Web事業部LP
Web事業部LP
2019.10.29

絶景!ドローンを手にした私が秋の野尻湖の素晴らしさを紹介します!

おのちゃん

こんにちは、ゲストハウスLAMP野尻湖のおのちゃんです。
まずはじめに、台風 19 号で被災された多くの皆さま、心よりお見舞いを申し上げます。
LAMP野尻湖は、大きな被害などはなく、スタッフ全員無事です。今は元気モリモリで営業中です!!!

今回の台風で遅れていた野尻湖周辺の秋がグッと進みました。山では木々が色付き、キノコたちがたくさん出てきました。
これが自然の摂理なのかと……しみじみ感じています……。

今回はそんな素晴らしい秋の野尻湖をドローンを使って紹介します!!! それではレッツゴーーー!!

さぁ、私はどこにいるでしょう?

 

 

ここでーーーす!

 

ここ、ここーーー!!!

野尻湖の湖畔からこんにちは。スリーサイズを測ったら全部100㎝だったドラム缶体型のおのちゃんです! 最近ドローンというお友達を手に入れた私は、暇さえあればドローンと戯れています。

はぁぁぁ。

 

ドローン大好き!

ドローンとの出会い

なぜ私がドローンとお友達になったかというと……もともとはこのドローン、LIGの広報部が撮影用に購入したもの。紆余曲折を経てLAMPに流れ着きましたが、なかなか使う機会がありませんでした。LAMP4周年のときに、本社の方に撮影用に貸したり、それが誤って野尻湖オフィスに返却されたりと、さまざまな経緯から埃をかぶっていたドローンちゃんがそこにはありました……。

簡潔に説明するなら、社長がドローンを購入してくれたおかげで、巡り巡って私はドローンと出会うことができたのです。社長ありがとうございます。

ドローンとの日々

じゅんこさんの一言

私自身、実際にドローンを手にとって見るのは初めて。ふむふむ……と眺めていると、

横から突然、

じゅんこさん:1週間後に、このドローンでツアーの撮影をして。

おの:え?

人物紹介:じゅんこさんアウトドアスクール主任。カヤック、SUPのインストラクターはもちろん、最近はヨガのインストラクターまでこなす。早起きが得意。

じゅんこさんのこの一言によって、私のドローン修行の日々が幕を開けました。

ドローンの師匠「馬場さん」

いざドローンの練習をするにも、LAMP野尻湖にはドローンを操縦できる人が一人としていません。

(だからドローンが埃に埋もれていたんだ……)

(ああ、最悪だ……。)

 

(だ……だれ?)

 

馬場さん:俺が教えてあげようか?

おの:ば……馬場さん!

人物紹介:馬場さんLAMP野尻湖の常連のお客様で仏様のような人。自前のドローンを持っていて、操縦・撮影どちらも超うまい。私とは密かにロック好きつながり。好きなメニューはLAMPバーガーに大量ピクルストッピングとホットラテ。今回は特別出演してもらった。

神様、仏様、馬場様! お願いします!!!!

 


 

その後、馬場さんは手取り足取り、ドローンとの接し方、付き合い方を教えてくれました。本当にありがとうございました!!!

ドローンの性格

LAMP野尻湖にあるこのドローンは、世界中で使用されているドローンのシェア約70%を誇る「DJI」です。ドローンといえば「DJI」というくらいの、すごいシェア率です。

ほとんどのドローンにはセンサーが付いていて、一定の距離に障害物などがあると自動的に停止する機能が付いています。最近のドローンは全方位にセンサーが搭載されているのですが、このドローンは……

ここと

 

ここ。

 

つまり、前方と地面側の2つだけなのです。これは前方と地面側以外に障害物があっても自分で避けなければならないのです。

怖い。
飛ばすのが怖い……。
でも、やるしかない!

そんな気持ちで初めてドローンを飛ばしたあの日のことは……緊張しすぎて覚えていません。

 

ですが、何度か練習しているうちに操縦にも慣れてきて、だんだん楽しくなってきました!!

 

今ではドローンを見なくたって飛ばせちゃいます! こうして私はドローンの操縦技術を身につけました。

これで撮影ができるぞ! やったー!

でも、野尻湖ってドローン飛ばしても大丈夫なのかな?

この疑問は天下の馬場師匠が解決してくれました!

基本的なドローン飛行禁止エリアとは

  • 空港等の離発着周辺のルート
  • 地表または水面から150m以上の高さの空域
  • 国税調査の結果による人口集中地区(DID)の上空

この規定を野尻湖はクリアしているので飛行可能!

飛行エリアなどの問題が分からなくなったら、このように飛行可能か確かめられるアプリもあります!

これで、思いっきり飛ばせるぞー! レッツゴー!

ドローンで秋の野尻湖を撮影

野尻湖

どーーーーーーん! どうですか、みなさん。こんな景色はドローンじゃないと撮れない景色ですよね〜。秋の野尻湖は空気が澄んでいて、空と山が本当に綺麗に見えます。

 

こちらは、別アングルどーーーーーーん!

