セブではたらく(インターン)
セブではたらく(インターン)
2019.03.14
LIG PR

年間で60営業日を削減!?競合分析にかかる手間を一気に削減する「eMark+」がすごい。

よすけ

こんにちは、LIGのセールスマネージャーよすけです。

最近の悩みは、Webサイト制作について競合プレゼンの多い中受注率アップのために提案の質をどう向上させるか?ということ……。提案の質を上げるにはクライアントについて、また業界について裏付けのある情報を十分に集め、さらにその情報を分析する時間と能力が必要です。

分析能力には経験値によって個人差があるので、チーム全体で提案の質をアップさせるとなると途方もない時間と労力がかかり、どうしたものかと悩んでいました。

そこで、以前より知ってはいたけれどあまり積極的に利用できていなかった「eMark+」という競合分析ツールの力を借りてみたところ……

Webサイトに訪れるユーザーの細かい情報や、ユーザーに求められるコンテンツが素早く簡単に分析できるようになり、提案の質が向上した結果受注率が17%アップ(当社の場合)しました!

競合分析ツール「eMark+」とは

「eMark+」LP

株式会社ヴァリューズが提供する「eMark+(イーマークプラス)」は、20万人規模のモニター会員の行動ログから、あらゆるサイトへのアクセス状況を分析できるサービス。こうしたサービス自体はほかにもありますが、他社と比較しても「実際にサイトに訪れている人物像がわかること」「裏づけのある情報が用意できること」、そして「競合と比較して自社のつよみが明確になること」が圧倒的な強みです。

「eMark+」を無料でためしてみる

Webサイト制作の提案の質を上げるポイントとは?

提案の質を上げる3つのポイント
    • ポイント①:的確なターゲット策定

→そのために……「クライアントのサイトと業界の現状把握」が必要!

    • ポイント②:顧客獲得へむけた具体的な流入経路の提案

→そのために……「クライアントのサイトと競合他社との比較」が必要!

    • ポイント③:狙ったターゲットが求めるコンテンツの提案

→そのために……「クライアントのサイトの強みとなるクリエイティブを見つけること」が必要!

「eMark+」導入前に必要な項目全てを調べるためには、複数のツールを使って2時間はネットサーフィンをする必要がありました。「eMark+」なら3つのポイントを1つのツールで誰でも簡単に、効率的に調べることが可能です。

今回はお問い合わせの多いサイトリニューアルについて、実際に「eMark+」を使って行なっている提案準備の流れに沿って3つのポイントを押さえる方法をご紹介します。

Webサイト制作の提案の質を上げるポイント①:的確なターゲット策定

たとえばクライアントから、「サイトへのアクセス数は増えているけれど、コンバージョンが上がらない。改善のための施策を考えてほしい」とオーダーされたとき、どんな提案をしたらいいでしょうか。

デザインを変えたり、コンテンツを増やしたりする提案もいいですが、まずは基本となる「現状サイトに訪れている詳細なユーザー情報」を確かめることが重要です。

STEP1 ユーザー分析:質の高い現状ユーザーの調査で顕在顧客を明確に

「eMark+」キャプチャ

「eMark+」では分析したいサイトのURLを貼り付けて検索するだけで、ユーザーの職業、性別、年齢、世帯年収、家族構成といったデータが確認できます。「クライアントが想像するユーザー像と実際のユーザー像が離れている」ということが間々あるわけですが、このデータによって既存ユーザーを明確にすることができます。

ターゲットを想像するには経験とスキルが必要ですが、誰が分析しても正確な結果が出るので分析する人のスキルによる個人差も無くなります。

STEP2 競合サイトとの併用状況分析:競合サイトと比較して未開拓地を発見

クライアントのサイトに訪れるユーザー属性を分析したら、競合サイトのユーザー属性と比較します。クライアントも競合も気づいていない未開拓地を発見したり、競合に競り負けているユーザー層を獲得するための提案が可能です。

「競合と比較して獲得できる層が明確にわかる」これは他社の競合分析ツールにはない強みです。さらにURLを貼り付けるだけで必要な情報が入手できるため、ターゲット分析や競合調査にかける時間は2時間〜4時間削減されました。1ヶ月あたり10件提案すると過程した場合、20時間〜40時間の削減に繋がります。

STEP3 ターゲット策定:ユーザー分析と、競合との比較で見つかった未開拓地からターゲットを絞る

「STEP1ユーザー分析〜STEP2競合サイトとの併用状況分析」をもとに「STEP3ターゲット策定」を行なって、提案資料へ落とし込んでみましょう。

このように現状ユーザーと今後狙っていくべきターゲットがデータで見えて人物像がはっきりするので、提案の導入部分で活用することが多いです。クライアントの理解度が上がり、提案のつかみがとても良くなったと感じています。

