づやの夏休み
づやの夏休み
2018.04.22
#31
それゆけ!カリカチュア帝国

不可能に挑戦する地域活性化団体「北海道どさんこパンチ」の考える「いい国」とは?

田中ラオウ

うぬらこんにちは!
カリカチュアの帝王、田中ラオウ(@raoutanaka)です。


今回は北海道で地域活性化に取り組む団体「北海道どさんこパンチ」代表の大井弘幸さんへのインタビューの模様をお送りします。

「北海道どさんこパンチ」とは
道民有志で結成された、北海道の地域活性化に取り組む団体。「地域活性化キャラバン」と銘打った講演活動を行っている。
Facebookページ:https://www.facebook.com/dosapan/

僕は北海道出身者なので北海道経済はいつも気にかけてるんですが、ずいぶん前から人口減少や高齢化で苦しんでる地域がたくさんあります。

特に2007年に財政破綻した夕張市の財政再建はミッション・インポッシブルとも言われていて、税収8億円に対して返済額が年24億円となっています。また、市の人口約8,500人に対して65歳以上の高齢者の割合は50%を超えており、日本最高の高齢化率になっています。

(夕張市は2018年現在、300億を超える返済額のうち100億以上を返済しています。職員減少による人件費削減や市民負担もありますが、鈴木直道市長も自身の給与を70%カットして頑張り続けています。みなさんどうか夕張を応援してください。ちなみに鈴木市長は若くてイケメンです。)

そしてこの夕張の問題は日本の縮図とも言われており、そっくりそのまま日本全体にも当てはまる状況だと思います。この問題に私たちは今後どのように立ち向かっていくべきなのか、お話を聞いて来ました。

ico 北海道どさんこパンチ 代表:大井弘幸北海道赤平市市民生活課に勤める自治体職員。公務員でありながらラジオパーソナリティ、ライター、役者としての顔も持ち、「北海道で1番ぶっ飛んだ自治体職員」としてまとめサイトで取りあげられたこともある。
ico
大井さんこんにちは。今日は大井さんが代表を務めている「北海道どさんこパンチ(以下どさパン)」が取り組む地域活性化の活動ついてお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。
ico
ラオウ! よろしく!
icoどさパンは北海道の地域活性化を目指して、道民有志で作られた団体とのことですが、具体的にどのような活動をされているのでしょうか?
ico
「北海道から北海動へ! 道民から動民へ!」をスローガンに掲げ、2011年から全道14管内を巡る地域活性化キャラバンを行なっています。今年の6月(2018年6月9日)には14管内目である石狩管内(北広島市)でファイナルを開催します。

地域活性化のビジョン

icoキャラバンでの講演はどのようなテーマで行われているんですか?

ico
私たちは地域活性化の在り方を模索した結果、以下のようなビジョンにたどり着きました。

 

「どさパン」のビジョン
・地域活性化にゴールという定義はなく、地方、地域、現場が無限に継続しなければいけない永遠のテーマである。

・国に依存したり、補助金頼みになったり、政治行政を批判してもマチは何も変わらない。

・都市部の一極集中ではなく、地域自らが行動し発信することで、地方と国を繋ぎ、それを活力として地域活性化を実現していくことが不可欠である。

ico
全道を巡るキャラバンで出会った人たちとの絆を大切にして、広い北海道に散らばる決して無力ではない微力を集め、北海道の真の自主自立を考える基礎としていくことが私たちの活動目的なので、ビジョンに共感いただいた有識者の方に講演をお願いしています。

北海道初!無補助の有志団体

icoどさパンは北海道初の「無補助」の団体とのことですが、無補助とは一体どういうことなのでしょうか?
ico
私たちのような活動は得てして、税金からなる補助金を受け活動するものなのですが、どさパンは地域が自主的に志を持って、税金や補助金に頼らないという理念がありますので、100%ボランティア参加者で活動を続けています。
ico皆さんプライベートの時間を削って活動されてるわけですね。その情熱の源のお話を伺いたいのですが、どさパンの設立に至る経緯はどのようなものだったのでしょうか?
ico
やはり2007年の夕張市の財政破綻がひとつのきっかけです。道内の炭鉱マチも連鎖破綻の脅威に晒される中、地域住民に諦めムードが広がっていることを肌で感じていました。そのネガティブなムードを打破しようと道民有志で講演会を開催したのがどさパンの始まりです。

