セブではたらく(インターン)
セブではたらく(インターン)
2019.01.21
LIG PR

実績ベースで選ばれるからミスマッチが起きにくい! Web制作のマッチングプラットフォーム「ウェブタメ!」を探ってみた。

ふっせまさぴろ

LIGロゴ前のふっせ

こんにちは、LIGの営業担当ふっせです。

Web制作会社の皆さん! 突然ですが、皆さんは満足のいく顧客獲得ができているでしょうか……? 「いいサービスをって提供しているのに、顧客獲得までなかなか繋がらない……」
皆さんのそんな心の声がありありと浮かんできます。

今やWeb制作会社は星の数ほどありますから、他社とうまく差別化をしていかなくてはいけません。そのため私たちLIGも日々努力しているわけですが……。

 

パソコン画面を見つめながら悩むふっせ

ぶっちゃけ、問い合わせは多くいただくのですが、顧客獲得まではけっこう時間がかかります。しかも問い合わせをいただいたからって、必ずしも仕事に結びつくわけでもないですからね。それって、うちの会社だけでなく多くのWeb制作会社さんからも聞く話だったりします。

ですが皆さん! 実は先日、そんな悩みを解決してくれるようなめちゃくちゃ素晴らしいサービスを見つけたんです!

 

ウェブタメを見つけたふっせ

 

その名も「ウェブタメ!(どやっ)

 

ウェブタメ!とは
Webサイトの制作を依頼したい発注者と、制作会社を結ぶ「マッチングプラットフォーム」。発注者側は各制作会社の制作実績を見て選べるのがポイント。
ウェブタメサイトの実績掲載ページ

このように、作りたいイメージに合う会社をビジュアルで見つけやすいようになっているようです。

会員登録無料で、月額費用もかからないらしいのでまずは登録してみようと思います!

 

ウェブタメに登録してみるふっせ

会社名や担当者名などの基本情報を入力して、アイコンを設定します。

 

ポチポチ……

ウェブタメで作ったLIGのマイページ

5分ほどで簡単にLIGのアカウントページが作成できました! あとは制作実績を掲載するだけ!

従来の仲介サービスは予算ベースで選ばれることが多いけど、制作実績ベースで選んでもらえて、かつ月額費用もかからない。非常に興味がある……うちにとってもメリットがありそうだし、実績も掲載してぜひとも活用したい!

と、いうわけで……!

 

インタビューに行ってみました!のふっせ

ウェブタメ!の運営元であるMtame(エムタメ)株式会社にウェブタメ!をうまく使うコツを聞いてきちゃいました!

ウェブタメ!を作った背景

ウェブタメ担当者の長谷川さん

今回お話を伺ったのは、ウェブタメ!責任者の長谷川潤さん。

ふっせ:制作実績ベースでのマッチングサービスということで興味があります。さっそくですが、なぜこのようなサービスを作ったのでしょうか?

長谷川:従来のサービスでは、「何を基準にして制作会社を選べばいいのかわからない」とか「実際制作を進めてみると想定していた通りのWebサイトにならなかった」という課題があって、それを解決できないかと考えたことがきっかけです。

ふっせ:なるほど、つまりこのサービスを作った背景には依頼する側の課題を解決したいという思いがあってということでしょうか?

長谷川:そうですね、自分たちがWeb制作の事業を10年ほどやっているというのもあり、発注する側の悩みや課題だけでなく、制作側の思いだったりというのもわかるので、そのニーズを引き合わせたいと考えておりました。

ふっせ:Mtameさん自身、Web制作の事業もされているんですね。

長谷川:はい、CMS Blue Monkeyという自社プロダクトもありまして。それも制作会社さんに使っていただくきっかけになればと思っているんです。ちなみに、ウェブタメ!で受注が成立した制作会社さんにCMS Blue Monkeyを使って構築していただいた場合には、成果報酬のところでフィーをいただかないという仕組みになっています。

ウェブタメ!の特徴

制作実績ベースで選ばれる

長谷川さんのお話を聞くふっせ

ふっせ:他のマッチングサイトとの違いはどのようなところにありますか?

長谷川:やはり制作実績をベースとして選ばれるというところですね。Web制作事業をやっているからこそわかるのですが、従来のサービスのように予算ベースだとどうしても作りたいサイトのイメージに齟齬があったりするのでそこを解決したいと思いまして。

ふっせ:なるほど。実績を見て、何が得意なのかがわかって問い合わせをいただけると、その後の仕上がりのイメージにおいてのミスマッチが軽減されそうですね。

一次対応が入ることで予算感のズレも軽減

ふっせ:ちなみにマッチングサイトでよく予算が合わないという課題も感じるんですが、そこのズレはどう対処していますか?

