LIGPR

簡単運用!解析も!至れり尽くせりなハッシュタグキャンペーンの運用管理ツール「Two Good」が凄かった

きょうへい


簡単運用!解析も!至れり尽くせりなハッシュタグキャンペーンの運用管理ツール「Two Good」が凄かった

こんにちは、マーケターのきょうへいです。

みなさんハッシュタグキャンペーンってご存知ですよね? ユーザーに#(ハッシュタグ)をつけて投稿してもらい、情報を拡散してもらうプロモーション方法の一つです。ユーザーは気軽に参加でき特典を得られる場合が多く、企業は自社サービスや商品に対する反応を集めることができます。

LIGでは、長野の自然やアクティビティを満喫できるゲストハウス「LAMP」、御徒町で鯛茶漬けのみを提供するこだわりの専門店「鯛茶STAND」という事業を展開しています。ハッシュタグキャンペーンとは相性が良いから、簡単に管理できるツールがあれば導入を検討してみたいと思っています。

だけど、担当している通常業務をこなしながら、キャンペーンの管理と解析も……って大変じゃないですか?

そんな悩みを解決してくれる、キャンペーンの運用管理ツール「Two Good」(ツーグー)を展開する有限会社AS Realの代表・藤田さんに、お話を聞く機会をいただきました。導入のメリットや魅力、実際に「Two Good」の特徴を活かしたプロモーション事例を交え、話を伺いました!

藤田顔抜き-00049

As real:藤田さん
海外で友人と事業を起こしたあと、日本へ帰国。帰国後に、ハッシュタグキャンペーンツール「Two Good」を展開している。

Webマーケティング担当者も納得!「Two Good」の4つの魅力

初期費用0円でハッシュタグキャンペーンが簡単にはじめられる!

これはtwo goodの記事の画像です01

kyohie
ハッシュタグキャンペーンの運用管理ツールの中で、「Two Good」とその他のツールとの違う強みは何ですか?
fujita
まず大きなメリットといえるのが「Two Good」は、初期費用0円、最短5分で運用が開始できることです。例えば、制作会社さんが企業から依頼されてSNSのプロモーションをおこなうとなると、少ない予算としても大体80~100万円くらいでおこなうことが多いと思います。ですが「Two Good」は初期費用0円、月額5万円から利用できるので、ハッシュタグを活用したSNSプロモーションを低コストで実施することができます。
kyohie
費用対効果は絶対に外せない要素なので、低コストで導入できるのは嬉しいですね。
fujita
例えば制作会社が「Two Good」を導入していれば、さまざまなクライアントに対して、積極的にハッシュタグでのプロモーションを提案できます。さらに1万円の追加オプションで別のキャンペーン用のプロジェクトが増やせるので、まったく別のクライアントのキャンペーンを展開することも可能です。案件が重なった月だけこのオプションを追加するなど、プロジェクトの増減が柔軟にできる点も魅力の一つだと思います。

これはtwo goodの記事の画像です02

▲画像はサンプルです。

kyohie
クライアントのプロモーションが終了したら、増やした分のプロジェクトを元に戻すこともできるのでしょうか?
fujita
もちろん可能です。定額5万円さえお支払頂いていれば問題ありません。また「Two Good」は、簡単に本格的なSNSプロモーションをおこなえることを目的としたサービスです。
kyohie
実際に導入するとなると、設定にはどれくらいの時間がかかりますか?
fujita
一般的なマーケティングツールは設定から運用開始まで2、3日かかる場合もありますが、「Two Good」は最短5分で完了します。こちらが「Two Good」の管理画面ですが、マーケティングの専門家でなくても運用がしやすいように、シンプルで見やすく使いやすいデザインを意識しています。

SNSを横断的に分析し、リーチ数の可視化も楽々!

これはtwo goodの記事の画像です03

fujita
こちらをご覧いただきたいのですが、このように管理画面では、指定したハッシュタグがついた投稿のいいね・シェア・リツイート数をリアルタイムで把握し、Twitter・InstagramなどのSNSを横断して一括で管理できるようになっています。
kyohie
分析するハッシュタグを指定すれば、かなり具体的に数字を追うことができるんですね。一つの画面で複数のSNSを管理できるのも便利ですね。
fujita
例えばこの図のように、時間、日、週、などを数値とグラフで表すなど、数字で拡散規模を「見える化」することで、ハッシュタグプロモーションの効果を計測できる仕組みです。

これはtwo

kyohie
ここまで計測できれば、効率的に分析して広告効果のレポートもスムーズに提出できそうですね。分析しづらいツールや欲しい数値がないツールだと、レポート作成にかなりリソースが割かれる事があるので、業務効率化にも役立ちそうですね。

