オウンドメディア成功の秘訣は「ロジカル×エモーショナル」。必要な戦略と事例を大公開!【PLAN-B×LIG共催セミナー】
オウンドメディア成功の秘訣は「ロジカル×エモーショナル」。必要な戦略と事例を大公開!【PLAN-B×LIG共催セミナー】
2020.06.24
#15
LIG子育て情報局

産休・育休を経て、LIGに復職しました。

むむ

ご不沙汰しております。プランナーのむむです。

私ごとではございますが、母になりまして約2年ぶりに職場へ復帰する流れとなりました。ドンドンぱふぱふ(祝)

あまり表に出ない系メンバーなのでむむって知らないな、という方が大半だと思います。

この記事では、LIGにおける復職について書いていきたいと思います。

むむってこんな人

▼むむについてはこちらの記事をご覧ください。

▼妊娠中の記事はこちら

復職前はWebディレクターでしたが、復職後はプランナーという肩書きへ進化しました。

産休/育休中にしたこと

出産後は人にもよりますが、悪露と呼ばれる出血が1ヶ月続いたり正直体も心もだいぶ辛い。私の場合は緊急帝王切開だったので、お腹も切れていて痛かったです。

いろんなことを乗り越えて子どもを産んでる「母親」ってすごいなーって思いました。そして、産後のホルモンバランスで心も体もガッタガタ。すべてオキシトシン(ホルモン)のせいにして家族の理解を求めつつ乗り越えました。

いい感じ&悪い感じをなんだかんだと繰り返し、産後10ヶ月ぐらいまではなかなか安定しませんでした。

そんななか、以下のことをやりました。

したこと
  • 生まれてすぐ、会社へ出産の報告/手続き
  • 1〜3月ごろ、会社へ保育園の共有
  • 産後1年、1年半のタイミングで会社へ提出書類制作依頼
  • オフィスへ遊びに行く
  • 家事/育児
  • ダイエット
  • プログラミングの勉強(テクノロジア魔法学院)
  • 簿記の勉強

育休1年目のタイミングでは保育園が落選していたので、その旨も会社へ伝えていました。

社会から隔離されてる期間が長くなるにつれ、自分のなかで「置いていかれている感」が大きくなって辛かったです。なにかしようと思い学習教材で勉強をしてました。いま振り返ると、別に焦る必要はなかったとは思いますが、ゲーム感覚でプログラミングなどを勉強していたのでとても楽しくできました。結果が出ると心が上向きになっていたので、そのときの自分にはとても良かったと思います。

ちなみに、ダイエットでLIGにいる頃よりも痩せたのに、また脂肪が戻ってきたので最近心が辛いです。

LIGに復職する前にしたこと

したこと
  • 保育園に申込み、通知が来ることを祈る
  • CTOのづやさんに子どもの写真を送りつけ、子ども自慢する
  • 景気付けに髪の毛を染める
  • 人事と連絡とる
  • 会社の偉い人たちと復職の面談をする
  • 復職の日程が決定する

役員面談では自分の希望を伝えて、会社のなかでどのポジションで働くことができるのか、どんな仕事内容を想定しているのかなどを話しました。
役員との面談時、子どもが役員たちに怯えて泣き続け、大変だった。なにかを感じ取ったらしい。

また、コロナの影響で復帰日を幾度か変更させてもらったので、育休をフル活用する形になりました。柔軟に対応してくれる会社最高ですね。

ちなみに髪の毛はブリーチを2回して、シルバーのインナーカラー入れたのでとても気に入ってます。
通っている保育園のママさんはみなさんでインナーカラー入ってる方はいらっしゃいませんでした。

LIGに復職してみて

2年前よりもちゃんとしてる会社になってるなぁというのが第一印象でした。

LIGビル

オフィスの場所が変わってお洒落ビルになっていました。

お洒落ビルに初出社〜♪ とはならず、Web事業部ではリモート勤務推奨のため、まだ一度も出社してません。いつ出社できるかなぁ〜。

同僚が……

復職してみたら同僚がYouTuberになっていたり、サウナビルダーになってたり、クライアントの担当者だったきゃしぃ大西さんがLIGに入社したりしてました。

正直、名前と顔がわかるメンバーが3分の1ほどしかいないので、新入社員気分を少し味わえます。しかし弊社はメンバーページに顔と名前が出ているのでこれ幸い。メンバーページをしばしば読んでます。

さまざまなシステム変更

勤怠管理、プロジェクト管理、コミュニケーションツールなどなど、使っていたさまざまなシステムが2年の間に変わっていました。

それぞれ使い方を知る必要があったので覚えることが多く、初日は使い方の説明だけでけっこう頭を使ったので、夜はぐっすり眠れました。

さいごに

知っているメンバーも知らないメンバーも暖かく迎えてくれて正直、涙が出そうでした。

みんな、ありがとう!
そして、ただいま。