Web事業部LP
Web事業部LP
2019.06.25
LIG PR

医薬・美容メーカー「アスクレピオス製薬」新オフィス探訪のついでに、社長に経営議論をふっかけてみた

まこりーぬ

 

こんにちは。LIGのまこりーぬです。

いま私が手に持っているもの、見えますか?

 

そう。

 

『論語』です。

中国春秋時代の思想家で儒教の始祖・孔子とその弟子たちの言動を記録した、「良く生きる」ための指針が書かれた書物です。

なぜこんな昔の書物を持ち出してきたのかって?

 


▲見よ……これが東洋が誇る英知である

『論語』は、東洋における経営のバイブルといわれる本。あの渋沢栄一も、「私の経営は、ひとえに論語を参考にしていったまでのこと」みたいな言葉を残しているそう。

実は、今日取材する会社の社長さんが、はちゃめちゃに経営への情熱がある方だと伺っているので、取材の心構えとして読み込んできた次第なのです。

これを読んでおけば、きっと社長さんと心が通じあえるはず。

 

さて、そんな社長さんがいる会社がこちら。

アスクレピオス製薬。

渋谷にある医薬部外品・栄養機能食品の開発と通信販売がメイン事業の会社です。

 

実はですね、こちらの会社……、


「【デザイナー・マーケター募集 】病院経営を目指して始まった医薬・美容メーカー「アスクレピオス製薬」に潜入してきた」(https://liginc.co.jp/372614)より

今から約2年半前の2017年10月に、取材をさせていただいているんです!

いや〜あのときはビックリしたぁ〜。採用についての話ちょっと聞けばいいかと思ってたら、採用の話が1だとしたら、経営の話10くらいのボリュームだった〜。

……と当時の担当者が申しておりました。

 


▲入り口にあった、スポーツトレーナーAYAさんのパネルと同じポーズで記念撮影したよ♡

今回は、そんなアスクレピオス製薬がオフィスを移転した&新たに人材を募集するとのことで、あらためて取材にやってきたというわけです。

というわけで、せっかくですから採用について社長のお話を伺う前に、新オフィスの探訪をさせていただきたいと思います。

さっそく求人情報をチェックする

なんだこれ……ときおり「ここは家なのか?」と錯覚する光景が見られるオフィス

「お待ちしておりました!ご案内いたします!」

今回オフィスを案内してくれるのは、広報の中條さん。好きな食べ物はイチゴとのこと。ギャップなさすぎてむしろ驚く。

 

まず案内されたのは、主に制作やマーケティングの人たちが働くフロア。

 

こんな感じのおしゃれなMTGスペースや、

 

集中したいときに駆け込める仕切り付きのブースがありました。

 

また、部屋の全体からよく見える位置にあった、こちらのモニター。

これ、自社コールセンターの福岡オフィスの様子が見えるようになっているんだとか。

遠隔で働いているとどうしても連帯感が薄まってしまうので、せめてこうやってお互いが働いている様子を見えるようにして、つながりを意識しているんだそうです。

 

そして、その下の棚に置いてあったのが、

お菓子が入った缶

ico
なぜこんなところに…… 実家か……。
ico
社員の「お腹が空く」という声を聞いて、あるときから社長がこの缶にお菓子を入れるようになったんです。
ico
「でぶのもと」って書いてあるところに悪意……いや、愛を感じますね。

続いてやってきたのは、管理課や役員が働くフロア。

中條さんに説明を受けていると、なにやら後ろのほうで……

 

ん?

んん???

なんか切り株でリラックスしてる人いる

自宅感がすごい。

聞けば、このゾーンは社員の休憩スペースだそう。
切り株のクッションがいい味出してます。

 

ちなみに、このスペースのほかにも、

こんな感じの芝が敷かれたスペースがあり、社員のみなさんは、ここで休憩したり、気分転換をしたりするのだそう。

 


▲靴は脱いで上がります

新オフィスも見終わったことなので、続いてはさっそく採用についての話を聞いてみたいと思います!

論語を片手にいざ、越山社長とご対面!

集まってくれたのは、右から、今回の募集職種であるデザイナーの加藤さんと、人事の鷲(わし)さん。

 

それから……、おっと!

 

越山社長です!!!!!

前回の取材時と変わらず、ウェーブヘアーが決まっていますね!