早速「eMark+」を活用して提案準備をしてみる

Webサイト制作の提案の質を上げるポイント②:顧客獲得へむけた具体的な流入経路の提案

現状ユーザーを把握し狙うべきターゲットを策定したら、次にターゲットの流入経路を考えます。

STEP4 ターゲットの流入元、行動を確認:潜在顧客獲得の経路を見つける

「eMark+」キャプチャ

クライアントと競合サイトへの流入元を比較すると、競合の出稿先、出稿先からの流入数、流入キーワードが確認できます。さらに詳しく流入経路になっているLPまでランキング形式で見ることも可能です。
「eMark+」キャプチャ

ユーザー属性分析データと組み合わせれば、現状で取りこぼしている層を獲得するために効果的な広告出稿場所や、クリエイティブまで提案することができます。すべてのデータをPCとスマホで分けて算出可能なので、デバイスごとの提案も可能です。

Webサイト制作の提案の質を上げるポイント③:狙ったターゲットが求めるコンテンツの提案

ターゲットの流入経路を策定したら、流入した先でのターゲットに向けたコンテンツを考えます。

STEP5 強みとなるクリエイティブを見つける:流入元となるLPから読まれるコンテンツを知る

「ユーザー数推移」メニューを開き、プルダウンでホストを指定すると最大3階層までディレクトリの指定ができます。
「eMark+」キャプチャ

サイトURLの/以下ごとに分析することができ、カテゴリやページごとの閲覧人数やユーザー層、問い合わせに何割の人がたどり着いているのか確認することができます。

「eMark+」キャプチャ

さらに競合サイトのURLを貼り付けるだけで「コンテンツランキング」も調べることができ、サイト内でよく読まれているコンテンツを知ることが可能です。ランキングではディレクトリ単位でUU数の多い順にURLが表示され、サイト内で最も流入のあるLPを確認することが可能です。

競合サイトでユーザーを獲得しているLPや、そのLPに掲載されているコンテンツを知ることで、クライアントのサイトに追加すべきコンテンツを確実に提案することができます。

▼コンテンツランキングから制作コンテンツイメージを提案する例(メディアサイト制作の提案)

競合サイトへの流入検索キーワードを調べることもできるので、狙うべきキーワードをピックアップして制作すべき具体的なコンテンツイメージまでお伝えしたい場合はこちらも活用してみましょう。サイトを制作したあと、どんなコンテンツを入れればいいの?と運用面に不安を感じるクライアントは多く、「ここまで提案してくれる人はいなかった」と言ってもらえることが格段に増えたように感じます。

+α ターゲットが求めるコンテンツの分析:競合の出稿状況・流入キーワードから具体的な広告クリエイティブをソリューション

「eMark+」キャプチャ

「eMark+」キャプチャ

流入元検索でランキングに出てきたキーワードや広告カテゴリを右クリックするだけで、それぞれの月次推移を確認することができ、競合企業サイトの出稿先、出稿時期まで見ることができます。

「eMark+」キャプチャ

しかも、「初回セッションのみ」に絞って検索することができるので、競合と比較して新規ユーザーの流入経路から新規顧客獲得の施策を考えることができます。サイトリニューアルによるアクセス増に加え、さらに広告施策による問い合わせ増を狙った+αの提案ができる便利な機能です。

提案準備時間の効率化、さらに売上もアップ

確かな情報に裏打ちされた提案は、クライアントにとっても自社サイトを客観的に見る機会になります。チームで使えば全体の受注率が上がるため、あなたのチームに5人のセールスがいる場合、年間1人あたり4000万円売上があるとして、その5人の受注率が17%アップすると……年間3400万円の売上アップにつながる可能性があります。

また1人あたりのターゲット分析や競合調査にかける時間は2時間〜4時間削減されると、1ヶ月あたり10件提案すると過程して年間240時間〜480時間が削減されます。つまり……30営業日〜60営業日分を別の業務に当てられるんです!

>>「eMark+」で売上アップ! 業務効率化!<<

クライアントに感想を聞いてみた

さらに提案先の担当者さんへしっかりと提案内容が刺さっているのが確認すべく、提案の感想を伺ってみたところ……

「良い提案だった」
「自社で想像していたユーザーとはまた別のユーザー層もサイトを見ていると知って、とても参考になった」
「他社では競合との分析をサイトのビジュアルだけで比較して行なっていたが、現状の流入から集客まで分析して提案してくれるところはなかった」
「提案ボリュームに驚いた」

など、大変嬉しいコメントをいただくことができました。

ヒアリングから提案までがかなり短い場合も、「eMark+」を使い分析時間が短縮され、提案を考えるために多くの時間を使えるようになったことが大きな理由だと考えられます。

導入に迷っている方も、無料版があり導入ハードルも低くお試しができるので、「導入してみたけれど使えなかった!」という失敗のリスクもなく、安心して導入することが可能です!

プレゼンでなかなか勝てずに悩んでいる、または受注率を上げたいセールス、アカウントプランナー、Webディレクターのみなさん! あなたの会社でも導入してみてはどうでしょうか。「eMark+」は必ず提案の質を上げ、受注率をアップさせる助けになってくれるはずです。

「eMark+」を無料で導入する