Web事業部LP
Web事業部LP
2019.06.12

父の日にプレゼントして喜んでもらえたもの8選【2019夏号】

なお

こんにちは! LIG2年生のなおです。

いよいよ6月。上半期最後の月です。そして6月は父の日がありますね……。

 
みなさん、父の日祝っていますかー?
 

まわりの友人に聞くと圧倒的に祝っていない人が多かったのですが、理由を聞くと「なにをすれば良いか、プレゼントすればよいかわからない」とのことでした。

これはもったいない!

お父さん、けっこうなんでも喜んでくれます。

ということで、今回は父の日になにをすれば良いか悩んでいるアナタに、わたしが今までプレゼントして喜んでもらえたものをご紹介いたします!

①一緒に食事をプレゼント(〜¥20,000)

母の日とともに、こちらが一番ウケがよいです。子どものときからお父さんと一緒に過ごす時間って短かったりしませんでしたか? 仕事で夜帰ってくるのが遅かったりするするお父さんも多いと思います。

とくにわたしの場合は両親が離婚しており、10代のころから母親と暮らしていたので、父と過ごした時間が圧倒的に短いのです。なので一緒に食事をして一緒に時間を過ごすことが一番喜ばれました。

せっかくなのでふだんだとなかなかいけないようなお店に行きました。

ちなみに今年の母の日に行ったのはロウリーズ。値段も安くないのですが、母親の好物であり、実家から遠くなかなか行く機会がないということでチョイス。とても喜んでくれてFacebookにまでアップしてくれました。

留意点

お父さんのNGな食べ物でなければなんでもOKだと思います。わたしの場合は父が嫌煙家なので、完全分煙必須です。費用が自分と父親の食事代になるので、若干高めになってしまいます。ランチだと少し費用を抑えられるので、最近はランチになりがちです。

②ビールの詰め合わせ(〜¥5,000)

よっぽどお酒が弱い人でなければ、ビールも喜ばれると思います。

やっぱり第三のビールや発泡酒もまずくはないですが、ビール好きからしたらぜんぜん違うんですよね。

タイミング的に一緒に過ごすのが難しい場合には、手紙とともに郵送なんてしてみてはいかがでしょうか?

留意点

ビールが好きな方だと、銘柄にこだわっている人が多いです。

未成年のころ、何もわからずプレミアムモルツを送ったところ、後日会ったときにお礼と一緒に「パパが好きなビールは、スーパードライかキリンだからね」とチクリと言われました。

③パジャマや甚平(¥3,000〜5,000)

オシャレで機能的な部屋着やパジャマって憧れるけど、なかなか自分だと買わなくて、結局ジャージって人多くないですか? 父親もそういう人多いと思うのです。

時期は6月。蒸し暑くなりはじめます。そんなときにオススメしたいのが通気性の良いパジャマやリーズナブルな甚平。

わたしの父親は下着のパンツのようなハーフパンツを部屋着として来ていて、それでベランダにでるんですよね。ちょびっと恥ずかしい。それが甚平となったらどうでしょう。ナイスシニアな格好良いおじさんに見えてくるかも……?

女性がgelato pique(ジェラートピケ)をもらって嬉しいのと、同じ感覚だと思います。

留意点

質感によっては寝心地が悪くなる人もいるかもしれません。お父さんがデリケートなタイプの場合は、少し素材などにこだわってみるのがおすすめです。

④写真データ(¥0)

これは両親が離婚してすぐの父の日に贈りました。お金もかからないので、学生だったわたしのお財布に優しくとても助かりました。

わたしの父の場合はむかしから写真が大好きで、いまだにわたしや弟の写真を家に飾ったり財布に入れてくれているんですよね。でも一緒に暮らしていたのが小さいころまでだったので、写真がだいぶ幼いころでSTOPしています。そんな写真のアップデートのお手伝いですね。

データで送れば0円です! プライスレス!

