営業の枠から飛び出せ!
営業の枠から飛び出せ!
2019.02.26
LIG PR

何年経っても色あせない。人に寄り添って成長し続ける制作会社「とら」

バンビ

あなたは、自分が働く会社をどうやって選びますか?

日本には数え切れないほどの会社がありますが、入社する会社は1社しか選べません。そのなかから1社を選ぶにあたり、給与、業種、得られるスキルなどを総合して判断する方が多いと思います。

そこに、「人情」や「人柄」という判断基準を入れてみてはいかがでしょうか。

大阪に本社を置き、東京に支社を構える株式会社とら。「デザインとシステムに人情を。」をキャッチコピーとして掲げ、2020年で創業50年を迎えます。

とはいえ、人情だけでやってきたわけではなく、ここまで走り続けてこれたのには理由があるようです。

実際に、同社のエンジニアやデザイナー、そして代表にも話を伺い、とらの魅力を探ってきました。

 

未経験でも制作物が世に出る感動を味わえる

図羅 廣瀬さん

デザイナー:廣瀬さん 新卒採用/26歳 4年目
Webサイトのコーデイングやイラスト制作を担当。ゲームが好きで、友人を誘って新しくゲームを始めようとすると、飽き性なので続かない。最近は裏切らないでちゃんと続けられるか確認されるようになった。ただ会社は飽きずに続けられている。

――デザインを担当されている廣瀬さんがとらに入社した理由を教えてください。

私は新卒入社なのですが、美大卒なのでやはりデザインに関わる仕事がしたいと思って就職活動していました。ただ、未経験でデザイナーとして雇ってくれる企業が少なくて……。

そんなときにたまたまとらの募集を見つけて、「デザイン未経験でもOK」という言葉が目に留まったんです。そこでここしかないと思って応募したところ、採用してもらえて、いまに至ります。

――「未経験でも受け入れてくれた」という面が大きかったんですね。廣瀬さんは実際にどんな仕事をされているんですか。

紙とWebどちらのデザインも担当しています。両方できる機会はあまりないですし、デザインの幅が広がるのでありがたいですね。どちらかと言えばWebが得意で、コーディングも楽しいですし、いろいろ教えてもらいながら日々勉強中です。

図羅 制作実績
▲とらの制作事例。詳しい事業内容・制作物はこちら
 

――今までで強く思い出に残っている仕事はありますか。

入社して1年半くらいの時に、ある大手化粧品会社のキャンペーンサイトのランディングページ(LP)の制作を担当したんです。納期が短いなかで周りが納得できるクオリティに仕上げるのは大変で……。でも、LPが完成したとき、これを見て購入する人を想像したら、大変さが吹っ飛んで「感動」に変わったんです。

――若くても意欲があれば、多彩な案件に携われるのは魅力のひとつですね。廣瀬さんが考えるとらの魅力は何ですか?

図羅 廣瀬さん
わからないことがあっても、優しくフォローしてくれる同僚や上司がいる安心感でしょうか。あとは、なんと言っても「楽しく働けて、楽しく飲みに行ける会社」ですね。

 

転んでも誰かが助けてくれる

図羅 竹田さん

プログラマー:竹田さん 中途採用/33歳 10年目
新規・既存プロジェクトの開発などを担当。ホンダの新型クロスカブを昨夏に買ったことが嬉しく、関東近郊の温泉やスーパー銭湯に浸かりに行き、地酒を買って帰るのがマイブーム。

――竹田さんがエンジニアになったきっかけを教えてください。

以前はプールの監視員のアルバイトをやっていました(笑)。ただ、もっと自分のやりたいことを探したいと思ったとき、パソコンをただひたすら触っていたいな、と。大学の専攻がエンジニア系だったということもありエンジニア職を選びました。

――数ある企業の中でとらを選んだのはなぜですか。

実は、家から近くて未経験でも大丈夫なエンジニア職で検索したら、一番最初にとらが出てきて……。

廣瀬が言うように、実はエンジニアも未経験で採用してくれる企業が少ないんです。なので、未経験OKというのは大きな理由でしたね。ありがたいことに採用通知をもらったので、迷わず入社しました。

図羅 竹田さん
――10年以上働いている理由はどこにあるのでしょうか。

半年に1回、代表との面談があるんです。何でも話せる雰囲気を作ってくれて、思ったことは全て言えます。トップダウンではなく、距離が近いところは魅力のひとつとして挙げていいと思います。

また、周りがいつでも助けてくれるのも大きいですね。新しいことにチャレンジして、たとえ失敗しても周りが丁寧にフォローしてくれるんですよ。なので、怖がらないで120%の力で取り組めていると思います。

あと、2年に1回、研修旅行という名の社員旅行で、ベトナムや台湾など海外に行けることですね(笑)。海外でいろいろな体験ができるのは素直に嬉しいです。

>>プログラマーの採用情報を見る<<

 

いつか恩返ししたいと思える会社

図羅 田口さん

プログラマー:田口さん 中途採用/25歳 1年目
主に既存プロジェクトの開発・保守を行っている。乃木坂46が好きでライブや握手会によく行く。グッズ販売でいつも数時間並ぶため、行列は大得意。猫が好きで飼っているが、服に猫毛が付くのが最近の悩み。

――竹田さんと同じシステムチームの田口さんは、なぜプログラマーになろうと思ったのでしょうか。

以前は、大学図書館の事務で約1年間務めていたんです。でも、別の世界が見てみたくて。私も全くプログラマーとしての経験がないので、ゼロからのスタートでしたね。

――入社当初はどのように仕事をしていたんですか。

右も左もわからない状況だったので、もちろん自分で勉強はしました。ただ、先輩がほぼ1カ月間つきっきりで指導してくれたので、わからないことはなんでも相談していましたね。

