LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2018.05.20

「勝手にどこでもオフィス」セブ島 へ行ってきました 〜お仕事編〜

まさし

こんにちは。 Webディレクターのまさし(右から2人目)です。

皆さん、夏はお好きですか?
僕は、夏が好きです。

ここはフィリピンのセブ島。365日が夏(休み)です。

セブの海の様子の画像

毎日夏になればいい……と思っていたら、いつの間にかフィリピンのセブ島へ出張に来ていました。

フィリピンのセブ島って、実はけっこう大きいんですよ

セブ島は、フィリピンの中部に位置しています。
まわりを島で囲まれており、海が穏やかです。

面積としては、沖縄県の倍くらい。(沖縄本島と比較すると3~4倍)
人口は約300万人で、中心となる都市セブシティは、フィリピン国内でも5番目の大都市です。

ちなみに沖縄本島の人口が約140万人、福岡市の人口が約150万人、札幌市の人口が約190万人、名古屋市の人口が約230万人、横浜市の人口が約370万人なので、実はセブ島には、けっこうな人が住んでいるんです。

LIGの第3のオフィス iioffice Cebu

iioffice CEBUの看板の画像

LIGは、2年前からフィリピンのセブ島にオフィスをかまえています。

東京本社、長野のサテライトオフィスに続く、3つ目のオフィスです。

iioffice CEBU内の様子の画像1

iioffice CEBU内の様子の画像2

LIGのメンバーは、フィリピン出張の時には、このオフィスでリモートワークで仕事をすることができます。

コワーキングスペースとしても解放しているので、LIGのメンバーじゃなくても、利用可能です。とても仕事しやすいので、セブに行く用事がある時は使ってみてください!(そんな用事、あまりないか……笑)

社会人たるもの出張はスマートに行うべし

セブのマクタン空港の送迎ロータリーの画像

日本〜フィリピンの移動は土日にし、平日は日本のワークスタイルと同じスケジュールで仕事をします。日本との時差は1時間。日本より1時間遅くなるので、日本の10時が始業の場合、フィリピンは9時が始業となります。

土曜日にセブ向かって、土曜日に日本に帰る

セブのマクタン空港内部の様子の画像

東京からセブまでは、直行便で約5時間程度。僕らが行った2月の航空券の費用は、往復で4万円前後でした。安い時期はLCCでもっと安く行けます!もちろん、大型連休などのハイシーズンは、とても高くなります。

持っていく服は夏服でOK

セブ島は、年間通して気温が27℃〜30℃あります。1年中夏ですね。雨季と乾季に分かれており、6月から11月までは雨が多いみたいです。

ただ、建物や乗物の中は、エアコン効きすぎの極寒です。南国あるあるですね。

暑がりな男性も「寒い」と思うくらいなので、1枚羽織るものを持っておいた方が安心です。

iioffice CEBUの看板前で腹を出すLIGのWebディレクターわたるの画像

中には寒くない人もいるみたいなんですけど……ごく稀ですね。

フィリピンでは、このヘソ出しスタイルが流行り!?のようです。

移動はすべてタクシー

セブのタクシーのメーターの画像

セブ島には、鉄道がありません。

移動にはタクシーを使うのがオススメです。

日本みたいに高くありませんので、気にせずガンガン使えます。
30~40分乗っても、200ペソくらい(日本円で500円程度)です。

タクシーは、ボッタクリもいるので要注意。
「Please use meter.(メーターを使ってください)」
と伝えれば、ごまかしは効かないので、ぼったくられません。

あと、フィリピンでは「Grab」というタクシー配送アプリが一番メジャーです。

アプリなら、行き先を指定してから乗るので、英語での目的地までの説明も不要。金額も確認できるので安心です。

セブのタクシー運転手に行き先を伝えている画像

セブ島は、車社会なので、通勤ラッシュの渋滞がひどいです。
移動の際は、朝と夕方の渋滞時間を避けての移動をオススメします。

バイクも多く、2人乗り3人乗り4人乗り……5人乗りなんてバイクも見かけたりします。
ただし、タクシーは4人までしか乗れませんので、呼ぶ台数にはご注意ください。
後部座席は3人掛けなので、体の大きな人は助手席に座らないと、うちのワタルさんのように怒られちゃいます。

「Big one. You ride in front.(ビックワン。お前は前に乗れ)」

LIGのWebディレクターわたると、デザイナー藤田の画像

彼は、後ろの席に乗ろうとしたら怒られていました。

「ぜんぜんいいじゃん」セブ島の仕事環境

iioffice CEBUの居心地のよいソファの画像

iiofficeの中では、日本とまったく変わらないインフラ環境にて仕事ができました。
電話は国際電話となってしまうので、LINEやFacebookなどインターネット回線を使った電話となりますが、支障ありません。

メンバーみんな一緒だから生産効率も落ちない

iioffice CEBUのテーブルの画像

チームメンバー全員で出張したので、仕事に関しては日本と変わらない環境で行えました。

iioffice CEBUで仕事しながらくつろぐLIGのデザイナーけんてぃ

iioffice CEBUで真剣に仕事するLIGのデザイナー藤田

営業時間内は、いつも通りの仕事風景でした。

iioffice CEBUの会議室で仕事するプレジデントのせいと

iioffice CEBUで仕事をしている様子の画像2

オンラインMTGも、普段どおり。

iioffice CEBUで仕事をしている様子の画像3

iioffice CEBUで仕事をしている様子の画像4

仕事は快適に行えました。

ホテルや飲食店は、Wi-Fiが弱いところも多いので、作業をするならiiofficeがオススメです!

チームビルディングに、フィリピン出張はいかがですか?

セブの海の様子の画像1

日本だと、決まった時間だけギュッと一緒に作業しますが、初めてのセブ島ですと、一人で行動するのは不安すぎて、ほとんどみんなと一緒に過ごします。

1週間も、四六時中行動を共にしたので、ストレスフルなタイミングもありましたが、チームの絆も深まった……はず。笑

セブの海の様子の画像2

セブの海の様子の画像3

チームビルディングと、海外視察を兼ねて、フィリピン出張に来てみませんか?

初めてフィリピンに行った3人に、一言ずつもらいました

みなさん、どうでしたか? フィリピンは!

リョーチン

LIGのデザイナー藤田

「日本に戻りたくない」

とっても、楽しかったのでしょうね。
また行きましょう!

ワタル

LIGのWebディレクターわたる

「ガハハハハ。また行きたい」

手のひらよりも大きなヤモリに襲われた経験も、今となってはいい思い出ですね。
また行きましょう!

けんてぃ

LIGのデザイナーけんてぃ

「次、いつ行けるんですか」

けんてぃは、入社して2週間で、いきなりの海外出張でした。
セブオフィスに日本人スタッフも増やしていきたいので、次行けるときは、片道切符となるでしょう。

まとめ

東京からたった5時間で行けちゃうフィリピン。
冬に夏を感じたくなった時や、異国の雰囲気を手軽に感じたいときにオススメです!

iioffice Cebu には、日本語も出来る親切なスタッフがたくさんおりますので、セブ出張の際は、是非ご活用ください!

次はいつ行けるかな〜