本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
2020.07.28

LIGの新型コロナウイルス感染防止対策をまとめました

れいこ

こんにちは! 人事のれいこです。

新型コロナウイルス感染防止のために、LIGではさまざまな対策を行なっています。

今回は、これまで試行錯誤しながらも徐々に増えていった弊社のコロナ対策をまとめてみました。なにかの参考になれば幸いです。

新型コロナウイルス感染防止対策まとめ

リモートワーク継続中

2月後半から新型コロナウイルス感染拡大防止のために、リモートワークを実施しておりました。緊急事態宣言が解除されてからも、自宅で業務が可能な部署は、引き続き自宅でのリモートワークを継続しています。出社が必要な部署のみが出社して業務に当たっています。

リモートワークを始めてから、早くも5ヶ月が経過しようとしており、だいぶ慣れたものです。

自宅&受付にて検温実施

6月から出社する社員も増えたので、社員全員に検温を実施してもらうことになりました。

リモートワークの場合も出社の場合も、毎日自宅で検温をするように指示しています。具体的な体温を会社に報告する必要はなく、自分自身の体調管理を意識してもらうために行なっている施策です。

ただし下記のケースでは出社しないようにアナウンスしています。

  • 体温が37度以上ある場合
  • ふだんの平熱よりも高いと感じる場合
  • 咳やくしゃみが連続して出る場合

また、1F受付に非接触型の体温計があるので、出社時も再度検温してもらい、37度以上だった場合は帰宅するようにお願いしています。

受付での検温は社員だけではなく、来社されたお客様や、コワーキングスペース「いいオフィス by LIG」の利用者さん、「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」、「MeRISE英会話上野校 by LIG」の生徒のみなさまにも同様に実施していただいています。オフィス内での感染を防止するため、念には念を入れています。

各階に消毒液を設置

1F受付で検温を実施する前に、手指の消毒を行なっています。手をかざすと消毒液が噴射される、非接触型のものを設置しています。触らずに消毒できるので、安心です。

また受付だけでなく、各フロアにも消毒液を設置しています。このご時世なので、消毒液を入手するのも大変でしたが、ネット通販で購入しました。

フリーアドレス化&座席数を減らす

本社オフィスの3Fは、Web事業部という一番人数が多い部署があるフロアです。今までは固定席でしたが、この機会に完全フリーアドレスにしました。

座席にあった私物はロッカーに入れて、机の上には私物を置かないようにしてもらいました。

モニターの設置数を減らし、モニターがある席のみを利用可能としました。これにより、隣の人との間隔も空くので、ソーシャルディスタンスを保つことができます。

出社管理表を作り、出社が偏らないようにする

フリーアドレスにして間隔を空けたとしても、たくさんの社員が同時に出社してしまったら意味がありません。

なので出社管理表を作り、1日の出社人数が一定数を超えないように管理しています。全員の出社状況を管理するなんて面倒かもしれませんが、これも感染防止のためです。

在宅手当を支給

自宅でのリモートワークにより、水道光熱費が増えてしまった人も多いと思います。また、自宅に机や椅子などがなくて新たに購入したり、ネット環境の整備をしたりした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

リモートワークによって増えた水道光熱費やネット代の補填をしてもらう目的で、5月からは通勤定期代の支給を停止し、代わりに毎月在宅手当を支給することにしました。これから暑くなってエアコン利用が増え電気代もかかる季節になってきます。在宅手当により、安心してリモートワークに取り組んでもらえたらいいなと思っています。

通勤定期代を支給しない代わりに、出社した際の交通費は、経費精算で別途精算しています。

新型コロナウイルス接触確認アプリのインストールを推奨

7月には厚生労働省が推奨している、「新型コロナウイルス接触確認アプリ・COCOA」のインストールのお願いを社内でアナウンスしました。こちらのアプリをスマートフォンにインストールしておくと、直近14日間でコロナ陽性者との接触があったかを確認することができます。

インストール方法

  1. お手持ちのスマートフォンで「接触確認アプリ」と検索(このとき「厚生労働省公式」と書かれているか確認しましょう)、または下記のリンクよりアプリをインストールします。個人情報などを入力する項目はないので、インストールをしたらすぐに使えます。
    App Store(iPhoneユーザー) Google Play(Androidユーザー)
  2. インストール後は、スマートフォンのBluetooth機能アプリからの通知を有効にしておくだけOKです。
  3. インストールしておくと、過去14日間で、陽性者との接触があったかどうかを確認することができます。
    ※陽性者との接触:陽性者が過去に15分以上、1m以内に近づいていたことがあるか

自分自身の身を守ることにも繋がりますし、職場でのクラスター発生を防ぐこともできます。もし陽性者との接触があったとアプリから通知が来た場合は、出社はしないように社内にアナウンスしています。

まとめ

上記に挙げたような取り組みを行なってはいるものの、目に見えないウイルスというのは、やっぱり怖いものです……。これからもwithコロナ時代を乗り越えるために、また新しい取り組みを始めるかもしれません。

1日でも早く、安心して働ける日が来ますように!