なにやら話を聞いてほしそうにこちらを見ているので、さっそくあのアイテムを繰り出してみましょう。

 

へっへっへ……社長さんよお……、こちとら今回、『論語』を読んできてるんでえ。これで社長さんの経営論に、同じ目線で話すことができるってもんさ。

どうだい? 一議論交わそうじゃねえかい?

 

おお! 『論語』を読んできたなんてすごいですね!!

ico
……お?
ico
僕、『論語』も『兵法』も、経営に役立ちそうな本はひと通り読んだんですが、なにぶん読んだのがけっこう前なので忘れてしまっていて……。良かったら内容教えてください!

 

(あれ? イメージしてた反応と違うぞ?)

突然の経営議論が始まることを予想していましたが、思いのほか越山社長の心が澄んでいたので、気を取り直してまずは採用についての話を聞いていくことにします。

鷲さんと加藤さんには、社員の視点から、会社の社風ややりがいについて、越山社長には、今回の募集の背景や、どんな人に来てほしいと思っているかについてを伺います。

 

社員2人のお話から見えてきたのは「挑戦する人を応援する社風」

ico
お二人は何をされている方なんですか?
ico
私はデザイナーをしています。商品のパッケージデザインのほか、ランディングページの制作や、それらの同梱物のパンフレット作成など、幅広くデザインに携わる仕事をしています。
ico
私は、人事の仕事をメインに据えつつ、商品企画と芸能の仕事も担当しています。
ico
「芸能の仕事」?
ico
たとえば「インフルエンサーに弊社の商品を紹介してもらおう!」というとき、「どういう人に紹介してもらうか」などを、キャスティング会社や芸能事務所と一緒に決めていくような仕事です。

ico
お二人が感じている、会社の魅力ってなんですか?
ico
自分たちが主体となって会社を作っている、という実感が得られるところです。弊社はベンチャーなので、いい意味でも悪い意味でも、まだまだ仕組みが整っていない部分があります。その中で、みんなで話し合ってルールを決め、試行錯誤を繰り返すのは、泥臭いけど楽しいですね。まるで文化祭の準備をしているみたいだな、と思っています。
ico
最近の事例だと、これまで「2駅手当」という、会社から2駅以内に住むと手当が出る制度があったのですが、家庭のある方だと渋谷から2駅の場所に住むのはハードルが高いことが分かり、代わりに「家族手当」という福利厚生ができました。

ico
大手だとなかなか、一社員の声が会社の仕組みに反映するのって難しいですもんね。
ico
そう思います。私はベンチャーから大手へ転職し、そこから再びベンチャーであるこの会社へ転職していますが、その理由のひとつに「決済が早いから」というものがありました。ベンチャーはやりたいと思ったことが実現するまでの速度が早いんですよね。
ico
上下関係があまりなく、社長との距離もかなり近い社風なので、個人の意見が会社の方針に反映されやすいですよね。

ico
あとは、未経験でも挑戦できる土壌があるのは、いいところだなと感じています。私自身、前職では今の人事とはまったく関係のない仕事をしていました。
ico
たとえば最近入ったばかりのデザイナーも、もう新商品のパッケージデザインや新規事業のロゴを制作しています。
ico
弊社では、「経験や知識はないけど挑戦したい」との想いに対しては、それを環境面でも費用面でも会社が後押しするようにしています。必要なら、外部からコンサルを入れてもらうこともあります。実際、現在うちで海外のEC事業を担当している社員は、もともとはEC未経験でしたが、弊社に入って学習と実践を始め、今ではかなりの売上を出しているんですよ。
ico
会社が未経験の人の成長を後押ししてくれるっていうのがすごい。今現在の仕事に行き詰まりを感じていて、自分の可能性を広げたいと思っている人にはピッタリの環境ですね。

