`)

Facebookに限らず、何かの仕様が変わったばかりの頃は情報もまとまっていないので、自分でより調べる努力が必要だと感じました。もっと精進しようと思います…。

仕様が変更されたFacebookページの設置方法についてこちらでまとめました(23/9/6)