Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2018.09.01

今までも、そしてこれからも。「365日遊びの拠点」LAMP野尻湖4周年記念パーティーの模様をお届けします。

ハダタロー

こんにちは、エディターのハダタローです。

豊富な雪に恵まれ、スノーボーダーにとっては理想的な環境の長野・信濃町。僕はそんな信濃町のLIG野尻湖オフィスで働くことに憧れてLIGに入りました。入社して1年が経った今、東京のオフィス勤務がメインではあるものの、月に数日は野尻湖オフィスで働く「二拠点生活」にも挑戦しています。

LIGはこの野尻湖エリアで、サテライトオフィスだけでなくゲストハウス「LAMP野尻湖」とアウトドアスクール「サンデープラニング」も運営しています。

キャッチフレーズは、「365日 遊びの拠点」。

春は山菜採り、夏は野尻湖をベースにカヤックやSUP(スタンドアップパドルボード)、秋はきのこ狩り、冬はスノーシューや歩くスキー……春夏秋冬、自然に恵まれたこの場所ならではの遊びがあります。

LAMPはゲストハウス兼レストランでもあり、ランチではグルメバーガー、ディナーは地元長野の食材を使った料理を味わうことができます。

ゲストハウス、レストラン、アウトドアスクール、それらすべてを楽しめるのがLAMP野尻湖です。

そんなLAMP野尻湖が、リニューアルオープンしてから2018年6月30日で4周年を迎えました! 今回の記事では、その4周年記念パーティーイベントの様子をお伝えします。

▼昨年の3周年記念パーティーの様子はこちら。

LAMP4周年 最高の1日

LAMP野尻湖4周年パーティーの看板です

LAMPの周年イベントには「お客様や地元の方、日ごろお世話になっている方への感謝を伝えたい」という思いが込められています。

大自然の中で思いっきり遊んで、美味しいものをお腹いっぱい食べて、いい音楽を聴いて踊って、そして夜はLAMPでぐっすり眠って……とにかく最高の一日にしてほしい。そのため、アクティビティも飲食も、この日だけのお得な価格になっています。

広大な野尻湖でのSUP、カヤックなどのアクティビティ、大自然の中で行う「ソラヨガ」、そしてヌメ革を使ってオリジナルバッグを作るワークショップ、青空美容室や整体といった体験ブースの出店、夜はBBQ……。

そして目玉イベントとして、1周年記念パーティーのときから参加してくれている人気インストゥルメンタルバンド「Nabowa」のライブが行われました

そんなLAMP野尻湖の魅力が凝縮された1日の模様をお届けしたいと思います!

広大な野尻湖をベースに楽しむ カヤック&SUP

カヤックとSUPの準備

まずは、LAMPから徒歩30秒の野尻湖を満喫するアクティビティツアーからイベントがスタート! 野尻湖をベースに楽しむカヤック&SUPは夏のLAMPの代名詞です。

「サンデープラニング」のアクティビティは、経験豊富なガイドがついてサポートしてくれるので、初めての人も安心して参加できます。お客さんの中にも、この日初めて挑戦する方がたくさんいらっしゃいました!

 

カヤックを漕いでいる様子

カヤックは、「パドル」という道具を使って船を漕ぎ進めるウォーターアクティビティ。二人乗りの舟もあるので、友達や子どもと一緒に楽しめます。最初は二人の息を合わせるのが難しいかもしれませんが、慣れてくるとどんどん加速して、野尻湖の風を全身に感じられます。

 

ガイドの遊さんによるSUPツアーの様子

こちらはベテランガイドの遊さんによるSUPツアーの様子。SUPはボードの上でバランスをとりながら漕ぎ進む、カヤックより少し難易度の高いスポーツですが、乗り方や漕ぎ方を丁寧に説明してくれるので、1〜2時間程度で漕げるようになります。夏の快晴の中、広大な野尻湖の湖面で遊ぶのは本当に気持ちいいですよ!