「失敗を単なる失敗とあしらわない土壌がうちにはある」来てほしいのは、チャレンジを続けられる人

そして……、いよいよ、本丸・越山社長のお話を伺います。

ico
今回は、どういった背景で募集を行うことにしたんですか?
ico
前回のLIGさんの記事を通して、すごく素敵な人材に来ていただくことができまして。当時5人だった社員数も、今は24人まで拡大しました。コールセンターも自社で構えるようになり、パートの方も含めると総勢70人くらいのスタッフと働いています。海外へのEC事業など新たな事業も続々とスタートし、関連子会社も増加して、売上も伸びてきています。
ico
この2年半で急成長を遂げたのですね……!
icoはい、当時は売上額が10億円を下回っていたかと思いますが、今期は70億円を達成。現在は、100億円も目前に迫ってきて、前回お話した、「病院経営をしたい」という夢に少しずつ近づいている状況です。今後は新たな分野の事業にも挑戦して、さらにその成長を加速したいと思っています。そのためにも、より素敵な人材に来てほしい、と思って、今回の求人募集に踏み切りました。

 

ico
具体的には、どんな人材に来てほしいと思っているのでしょうか?
ico
僕が会社経営に参考にしている書籍が『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー 著)なんですが、そこで描かれているような、主体的で、素直で、前向きな方とお仕事ができれば、最高だなと思っています。たとえば、誰かに自分の仕事を手伝ってほしいと思ったとき、「これやっといてください」だけではなく、「どうしても大変なので、手伝ってもらえませんか?」と伝えられる人。相手のことを考えて伝えるようにするだけで、受け取られ方がずいぶん変わってきますよね。というのも、そういったところを社内で大切にしていないと、組織がじわじわダメになっていくと思うからです。そのため、社内SMSでキツい言い方をしている社員を見かけたら、個別メッセージで「その伝え方だと、相手はこんな風に感じるんじゃない?」と伝えることもあります。
ico
……ッッ!!!!

 

樊遅(はんち)仁を問う。子曰わく、「人を愛す」

ico
「樊遅が「仁」と何かを尋ねると、孔子は答えた。それは、人を愛することだ—— と」。「仁」とは他人への思いやりや寛容、人間の器の大きさを示す言葉。論語では、「仁」を最も大切なものと説き、繰り返し語られています。越山社長は、これを実践しておられるのですね!!
ico
恐縮です(笑) ただお恥ずかしながら、私自身も、感情のコントロールができないときがあります。先日は、会議で少し声を荒げてしまいましたし……。
ico
とはいえ、年に一回ぐらいですよね。
ico
そうかなぁ。やはり人間なので、完璧なんていうことはないのですよ。だから、今現在できていないとしても「良くあろうと努力ができる人」かどうかが重要だと考えています。
ico
「今現在できていないとしても『良くあろうと努力ができる人』かどうかが重要」!!!!?

 

「仁遠からんや。我、仁を欲すれば、斯(ここ)に仁至る。」

「「仁」の道は、遠くにある理想ではない。今自分が「仁」を行おうと思えば、「仁」はすぐそこにあるのだ。」

ico
「仁」は常に人の近くにあって、それを求めて行動するかどうかだと孔子も説いています! 孔子も、終生「仁」のある人、「仁者」になろうと実践を続けたのだとか!

 

ico
なんだか……勉強になる取材ですね。
ico
中断してしまって、すみません。「来てほしい人材」の続きをお願いします。
ico
もうひとつ加えるとしたら、「失敗を恐れず、チャレンジを続けられる人」ですね。「失敗」を「失敗」として諦めてしまうと、そこで成長は止まってしまいます。しかし、弊社では、失敗は挑戦したからこそ生まれるものであり、事業の成功には欠かせない「学びの機会」だととらえています。

 

子曰わく、「過まって改めざる、是れを過まちと謂う」

ico
孔子は言っています。「失敗をしてしまうこともある。しかし、それを改めて次に生かさないことが本当の失敗なんだ」と。さすがです、越山社長!!
ico
ありがとうございます(笑)。ただ、そういう人材は軒並み優秀なんですよね。売り手市場の現代において、優秀な人は引っ張りだこ。また、弊社に在籍している社員も皆、今話したような素養を持っている優秀な方たちなので、いまの私の役割は、彼らに魅力的だと感じてもらえる環境を提供し続けることだと思っています。そうすればおのずと、いまは仲間になっていない優秀な人にも、うちの魅力に気づいてもらえるかな、って。
ico
「いまの私の役割は、彼らに魅力的だと感じてもらえる環境を提供し続けること」!!!!

 

子曰く「近き者 説べ(よろこべ)ば、遠き者 来たる」。

ico
これは、政治について説いた一説で、「いまいる民を幸せにすれば、遠くからおのずと人が来てくれる」という意味です。まさに越山社長はそれを実践しているんですねッ! そこにしびれるし!!! マジで! 憧れます!!!!