わたしが友達と旅行に行った際の自分の写真や、弟と一緒に撮った写真を贈ると、すごい喜んでくれるんですよね。実際に会えなくても顔が見れるのは嬉しいみたい。やっぱりいくつになっても子どもは子どもなのですね。

留意点

父親にはとても喜んでもらえたのですが、父と同居している叔母に「太ったねー!」と言われて思春期のわたしはけっこうショックを受けました。親ってなんでも可愛いって言ってくれるのですが、現実は甘くないことを思い知ります……。

⑤徳利(とっくり)とおちょこ(〜¥7,000)

日本酒を飲むお父さんならコレ! やっぱお酒好きってグラスもこだわりたいと思うのです。ただ、自分で飲むものなのにあまり高価なものはなぁ……と、なかなか自分では買わないんですよね。

しかも熱燗や冷やなど、お父さんが好きな飲み方に合わせた徳利を買ってあげた日には「わかってるじゃん!」とニヤニヤしながら喜んでくれると思うのです(想像)。

留意点

酔っ払うとなかなか瓶から徳利へ入れ替えるのは難しいもの。できれば注ぎ口は大きい方が良いと思います。洗いやすいし。

わたしは「なにこれ、可愛い!」と勢いでかった徳利がとても注ぎづらく、自分で入れるたびにこぼします。

⑥スポーツシューズ(¥5,000〜)

わたしは父が40歳のときの子どもで、父は今月で66歳となりました。まだまだ元気なのですが、おじいちゃんといわれる年代にさしかかっております。おじいになって怖い病気はいくつもあると思いますが、生活習慣病など運動不足が原因となるものも多いですよね。

いつまでも元気でいてほしいなぁ&運動してねという思いをこめてスポーツシューズを贈りました。

留意点

靴って足の形や合うメーカーが人によって異なりますよね。わたしもなぜか特定のメーカーのバスケットシューズだけピンポイントで合わないとかあったのです……。できれば一緒にいるタイミングで試着してもらいながら選びたいものです。

⑦マッサージ機(〜¥10,000)

小さいころ、お小遣いをもらって父親の肩を揉む……そんな経験はありませんか? どんな仕事をしていても肩って凝りますよね。肩こり知らずの人もたまにおみかけしますが、基本的に全人類凝っているイメージです。

そんなお父さんの肩を癒す、簡易マッサージ機などはいかがでしょう。わたしの祖父母の家に大きなマッサージチェアがあったのですが、訪れるたびに父はトリコになっていました。気持ちよくて眠っちゃうくらい。きっと家族を守るために日々お疲れなのでしょう。

もしかしたら近所でリフレッシュできるマッサージ屋さんのチケットというのも喜ばれるかもしれませんね! よく結婚式のカタログプレゼントにも載っているのを見かけるし、喜ばれるもののはず!

留意点

柔道整復師や整体師さんなどその道のプロだと、もみ返しなどいろいろなことが気になってしまい、市販の製品は使ってくれない可能性もあります。家電屋さんとかでマッサージチェアに座りたくなっちゃうパターンのお父さん以外は、そもそも使ってくれそうかの調査が必要そうです。

⑧タオル(〜¥3,000)

プレゼントの定番、あって困らないものの代表格・タオル。お父さんだと、そこまで素材にこだわらない人も多いと思うのです。そんな人には素材にこだわってみたり、昔懐かしいタオルをプレゼントしてみてはいかがでしょう。

わたしは以前クレパスクレヨンのタオルをプレゼントしたところ、懐かしさと嬉しさのWパンチで喜んでくれました。

留意点

あまりにももらいすぎていて、ありすぎて困る……というお父さんには、持っていないサイズ感で攻めると良いです。わたしの父の場合スポーツ大好きマンなので、どんなサイズでも喜んでくれました。

ステキな父の日ライフを〜

ふだんから感謝の気持ちを伝えている人も、「ありがとう」が小っ恥ずかしくてなかなか言えない人も、父の日に感謝を形で表して喜んでもらうのも良いのではないでしょうか?

きっと喜んでもらえるはずです! それではステキな父の日ライフをお送りください〜。