4周年限定メニュー「チョリパンランチ」

チョリパンを待つお客さん

LAMP野尻湖のランチといえばグルメバーガーなんですが、この日はお休み。というのも、今回の周年パーティーでは「LAMPスタッフの好きなものを知って欲しい!」ということで、東京・代々木上原のチョリパン専門店Mi Choripanさんによるスペシャルランチが用意されていたのです。

 

スタンダードなチョリパン

「チョリパン」とはアルゼンチンのソウルフードで、極太のチョリソーとトッピングを挟んだ料理のこと。普段食べる機会の少ないチョリパンを食べられるとあって、みんな楽しみな様子!

僕は今回が初めてだったので、スタンダードなチョリパンをチョイスしました。絶妙な酸味と極太チョリソーの肉汁がベストマッチ。ちなみにチーズやパクチーのトッピングもあってどれもめちゃくちゃ美味しそうでした。

甘いレモンの皮がやみつきになる「本気のレモンサワー」

そして、あの人気フェス “森、道、市場” にも出店した”LAMP酒場” では、スタッフのもっちさんが「本気のレモンサワー」「本気のレモンスカッシュ」を作っていました。

もっちさんとレモンサワー

このレモンサワー、シロップの中に無農薬のレモンの皮がそのまま入っているんです。キビザトウに漬けることで食感も良くなったレモンの皮は、味だけでなく香りも楽しめます。絶妙な甘味と酸味でやみつきになること間違いなしの1杯です。

本気のレモンサワー × 「無添加メルゲーズ」 = 無限ループ

無添加メルゲーズを焼いてます

お次は、羊飼い松岡さんの「無添加メルゲーズ」をいただきました。長野県信州新町で羊飼いをしている松岡さんは自身の羊の肉のみで作るプレミアムソーセージとハラール羊肉を使用してプロデュースした三種類の本格ソーセージ、オリジナル・ハーブ・メルゲーズを調理販売しています。

こちらのメルゲーズは、信濃町の道の駅でも販売されている人気の商品。ジューシーかつスパイシーなメルゲーズとさっぱりしたレモンサワーとの相性はバッチリで、これだけで無限ループできそうです。

中目黒の名店「東京台湾」のあの味が野尻湖で!

東京台湾のルーローハン

LAMPシェフのマメさんとスタッフのさきさんも大好きな東京・中目黒の名店、東京台湾も出店。僕は人気メニューの「魯肉飯(ルーローハン)」をいただいたんですが、トロトロの豚肉がおいしくて、2杯もおかわりしてしまいました! ほかにも水餃子や台湾風カルパッチョなど、東京台湾ならではのおつまみメニューがたくさんあり、夜まで盛況でした。

食も遊びも楽しみ方は自分次第

今年は周年イベント初の試みとして、「LAMPスタッフがいいと思うもの・好きなもの」をみなさんにたくさん知ってもらおうと、さまざまな業種のみなさんにお声がけして参加していただいたそうです。ブースの数も昨年より増え、非常にバラエティに富んだイベントとなりました。

大自然のなかで身体をほぐす「ソラヨガ」

湖畔でのソラヨガの様子

朝10時から行われた、湖畔での「ソラヨガ」体験。先生をしてくれるのは信濃町のお隣妙高でヨガ講師をしているカレンさん。

こんな大自然の中でやるヨガは、ほとんどの人は初めてではないでしょうか。上は青空、下は緑、目の前は野尻湖というのは、ここにしかないロケーションです。

ソラヨガが終わってスッキリな様子

まずは、ヨガの呼吸法から始めていき、呼吸が整ったら、ゆっくりと体を伸ばしていきます。「太陽礼拝」をはじめとした基本のポーズからいろんな動きをみっちり1時間ほど。とても気持ちのいい時間でした。

値段はup to you、「青空美容室」でゴウさんが坊主に……!