長谷川:はい、直接制作会社さんに問い合わせが行くこともあるのですが、基本的にはウェブタメ!に一旦問い合わせが来て、発注者の希望予算にあったところをヒアリングします。ここでフィルターをかけて、おすすめの制作会社さんを提案する仕組みになります。

ウェブタメが仲介する仕組み図

 

ふっせ:問い合わせをいただいても予算が合わなかったりすると、お互いにとって無駄な時間になってしまうので、ウェブタメ!さんの一次対応が入って条件に合うところとしてふるいにかけてもらえるというのはかなりありがたいですね。

長谷川:はい。また、事前に各制作会社のここが強みとかこのくらいの価格帯が嬉しいといったことをヒアリングすることで、より良いマッチングをさせられるのではと考えています。

価格の「見える化」でより選ばれやすい

対談する長谷川さんとふっせ

ふっせ:そもそも予算が合わないのってWebサイト制作の相場がわかりにくいからだと思うんです。同じようなものでも、企業によって価格はピンキリだったりするじゃないですか。

長谷川:おっしゃる通りで、企業が提示しても、その価格が適切か、相場はどれくらいなのかがわからないので、「じゃあ安い方を選んでおこう」とか「高い方が安心だろう」といったことで選ばれてしまうんです。これを解決するために、価格を「見える化」しています。

ふっせ:見える化、というと?

長谷川:制作実績を掲載するとともに、実績ごとに値段を入れています。実績と値段を提示することで、お客様は自分が作りたいサイトのイメージに合うものを実績から探して、それがだいたいいくらくらいでできるのかを参考にしていただけます。

ふっせ:制作実績から価格を見て選べるのはすごいですね。そうすると予算の齟齬も起こりにくいですね。

ウェブタメ!をうまく活用するコツとは?

制作実績の掲載数を増やして検索上位に

質問するふっせ

ふっせ:今後ぜひともウェブタメ!を活用したいと思っているんですが、うまく使うコツみたいなことってありますか?

長谷川:やはり制作実績をどんどん掲載していただきたいですね。実績登録件数が多いほど、お客様が検索した際上位に表示される仕組みになっています。実際、発注する側からしても実績がたくさん出ている会社の方が信頼できるかと思います。

担当者情報を登録することでファンを作る

お答えする長谷川さん

ふっせ:他に、問い合わせを増やす方法はありますか?

長谷川:これは今後実装予定の機能なのですが、会社のページに飛んだ時に実績や企業情報が並んでいるだけでなく、担当のディレクターやデザイナーはこんな人がいるというような情報も見えるようにしたいと考えています。

ふっせ:作っている人の情報ですか。確かにWeb制作に限らず、さまざまな商品ページで生産者の顔とか名前とか出ていたりしますよね。

長谷川:そうです。その人が作ったサイトなど、詳細を表示したいのです。例えば休日の仕事とか趣味とか……。Web制作をしている時の話なのですが、発注する側の課題として「営業さんとの関係は築いたけど、ディレクターさんはどんな人なのだろう? という不安がある」という相談を受けたことがあります。ウェブタメ!ではそれを解消できるのではないかと思っているんです。

「この人にお願いしたい」という仕組みを表現した図

ふっせ:なるほど。企業から人にまで落とし込むんですね。

長谷川:LIGさんが個人名を出しているように、「この人にやってもらいたい」というような指名が今後特に強くなってくるのではと思うんです。この企業のこの人だからお願いしたい、というようなファンを作るというか……。企業のなかに「人」がいて、発注者と制作者がもっと繋がるというところを今後もっとフォーカスして行きたいですね。

ふっせ:制作実績を掲載すると同時に、価格や担当者の情報などもっと詳細を記載して、「ここにお願いしたい!」と思ってもらえるように今後活用したいと思います! 本日はありがとうございました!

まとめ

カメラ目線のふっせ

ウェブタメ!の登録は非常に簡単でした。PCだけでなく、スマホ版の実績も出せます。また、制作実績をどんどん掲載すべきというアドバイスを受けて、実績を登録してみました。

LIGの制作実績一覧

このように、ウェブタメ!は制作実績ベースで選んでもらえるというのがポイント。デザインを気に入ってくれているということなので受注率が上がりそうだと思いました。それと、ウェブタメ!の一次対応が入って相性の良い発注者さんと引き合わせてくれるのも魅力ですね!

ぜひ、あなたの会社も登録してみては? オススメです!

まずは無料登録でウェブタメを!を使ってみる