私が輝く、夏がはじまる。
私が輝く、夏がはじまる。
2020.02.19
#120
STUDIO by LIG

Webクリエイタースクールの現役トレーナーに聞いてみた!おすすめの勉強法や伸びる受講生の特徴って?

さとまり

こんにちは! デジタルハリウッドSTUDIO by LIGのさとまりです!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGとは
株式会社LIGとデジタルハリウッドが業務提携をして始めた、クリエイター養成スクールのこと。現在、上野と池袋にて受講生を募集しています!

前回、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの受講生を対象に、「Webデザインスクールでの学習事情」についてアンケートをとりました。

今回は、STUDIO by LIGで受講生にデザインや動画制作の指導をするトレーナーさんたちを対象に、「トレーナーから見たWebクリエイタースクール」について聞いてみました!

STUDIO by LIGで働くトレーナーの多くは、ふだんはフリーランスや会社員として働く現役のクリエイターです。現役クリエイター目線でのおすすめ勉強方法や、伸びる受講生の特徴などについてご紹介できたらと思います。

現在、クリエイターとして勉強されている方や、スクールへの入学を検討している方、スクールの講師として働くことに興味のある方の参考にもなれば幸いです!

スクールのトレーナーってどんな人?

STUDIO by LIGでは、スタジオ内に常駐している講師のことをトレーナーと呼んでいます。トレーナーの多くは、現役Webデザイナーやクリエイターとして現場で活躍されている方々です。

まずは、みなさんがトレーナーとしてどんな働き方をしているのかを聞いてみました!

現在のワークスタイルを教えてください

一番多いのはフリーランスの方。また、最近は副業OKな会社も増えているので、副業としてトレーナーをしている方も多いです!

やはりみなさんトレーナー業と並行して実際の現場でお仕事されているので、受講生たちからの信頼も厚いです。

なぜトレーナーになろうと思いましたか?

  • 大学では教員免許を取得しました。教育に携わる仕事ができたらいいなと思っていたのと、世の中にいいクリエイターが増えてくれたらいいなという想いで始めました。
  • 自分がブログや勉強会など、人に教わることでスキルを身に着けてきたので、同じことをあとに続く人たちにもしたいと思ったから。また、自分が楽しいと感じている仕事をいろいろ人に伝えたいから。
  • もともと教える(わかるように伝える)のが好きなのもありますが、教えることで自分の理解が深めることができるのと、おじさんの知識をシェアする相手が欲しかったので。

もともと人に教える仕事していた、もしくは教えることに興味があった方が多いようです。

「クリエイターが増えてほしい!」と思ってトレーナーを始めた方もいらっしゃいますね。Webクリエイターと聞くと、「生まれ持ったセンスがないと難しいんじゃないか……」などとイメージが先行してハードルが上がってしまうかもしれませんが、他の仕事と変わらず、日々のインプットがなによりも重要なお仕事なんです。

トレーナーから学習者にアドバイス!

クリエイターを目指して勉強されている方全般に役立つような情報を聞いてみました!

未経験からWebデザイナー、動画クリエイターとして活躍するには何が必要だと思いますか?(マインド/スキル)

  • 完全に未経験の場合、まずはレイアウトの基礎は絶対に必要になります。あとはトレンドが変化していくので、つねに学ぶ姿勢を持つことは必要です。
  • つねに新しい技術や考え方を勉強する心構え、職種ごとに最低限必要だといわれるスキルはもっておきましょう。
  • 適切な給料を得られるまでをどう乗り切るか。貯蓄を崩すのか、教育してくれる会社に入るのか、前職も絡めたスキルを活かせる会社にはいるか。
  • 何かを作りたいという意志、できそうなことから自力でなんとかしようという姿勢
  • 大量のインプット。Webデザインはインターネット上に答えがすべて載っているので、いろいろなサイトやクリエイティブを見て頭の中でトレースしたり、クリエイティブが伝えたい内容や意味を考えたりすることがわりと大事だと思います。スキルやツールは使えることより何ができるかを理解できていれば、必要なときに使い方を勉強する感じで大丈夫だと思います。ぜんぶ使えるようにするとなると大変ですし。

Web業界は移り変わりがとくに激しい業界です。つねにさまざまな手段で情報を取りに行く(勉強をし続ける)ことができるかできないかが、向き不向きの基準になるかもしれないですね。

インターネットでさまざまな情報を得たり、セミナーやカンファレンス、交流会などに参加して人脈を作ることも重要です。

おすすめの教材やWebサイトを教えてください

  • 教材ではないが、複数のブログを読んで自分でもブログを作って更新するのが一番いいと思う。やりたいことがない人も一定のタスク(コーディング、Webデザイン、ライティング、CMS知識、運用、SEO、ブランディング、SNSなど)が積まれるので自然と実践的な知識が身についていくため。
  • TwitterなどのSNSでの情報収集デザインまとめ系のサイト、あと海外のサイトやWordPressのテンプレPinterestなんかもわりと参考になります。
  • デザインは株式会社ベイジ関連のnote

Twitterやnoteで情報発信している受講生も多く、オンラインでの人脈や情報を勉強や仕事に生かしているとのことでした。

ちなみにTwitterとInstagramでは「#デジLIG」 で、STUDIO by LIGの情報発信もしていますよ!

Twitter:@studio_by_lig
Instagram:studio_by_lig

トレーナーから見たスクールについて

ここでは、トレーナーから見たSTUDIO by LIGについて聞いてみました! これからクリエイタースクールを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

受講前に勉強しておいた方が良いこと、準備しておいた方が良いことはありますか?