先輩も普段の業務で忙しいのに、丸1カ月間丁寧に教えてくれたので、いまの私があると思っています。

私もいつかは頼られる存在になって、後輩へ優しくわかりやすく指導していけたらいいな、と。会社への恩返しの意味も込めて。

図羅 田口さん
――みんなで助け合って仕事をしているんですね。

困った時にはみんなで集まって解決する時もあります。ひとりよりもみんなで知恵を出し合って考えた方が、何倍もの力になりますからね。

――そうやって、みんなで協力する環境が自然にできているのがとらの特徴なのでしょうか。

そうだと思います。困った時は躊躇(ちゅうちょ)せずに聞けますし、何かで悩んでいたら逆に声をかけてくれる時もあります。人の良さがとらの良さですね。

将来的には、子育てしながら仕事をしていきたいと思っています。それを認めてくれる会社ですし、ここで働けることを誇りに思っています。

 

「草食系のトラ」が一番ピッタリかも

図羅 安井さん・辻さん

代表:安井さん(写真左)
東京のデザイン案件ほぼ全てのディレクション業務を行う。Netflixで海外ドラマを見る。バスケットLIVEでバスケを見る。YouTubeでだんじりの動画を見る。取り憑かれたかのように何かを見る。
代表:辻さん(写真右)
システム部の代表。毎週土曜日はフットサルで取り憑かれたように汗を流すのが好きで、休みの日でもアクティブ派。結構出張が多いので、いろんなホテルに泊まって居心地チェックしている。

――最後は代表のおふたりにうかがいたいと思いますが、入社されたのはいつなのでしょうか。

安井さん:2000年ですね。新卒で入社してもう18年になります。

辻さん:自分が好きなことしているとあっという間に時間が過ぎますね。僕は安井さんの8年後の2008年に中途で入社しました。システムやプログラミングに関する知識は一切ありませんでした。

安井さん:その時の代表面接が伝説的な内容だったんですよね?

辻さん:もちろん仕事の話もしましたが、天神橋商店街で売られているコロッケが安くて美味しいよって言われて、なんかほっこりしたんです(笑)。その印象が強いですね。

安井さん:代表面接でそんな話するかっていう(笑)。でも、僕も似たような話をされたような記憶が……。

図羅 安井さん・辻さん
――他の会社とはいい意味で少し変わっていますね。おふたりが働くうえで大切にしていることは何ですか。

辻さん:お客様からしっかりヒアリングして、正確な情報を提供することですね。あとは、お客様との繋がりを大切にしていくことを常に意識しています。

安井さん:僕も同じような考えです。決して自分たちの意見を相手に押し付けることはしません。僕たちはデザインとシステムの専門家ですが、お客様のビジネスの当事者ではありません。当然、その仕事への理解はお客様には到底及びませんので、できるだけフラットな頭でヒアリングし、自分事として理解できるように努めます。

辻さん:大事な考え方ですよね。

安井さん:とはいえ、外部の業者である僕たちに全てオープンに話してくれるわけではないので、相談しやすい雰囲気作りを大切にしています。「とりあえずとらに聞いとくか」ぐらいの存在になれたら嬉しいですね。

――そういった積み重ねが「信頼関係」を生むことになるんですね。クライアントのことを考える丁寧な仕事の様子が伺えます。

安井さん:昔は営業がいたんですが、ここ最近は営業を置かずに横のつながりだけでやっています。

辻さん:そういう関係性を築けるのは、やっぱりとらならではだと思いますね。システムの観点から言うと、長くお付き合いのある保守運用案件が多いのもとらの特徴かなと自負しています。信頼してくれているからこそだと感じますね。

安井さん:いわば僕たちは「草食系のトラ」ですね。

図羅 辻さん
――実におもしろい表現ですね。とらならではの仕事がクライアントに評価されていると思うのですが、これからどんな人と働きたいと考えているのか教えてください。

辻さん:とにかく未経験でもここで働きたいとか、プログラミングの勉強をしてみたいとか、やる気があれば問題ないです。わからないことは1から全て教えていくので、吸収力がある素直な人がいいですね。

安井さん相手の立場に立って物事を考えられる人と一緒に働きたいです。もちろん自分の意見を言うことも大切ですが、信頼関係を築ける人は相手のことを常に思っている人だと思うので。お客様だけでなく社員同士の関係も良好にしていきたいと思っています。

 

あなたを待っています!

図羅コーポレートサイト

未経験でも問題ない。やる気があれば大丈夫。

そんな言葉を謳っている会社は他にもあるかもしれませんが、それを本当に実現し、スキルアップもできるのは、とらならではの「人情」「人柄」があるからなのでしょう。一緒に働く仲間の人情や人柄があるからこそ、不安もなく仕事に打ち込める環境になっているのかもしれません。

会社を選ぶ判断基準に「人情」を加えてみませんか。

求める人物像

  • 未経験でもOK
  • 積極的な姿勢で業務に取り組むことができる方
  • 明るい対応が可能な方
  • 誰とでも柔軟なコミュニケーションを取ることができる方

業務内容

デザイナー
  • 各種印刷物のデザイン
  • Webサイトのデザインとコーディング
プログラマー
  • Java, Oracle, PostgreSQLなどを用いたAWS基盤のクラウド型基幹システム、CMSなどの開発
  • 概要設計に基づいた詳細設計
  • ディレクターと同行してお客様へのヒアリング

未経験だけどエンジニアをやってみたい、少しでもとらに興味がある人は、気軽に問い合わせてみてください。

未経験でも大丈夫。
とらで一歩踏み出してみませんか?