さまざまな体験ブースの中で、ひときわ異彩を放っていたのが「青空美容室」。名前の通り、屋外で髪をカットしてくれます。彼らはLAMPシェフ・けいごくんの友人で、今回は友情出店してくれたのだそう。

ゴウさんがカットされている様子

社長のゴウさんもカットしてもらっていたんですが、坊主頭がちょっと短い坊主になっていました。ちなみに、この青空美容室のお値段はup to you(あなた次第)。自分が払いたいと思った金額を支払います。

LAMPの美味しいコーヒーの秘密ここにあり「Foret coffee」

松澤さんのForet Coffee

信濃町出身の松澤さんが提供してくれるのは、自家焙煎の美味しいコーヒー「Foret coffee」。実はLAMPで出しているコーヒーは、松澤さんが焙煎したものをオープン当初からずっと使い続けているんです。LAMPではコーヒーをテイクアウトしていくお客さんも多いですが、LAMPのコーヒーが愛されている秘密は、松澤さんのオリジナルブレンドにあったのでした。

ちなみに松澤さんは、二週間前にご自身のお店をオープンしたばかり。その忙しい合間を縫って駆けつけてくれました。

リラックス効果も!スパイスとはちみつの優しい味わい「PRANA CHAI」

野村さんとPRANA CHAI

こちらのブースは、スリランカの高級茶葉をベースに世界中から集めたスパイスとオーガニックはちみつをブレンドした健康志向なチャイティー、「PRANA CHAI(プラナチャイ)」。化学製品も砂糖も不使用で、スパイスや茶葉によるリラックス効果もあるんだとか。今回は、PRANA CHAI JAPAN代表の野村さん自らが淹れてくれました。

骨盤から小顔矯正まで疲れた体を癒してくれる「ワンコイン施術」

ワンコインでの整体施術

アクティビティで疲れたみんなの体を癒してくれたのが、長野市で姿勢矯正院を営む 「ともくんのワンコイン施術」。500円をお支払いするだけで、骨盤の歪みを整え小顔矯正もしてくれます。ガチガチに凝り固まった肩も、スタッフの方の手にかかれば、途端に軽くなります。

子どもも大人も楽しめるブレスレット作りのワークショップ 「NATURAL ANCHORS」

NATURAL ANCHORSの

こちらは大人も子ども楽しめるカラフルなパラシュートコード(パラコード)で作るオリジナルブレスレットのワークショップ 「NATURAL ANCHORS」。自分の好きな色のコードをマクラメ編みで編み込み、でき上がるのは世界でひとつのブレスレット。

 

ホイッスル付きパラコード

このワークショップは、特別な道具を使わないので小さなお子さんでも気軽に参加できます。できあがったブレスレットは、アクセサリでありながらブレスレット部分をほどくとアウトドアで使える緊急用ロープにもなる、優れものです。

機能性よし、デザインよし、けいごくんも愛用のオリジナルエプロン「CUMO」

CUMOのオリジナルエプロン

こちらはデニムの産地岡山県を拠点に活動している 「CUMO」。LAMPシェフのけいごくんも、こちらのオリジナルエプロンを何年も愛用しています。岡山県産の高品質デニムを使用しており、使っていくうちに味が出てくるのだそう。機能性よし、デザインよしの一品です。ぜひ、LAMPに行ったら使い込まれたけいごくんのエプロンに注目してみてください。

オーガニックな素材にこだわったお菓子「てらこや」

カレン先生のてらこや

ソラヨガの先生、カレンさんのブース「 てらこや」。こちらでは、素材にこだわったオーガニックなクッキーやパウンドケーキを購入できます。体に優しいおやつは、子どもと一緒に参加したお母さんたちに特に人気でした。

子どもたち大興奮のカラフルわたあめ「わたあめ屋 けんちゃん」

カラフルな綿あめと子ども

子どもたちに人気だったのが、カラフルなわたあめを提供してくれる「わたあめ屋 けんちゃん」。ピンク、緑、青のいろんな色が入ったカップ売りと、子どもたちの顔くらいもある巨大なわたあめが買えます。夏祭りといえばわたあめですよね。家族連れで来ていた子どもたちも大喜びでした。

千差万別のヌメ革を組み合わせて世界にひとつのオリジナルバッグを作る「SCHOOL of NPW」

SCHOOL of NPWのワークショップ

LAMPの室内で行われていたのは、「SCHOOL of NPW」のヌメ革ワークショップ。ヌメ革のハギレを繋ぎ合わせて世界に1つのバッグを作るワークショップです。色、質感など千差万別の形のヌメ革から自由に素材を選び、それを金槌でカシメていくシンプルな作業。