  • 未経験の場合は、デザインに関しての学習や、PCの操作になるべく慣れておくことが大事だと思います。
  • 書店に行って、Webデザイン関連の書籍のページをめくってみる
  • 何が知りたいのか、何を作りたいのかを明確にしておくと、質問内容もより具体的になったりするので、簡単な目標だけは立てておいたほうが良いかと思います。
  • STUDIOのPCがMacなので慣れておくと学習までのストレスが少ないと思います。

学習を進めるにあたり、ゴール設定は重要です。スクールを卒業することがゴールではなく、その先をイメージしておくことはモチベーション維持にも役立つと思います。

STUDIO by LIGでは、受講生のゴール(就転職・副業・フリーランス)を一緒にイメージし伴走することで、卒業後にどうやって動き出せばいいのかを掴みやすくしています。

こんな受講生は伸びる! という特徴はありますか?

  • 操作の質問じゃなくて、考え方の質問をしてくる人。
  • なにか作りたいものがある、勉強してこれをやる、というふうに具体的な直近の課題があること。
  • 受講生というより社会人経験からなのですが、わりと大雑把でとにかくやってみるって人のほうが活躍したりしてるように思います。
  • 課題を漠然とこなさず、自分の頭でちゃんと消化している感じがする人。

学習をこなしていく・消化していくのではなくて、確実に身に付けていく意識が成長を左右させるポイントです。

STUDIO by LIGの有効活用方法を教えてください

  • 複数人が集まるスペースとして、いろいろな人と交流するといいと思います。僕もデジタルハリウッドSTUDIO卒業生ですが、同じ時期の人たちとはいまだに交流があったり、仕事を回してもらったりもします。
  • わからないことがあれば積極的に質問してほしい。ついでに、クリエイターの仕事について気になることを聞くのもいいと思う。ただ教材をこなしているだけだとあまりSTUDIOのメリットが活かせないと思う。
  • 自分でどのように勉強したら良いかわからない方は、とにかくたくさん通うと良いと思います。

誰でも最初はわからないことだらけなのは当たり前です。現役クリエイターに直接教えてもらう機会をフル活用して、疑問の解消など積極的に行ないましょう!

STUDIO by LIGでは、Slack(スラック)というコミュニケーションツールを使って運営スタッフ・受講生・トレーナー間の交流をしています。まだまだ運用は始まったばかりですが、これからさまざま企画をとおしてコミュニケーションを活性化していきます!

スクールでは横のつながりも重要です。受講生やトレーナーとの関係は、卒業後も続きます。また、STUDIO上野 by LIGは、LIG本社コワーキングスペース「いいオフィスが併設しているので、さまざまな業種や職種の人たちとの交流の機会がたくさんあります!

トレーナーのお仕事について聞いてみた

さいごに、トレーナーというお仕事について聞いてみました。トレーナー職について気になる方はぜひご覧ください!

受講生に教えるときに気をつけていることはありますか?

  • 難しい用語を使わないように、数学でいうと途中式をちゃんと書いた状態で説明するようにしてます。
  • モチベーションと理解力にあわせたコミュニケーションを大事にしています。
  • 直接の回答をしない。「なぜこうしたのか」を掘り下げる。
  • なぜこのように作ったのか理由を聞いて考えてもらう、なるべく実際の仕事と今やっている作業とはどう違うのか、リアルなところを感じてもらうように話す。
  • なるべく、今後同じような問題にぶつかったときでも解決できるように、答えそのままではなく、調べ方だったり考え方、仕事になったときに重要なことを伝えるようにしています。

受講生の成長を考えて、過程考え方を重点的に教えている方が多いようです。

また、忙しいなか時間を作って通学している受講生たちのためにも、プラスアルファの情報や付加価値を提供できるように、トレーナー自身も最新情報の勉強は欠かせないとのこと!

いままでたくさんの受講生と接してきたなかで、印象に残ってるエピソードがあれば教えてください

  • 卒業生をスタッフとして雇わせてもらっているのでありがたいと思っています。
  • 卒業制作をはじめて担当したときです。コーディングチェックの日、ほとんど誰もコーディングに入っていなくて焦りましたが、みんなで集まって黙々とコーディングを進める会を開催したりして、無事に全員がコーディング終えたことが「ああ、頑張ればなんとかなるんだな」と印象深く残っています。
  • 受講生さんの数人とふつうに飲み友だちになっていること。いま働いている会社の話など聞くのは楽しい。
  • トレーナーになって帰ってきたこと。

受講生のなかには、在学中からトレーナーのお仕事を手伝っている方もいらっしゃいます!

スクールを利用して学ぶだけではなく、将来の人脈づくりなど幅広く活用していただきたいと思います。

さいごに

Webクリエイタースクールで働くトレーナーから見た、スクールや勉強方法についてご紹介してきました。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGには、現役クリエイターとして活動しながらトレーナーを兼任している方が在籍しているので、生きた知識を得ることができます。どうやって勉強したらよいかわからない方や、独学で挫折しそうな方、将来について一緒に考えて欲しい方は、ぜひ一度相談に来てくださいね!

個別説明会に参加してみる

 
次回はアンケート企画ラストです!

LIGデザイナーに聞いた、「Webデザイナーとして働くために必要なこと」をお届けします。

お楽しみに〜!