活動の様子


どさパンキャラバン13ヶ所目 胆振管内

首相官邸にて、菅官房長官と、どさパンファイナル登壇者のひとり、坂井総務副大臣との会談

タイからのインバウンド受け入れ

どさパンファイナル登壇者のひとりニセコ町長片山健也氏と

國學院大學北海道短期大学部にて、地方創生のシンポジウム

どさパンファイナル登壇者のひとり、十勝バス野村社長との懇談

北海学園大学にて、坂井総務副大臣を招いた社会人のまちづくり勉強会

文化講演会「地域で生き生きと過ごすために」

活動の成果

icoこれまでの活動がどのような成果につながっていると感じていますか?
ico
地域活性化活動とは、政治・経済のようにすぐに結果は出ません。地味で地道な行動が、地域の地力に変わっていきます。そして「ひとづくりなくして、まちづくりはない」と言っても過言ではないように、この全道キャラバンでつながってきた人脈が成果であり財産だと心から感じております。
ico日本には北海道以外にも苦しんでる地方がたくさんあります。どさパンはそんな地域が参考になるような考え方や活性化のノウハウを持っている思います。ほかの地域に伝えたいことはありますか?
ico
北海道夕張市の財政破綻をはじめとする炭坑マチの「悪い良い例」をしっかり学び第二、第三の夕張にならないような地域活性化を進めて欲しいと思います。そして、神様でも止められない人口の自然減など多数の課題や問題はありますが、地域のひとりひとりが自らの郷土に愛情と愛着を持って諦めないで行動を続けて欲しいと思います。

いい国とはなにか

ico僕は日本がよりいい国になって欲しいと願っているんですが、大井さんが考えるいい国とはどのようなものかお聞かせ願えますか?
ico
国、行政、政治任せにするのではなく、地域や現場、そこで生活をする地方の人たち、そのマチに骨を埋める覚悟を持って人生を送っている住民ひとりひとりが、しっかり国に声を上げ、自分の幸せを自らの手で実現する国こそ、いい国なんじゃないかと思っております。
ico今日はお忙しい中ありがとうございました。最後に告知などありましたらお願いします。
ico
2018年6月9日のファイナルには是非お越しいただきたいです。
先日北海道日本ハム新球場の建設予定地が人口6万人の北広島市に決定したように、地域が諦めないで声を上げ続けたら人口200万人都市の札幌に北広島が勝つような奇跡も起こります。

ico
そして、ラオウがデザインしてくれたこのポスターのように、どんなに強力な矢があっても、弓がなければ放つことができません。ファイナルでは参加したひとりひとりが地域の弓となり、日本中に地域活性化の矢を放っていきたいと思いますので、多くの皆様のご参加を心からお待ちしてます。
ico
最後に、地域活性化の活動とは政治のように期限はありません。北海道どさんこパンチの全道キャラバンは6月のファイナルをもって7年の活動にひと区切りを打つことになりますが、今後も全国、全道の地域から必要とされたときは、どこにでも駆けつけます。北海道どさんこパンチ、地域活性化は永遠に不滅です!
北海道どさんこパンチ
ファイナルin北広島(石狩管内)
【開催日時】2018年6月9日(土) 13:00~

【開催場所】星槎道都大学講堂
(〒061-1101 北海道北広島市中の沢149)

【講演テーマ】

≪国と地方のつながり≫
総務副大臣
衆議院議員 坂井学

≪真の地方自治≫
ニセコ町長 片山健也

≪地方の道と交通≫
十勝バス株式会社
代表取締役 野村文吾

【お問合せ】080-6011-5664 担当:浦野

【主催】北海道どさんこパンチ

Facebookページ

 
 
田中ラオウへのイラストのご依頼、各種お問い合わせ

田中ラオウyoutubeチャンネル

田中ラオウInstagram

田中ラオウ公式Webサイト「The Artwork of Raou Tanaka

田中ラオウ監修の似顔絵販売「似顔絵制作ドットコム

1