 


▲なかなか……畳み掛けてきおる……

ico
ちなみに具体的には、どんな風に「働いていて楽しい」状態を作っているのでしょうか?
ico
まず意識しているのは、実績に対して適切な報酬で返すことです。ただ、それだけだとお金が目的になってしまうので、仕事上のやりがいを提供することも意識しています。

 

ico
そのひとつに「裁量の大きさ」があると思います。弊社では、大きな意思決定以外は基本、社員に任せています。先日の事例だと、採用に関して社内に知見のある人間がいなかったため「コンサルティングを依頼しよう」という意見が出ました。数百万円以上の費用がかかる判断でしたが、それをすることが社員の成長につながるなら、と依頼を一任しました。また、弊社は、やる気があればどんどん機会が与えられる環境です。やりたいことがある方には、楽しんでもらえると思います。

 

ico
実際に入社した場合、どのような仕事をすることになるのでしょうか?
ico
新規事業やマーケティングに関わってほしいと思っています。
ico
経験がある方じゃないと難しいですよね?
ico
もちろん、経験者に来ていただければありがたいですが、経験がなくても挑戦できるよう、会社が応援するようにしています。なので、マーケティングを学びたい方や、急成長している中に身を置きたい方、自分自身を成長させたい方も、もし気になったらどんどんアクセスしてほしいですね。

主体的に物事に取り組みたい人には最適な職場

というわけでまとめると、

まさに「之を知れるを知ると為し、知らざるを知らずと為せ是知るなり(本当にものを知っている人は、知らないことは知らないと言える)」ですね。いや〜一本取られました。

とすみません、これは私の所感でしたね。正しいまとめはこちら。

未経験からでも、会社の雰囲気にマッチすれば挑戦させてもらえる環境があるのは魅力的ですよね!

自分の可能性を拡げてみたい! という方は、ぜひ応募してみてください。

 

応募詳細を見てみる

こんな方に来てほしい!

デザイナー(3〜4名)
Illustrator・Photoshopの使用経験ある方/積極的に意見やアイディアを出せる方

【歓迎】
■WEBデザインができる方
■会社でのデザイン実務経験のある方
■売上を意識したクリエイティブ制作ができる方
■シンプル~複雑なものまで幅広いデザインに対応できる方
■成長産業であるEC業界で活躍したい方
■女性目線のデザインができる方
※ディレクション・コーディングの経験は問いません

【以下に当てはまる方はなお歓迎】
■コピー制作の経験者
■紙媒体のデザイン経験者

マーケター(4〜5名)
法人営業もしくはEC・通販業界での経験者/数字にコミットできる方/自社商材の魅力を的確に伝えられる方

【歓迎】
■大人気の自社商品を世の中にさらに広めていきたい方
■売上100億円を目指す成長企業で活躍したい方
■大きな予算・裁量を持って広告運用に携わりたい方
■コミュニケーションが得意な方
■数字にコミットすることが得意な方
■新しい知識を意欲的に学び、吸収できる方
■自社商材の魅力を分かりやすく、魅力的に伝えられる方
■意欲・情熱と論理思考の両方を持ち合わせている方

経理(1名)
簿記2級以上もしくは同等の知識・スキルをお持ちの方/経理実務経験2年以上

【歓迎】
■1つの会社の決算を一通り経験したことがある方
■大きな裁量が与えられる環境で、経験やスキルを発揮したい方
■財務諸表、管理会計業務などの経理、管理会計業務

【以下に当てはまる方はなお歓迎!】
■税理士事務所・会計事務所での勤務経験ある方
■財務諸表を基に業績の分析・予測ができる方
■Excelスキル(中級以上)
■金融機関との折衝経験ある方

物流(1名)
■社会人経験(業界不問・目安3年以上)
■基本的なPCスキル(Excel、Word、PowerPointなど)
■マネジメント経験をお持ちの方(年数不問)【活かせるスキルなど】
◎商品の受発注・在庫管理の経験
◎EC/通販での物流・配送部門での経験
◎数字やExcelが得意(VLOOKUP、ピボットテーブル)
◎ロジスティクス業界での経験がある方大歓迎!!

より詳細な求人情報はこちらから