ハッシュタグを使って狙った客層にダイレクトなアプローチし効果を高める

fujita
指定のハッシュタグをいつ・だれが・どんな風に付けているのかを分析することで、次のプロモーションの提案に活かすこともできます。
kyohie
そういう提案ができたら、案件の継続受注にもつながりそうですね。ところで、LIGでの導入を検討するにあたり、参考としてプロモーションの事例をお聞きしたいのですが……。
fujita
例えば、飲食店で「Two Good」を使い、「#◯◯をつけてSNSに投稿したら10%OFF!」といったプロモーションをおこなったとします。そのハッシュタグを使ってSNS投稿をした顧客の情報は、「Two Good」上にデータとして残ります。その投稿内容から、顧客が商品に対してどれくらいの関心度なのかを知ることができます。ハッシュタグを通してこのように個々の心理を知ることができ、それを分析することで狙った顧客層にダイレクトなアプローチで効果を高めることができるんです。

これはtwo goodの記事の画像です05

fujita
分析後のアプローチ例として、関心度の高い顧客にダイレクトメッセージを送ったり、投稿数の多い顧客には特別クーポンを送ったりして、店舗への再訪を促すことも可能です。
kyohie
「Two Good」に登録したハッシュタグを使ってSNS投稿するだけで、顧客がそのお店に会員登録した場合と同じような情報をお店側が取得できるということですね。

“これはtwo

fujita
はい。さらに、ハッシュタグを調べることで、投稿内容からお店や商品に対する口コミを知ることもできます。
kyohie
お店での会員登録って、結構面倒だったりしますもんね。ハッシュタグをつけてSNS投稿するだけだったらそれほど負担にならないし、特典も享受できて、顧客にとってのメリットも大きいですね。

豊富なデザインテンプレートをWebページへ埋め込める

これはtwo goodの記事の画像です07

▲画像はサンプルです。

fujita
ハッシュタグのプロモーションで「Two Good」を活用すれば、そんな風にお店側もお客さんも双方満足なマーケティング施策ができるという仕組みは意識しています。最後にもうひとつ、お店側の手間を省いて宣伝効果を高めるために役立つのが、収集したSNS投稿のWebページの埋め込みです。
kyohie
お店のWebページなどでよく見る、一般の方の投稿が表示されているアレですね?
fujita
はい。このように、指定のハッシュタグが付けられた投稿を、企業やお店の公式ページに埋め込むことができます。また様々なWebページのデザインに対応できるように、埋め込みの際のデザインテンプレートも豊富に用意しています。元々あるサイトに埋め込みコードを入れて、デザインをカスタマイズするだけで、デザイン変更やブランディングの手間が省けるのも「Two Good」の強みですね。
kyohie
口コミへの信頼度が高い時代だからこそ、お店側発信で魅力を語るよりも、実際のSNS投稿のほうが結果につながることもありますよね。
fujita
お店側としても宣伝の効率化につながります。美容室などでは、この機能を活用して、実際のお客さんのヘアスタイルをポートフォリオにしているところもあります。

Two Goodの藤田さんが喋っている画像です

kyohie
確かに一般の方でもInstagramにプロ顔負けの写真をアップしている人、多いですね。お店のファンの投稿を自社のwebページで紹介し、またそれを見るためにwebページを訪れてもらう、というサイクルは魅力的ですよね。
fujita
一般の人が誰でもSNSで気軽に発信できるからこそ、ハッシュタグを活用したプロモーションは、BtoCのコミュニケーションを深めることのできる、マーケティング施策の重要なひとつになりえると思います。

おわりに

もはやSNSを使いこなすことが当たり前になっている現代。
Webマーケティング担当者にとっては、それらをプロモーションにどう活かすかを課題に感じている人も多いと思います。

新しい体験をつなぐ「Two Good」

Two Goodのキャプチャ画像です

「Two Good」は、SNSのマーケティング活用を、低コストで簡単に導入でき 掛け捨てではないストック型のWEBサービスです。ユーザー発信の有益で信憑性のある口コミ情報を最大限活用でき、 企業と親和性の高いユーザーを「つなぐ」ことで、よりよいコミュニケーションを可能にします。

クライアント企業にハッシュタグを使ったSNSプロモーションを提案できることは、制作会社にとっても大きな強みになることは言うまでもありません。
さらに、それを低コストで効率化してくれるサービスがあれば…
とお探しの方は是非「Two Good」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

「Two Good」を使ってみる

きょうへい
この記事を書いた人
きょうへい

マーケター

関連記事