参加者のみなさんは作っていくうちにどんどんイマジネーションが膨らみ、「ここにこの皮を組み合わせよう、この色を加えよう」と、時間を忘れて熱中している様子でした。

地元野菜と巨大ステーキの豪快バーベキュー

コンロの上には巨大ステーキ

日が落ちてきたら、いよいよお待ちかねのバーベキュータイム。コンロの上に乗るのは巨大ステーキと地元長野の野菜、ステーキはシンプルな味付けと特製ソースをお好みで。地元で採れた新鮮な野菜をグリルで焼くことで、おいしさが何倍にもなります。

 

肉に集まるお客さん

いい匂いにつられて、どんどんお客さんが集まってきます。牛・豚・鳥・ソーセージと大量にあったお肉も、ものの1時間半ほどで売り切れになってしまっていました。

お肉を食べ終わる頃には陽も沈み、4周年パーティーの目玉イベントの時間です。

4周年パーティーのメインイベントは、Nabowaのスペシャルライブ。

Nabowaのリハーサル

夜の目玉は、ヴァイオリン、ギター、ドラム、ベースの4人で編成される人気インストゥルメンタル・バンド、Nabowaのライブです。

フジロックフェスティバルなど国内各地のフェスにとどまらず、台湾など海外での活動も精力的におこなうNabowa。LAMPの1周年パーティーから毎年出演してくれていて、今回が4回目の出演になります。Nabowaのライブを楽しみに、LAMPの周年パーティーに参加してくれるお客さんも多いのだそう。

 

Nabowaのライブカット1

LAMPでのライブの魅力は、なんといってもNabowaとの距離がめちゃくちゃ近いこと。こんな間近で演奏を聴けるのはLAMPだけです!

 

Nabowaのライブカット2

きれいなヴァイオリンの音色にギター・ベース・ドラムの音が絡み合うNabowaのサウンドは、暖かみのあるLAMPの雰囲気とすごくマッチしているように思いました。

 

Nabowaのライブで盛り上がるお客さん手拍子

序盤はゆったりと聞き入っていたお客さんも、ライブが進むにつれ、徐々にボルテージが上がっていきます。曲調もだんだんと激しくなっていき、自然と観客からも手拍子が。ジャズともロックとも少し異なる独特のグルーヴ感に引き込まれ、アンコールの頃にはみんなが飛び跳ねるくらいの熱狂状態に。

 

Nabowaのライブで盛り上がるお客さん正面

僕自身、Nabowaのライブを初めてみたのですが、この日を境にNabowaの音楽にすっかりハマってしまいました。LAMPの周年パーティーがここまで大きくなったのも、毎年こうしてライブをしてくれるNabowaの存在があってこそなんですね。

 

Nabowaの啓さんによる麻婆豆腐

ライブの後には、先ほどまで演奏していたNabowaのヴァイオリニスト・啓(ひらく)さんによる麻婆豆腐が会場のお客さんに振る舞われました。啓さんのお手製とあって大人気で、一瞬でなくなっていました。

 

Chilly SourceのDJタイム

そしてパーティーの締めは、LIGの人事でもあるAKITOをはじめとしたChilly SourceDJたちによる「Chill」な時間です。90年代のハードコアな日本語ラップから最新のチューンまで、ヒップホップ好きの心をくすぐるダウンテンポな選曲に、会場もだんだんチルアウトしていきます。

最高の空間で楽しむいい音楽、美味しいお酒とバラエティに富んだフード。LAMPで流れる時間のすべてが楽しくて、この時間が終わってしまうのが名残惜しい……。最後の一瞬まで、楽しさと心地よさで溢れた4周年パーティーでした。

4周年パーティーを通して気づいたLAMP野尻湖の魅力

野尻湖のほとりにゲストハウスLAMPがリニューアルオープンして、はや4年。この日に至るまで、本当に数多くの人の苦労・努力があったと思います。

自然豊かなこの野尻湖エリアで、「ゲストハウス兼レストラン兼アウトドアスクール」として、ひときわ個性を放つLAMP野尻湖。この記事をきっかけに一人でも多くの方が足を運んで、LAMP野尻湖の魅力を感じていただけたら、とても嬉しいです。

今までも、そしてこれからも、LAMP野尻湖が最高の場所であり続けますように。

ゲストハウス「LAMP野尻湖」公式サイト