 

野尻湖に浮かぶ弁天島どーーーーーーん!

 

アクティビティ

じゅんこさんのあの一言から、1週間。

こんな写真を撮影できるようになるまで成長しました!!

写真もいいですけどドローンの魅力が伝わるのはやはり動きのある動画です!
動画も頑張って作ってみました。ご覧ください。

秋の野尻湖の魅力

秋の野尻湖は空気が澄んでいて、色彩が豊かになります。紅葉の赤、黄、緑・空と湖の青……。水が透き通っていて、釣り船が少なく、とっても静かなんです。

キレイですよね。

 

ほら、水も透き通っています。

 

私はこのシーズンにカヤックに乗って湖の上に出るのが一番好きです!!! おのちゃんがオススメするカヤックベストシーズンが秋です!

 

最高に気持ちいいんです。この紅葉とカヤックの感じをドローンで撮りたーい!

 

さらには、朝がすごい!

 

幻想的ですね〜。この時期の朝は気温が低くなるため、気温と水温に温度差ができて、湖面上に霧が発生します。それが朝日に照らされると本当に異世界に来たような気持ちになれます。この景色もドローンで撮りたーい!

ドローンを使えるようになると、ここで飛ばしたらどうなるんだろう? あの時間帯に飛ばしたらどうなるんだろう?
と、どんどんドローンを飛ばしたくなります!

ですが、ドローンに関する法律や規定などもあるので、いつでもどこでも飛ばせるというわけではありません。うーん、ドローンって難しい。

ドローン撮影のメリット・デメリット

メリット

  1. 人の手が行き届かない場所からの撮影が可能
  2. LAMP野尻湖のドローンは障害物のないところで半径1.8キロ圏内までは飛ばせました。(それ以上飛ばすと電波が途切れて自動的に帰還します)
    なので普通のカメラでは撮影できないアングルからの撮影が可能になります。言ってしまえば制限なく自分が撮りたいところから撮影ができることになります。この感覚は本当に快感です。

  3. 動画での撮影がすごい
  4. ドローンはものすごいアングルに加え、自由自在に空を飛び回ります。なのでドローンの動きも加えた、動画での撮影が輝きます。ですがこのドローンの動かし方をマスターするのに苦労しました。いかに滑らかに、動画を見る人が酔わないように撮影するのには、本当に気力がいります。

  5. 湖や海など障害物の少ない大自然との相性が良い
  6. ドローンはドローンと操縦者を直線で結んだその間に大きな障害物があると通信電波が弱くなります。なので湖や海などの開けた場所との相性が抜群なんです! 野尻湖なんてもう最高です。ノンストレスでビュンビュン飛ばせます。

デメリット

  1. 充電がすぐなくなる
  2. LAMPドローンの飛行時間は約 20分。それに加えて帰還の時間、また激しい動きをすると充電の減りが加速するので実質撮影できる時間は10分程度です。かなりシビア。

ですか!! 私が感じたデメリットはこのくらいで、メリットだらけです。ドローン最高!!!

で、一番伝えたいこと

私がこのブログで伝えたいことは、ドローンの素晴らしさもそうですが、アウトドアスクールの一員として秋の野尻湖でのアクティビティは最高ということ。何だかこの記事を書いてるうちにドローン小僧みたいになってしまいましたが。

私は、アウトドア小僧なのです!!!

秋の野尻湖の魅力をまとめると、

  • 空気が澄んでいて景色がキレイ
  • 湖の上から見る紅葉が格別
  • 水が透き通っている
  • 釣り船が少なくて静か
  • ドローン撮影でよい思い出を残せる

ざっくりいくとこんな感じです。ぜひ実際に来てアクティビティに参加してこれらを体感してほしいです。

さいごに

サンデープラニングアウトドアスクールでは、紅葉シーズンに「紅葉カヤックツーリング」を開催します!!

開催期間は11/1 〜 11/4。(紅葉に合わせて変動あり)

日常では味わえない特別なもみじ狩りを私たちがご案内します。

「紅葉カヤックツーリング」では半日ツアーと1日ツアーをご用意しています。

1日ツアーでは元LAMPスタッフ、ゴットマザー由美の営むベーカリー「pain pour(パンプー)」のバケットと、アウトドアスクールこばちゃんのクリームシチュー、LAMP特製コーヒーのスペシャルランチ付き!! 紅葉の綺麗な湖畔でいただきます。そして、そのツアーの様子をできる限り私がドローンで撮影したいと思います(天気などの条件もあるため、実施なしの場合もございます。あらかじめご了承ください)。運良く撮影ができれば、その空撮写真を参加したみなさまにプレゼントしちゃいます!!

一味違った紅葉狩りを野尻湖でしてみませんか?? 緑のボタンをポチッとして、詳細をご覧ください!!

紅葉カヤックツーリングへ参加する

それでは、ドローン大好きアウトドア小僧のおのちゃんでした。
たくさんのご参加お待ちしております!