LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2017.10.25
LIG PR

【デザイナー・マーケター募集 】病院経営を目指して始まった医薬・美容メーカー「アスクレピオス製薬」に潜入してきた

LIGブログ編集部

ダイエットサポート飲料や手汗対策パウダーなど、健康・美容をテーマにした商品の通信販売をメイン事業に据えている、渋谷の「アスクレピオス製薬」がデザイナーとマーケターの求人を出すとのこと。

しかし、健康食品を通信販売する会社のクリエイター職……と聞いても、あまりピンとこない方も多いはず。求人応募に関しても、躊躇する方が多いのではないでしょうか。そう思った私たちは、アスクレピオス製薬の越山社長に、一体どんな思いで会社を立ち上げたのか、会社の今後の発展のために、どんな人材を募集しているのか、伺ってきました。
 

▼目次

さっそく求人情報を確認する

思春期の淡い恋が会社設立のきっかけ!?

DSC00016

――最初に、越山さんが会社を立ち上げるまでの経緯を教えていただけますか?

遡ること15歳のとき、看護師さんに恋をしたことに端を発します。

 
――えっ! 病院で、恋、ですか……!?!?

はい(笑)。15歳のときに肝臓の病気にかかり、長いこと入院していたのですが、そこで献身的に看病してくれた、当時21歳の准看護師さんが好きになってしまって……。退院したあとも親しくさせてもらって、彼女から色々と話を聞く機会があり、若者ながら「病院経営の甘さ」に問題意識を感じるようになりました。

 
――具体的には、病院経営のどういった点に問題意識を感じたんですか?

あくまで彼女の言い分は“働いている側”の立場でしたから、今思えばフィルターがかかっていた部分もあるのですが、それでも重労働なのは確かですし、“きつい”し、“汚い”し、針刺しなどもありますから“危険”ですよね。ほかにも、診察時間に対する待ち時間の長さなど、病院全体としてもっと効率化できる部分があるなと感じていました。

 
――お医者さんになろうとは思わなかったんですか?

僕が興味を持ったのは「医療」よりも、効率化、仕組みの改善など、圧倒的に「経営」のほうだったんですよね。病院を俯瞰して見て、システム・仕組みを効率化させようとか。なので、まずは経営の仕組みを知るため、23歳のとき、大学の商学部に入り直しました。そこから、会計の予備校とのダブルスクールをしながら、それ以外の時間はひたすら働く、という生活をしました。独立を視野に入れて無我夢中で走りぬいた4年間でしたね。

 
――会社を立ち上げられたのは、その4年間のあとでしょうか?

いえ、すぐに独立するのは厳しかったので、いったんコンサルティング会社に入りました。そこで事業を任されて、やってみたら成功して……「やっぱり、会社の仕組みを自分で考えて作り上げていくのはやりがいがあるな」とあらためて感じましたね。独立のステップを踏み出したのは、そのあとのことです。

 

病院経営を志した社長が収益にこだわる理由

DSC00021

――自分の会社を作るとき、「健康食品」をメインの事業として選んだのは、やはり15歳のときの思いが残っていたからですか?

いえ、お金を稼ぎたかったからですね。

 
――えっ、そうなんですか!? 15歳のときの病院経営への熱い想いはなくなってしまったんですか?

消えたわけではないんですよ。でも、現実的な話で言えば、まずはお金じゃないですか。

 
――はぁ、まぁ……

なので、まず書籍の無在庫販売と洋書の転売を始めました。当時の洋書は高くて届くのも遅かったので、これは商売になるなと思って。ちょうどアマゾンが出始めて、そういう副業が流行っていた時期でした。海外と日本のアマゾンのデータをぶつけて、価格差のあるものだけ抜き出して、利益の取れる商品や在庫のあるものだけを日本で出品する仕組みを作ったんですよね。やってみたら初月で15万くらい利益が出て。「あ、稼げるわ」と。ただし大変なんですよね~、届かないとか。お客さんから注文もらって発注するじゃないですか。1週間経っても海外から送られてこないんですよね。2週間くらい経って「その本なかった」で終わることもけっこうあって。そうしたらこっちのお客さんからクレームが来て……
※編集部注※ 「まずは利益を出す」を達成するために、さまざまな模索があったそう。そのひとつめの過程についてめちゃくちゃ熱く語ってくれたのですが、情熱がすごすぎて書ききれなかったので省略させていただきました。雰囲気をお楽しみください。

 
――――なるほど……そういった転売を経て「健康食品」事業を始められた、と……。

いえ、最初は「漢方薬」の事業に投資しようと思っていたんですよ。マーケティング的にも大穴なので。要は漢方薬って、ネットの中での広告とかで、医薬品ってあまり出てこないんですよ。定期通販で売れる要素には「ライバルがいない、顕在的なニーズがある、小ロットから仕入れできる、薬事法的にクリアできる」などなど色んな条件があるんですけど、「それを大体クリアした」のが医薬品だったんですよね。喘息の薬もそうで、喘息で困っていて漢方薬で体質改善した人が多い一方で、買いづらいのが問題で。漢方薬局って見た目が仰々しくて、1回行ったら3万円とか買わされるイメージがあるじゃないですか。いいモノだけどあんまり広まってない、使っている人も高齢になっていて、日本でも全体的に落ちている。
※編集部注※ 次に漢方薬販売に活路を見出した越山社長。例によって漢方薬販売についてすごくいいお話をたくさん聞かせていただいたのですが……そんなわけで省略しています。雰囲気をお楽しみください。

 
――な、なるほど……。

そんなわけで、漢方をネット展開すべく走り出したんですが、いざ始めてみるとすぐに問題にぶち当たりました。それは、漢方薬は、仕入先が少なく原価が高いことと、閉鎖的な市場のためネットに心を許してくれないということ。メーカーにひたすら電話し、取引を持ちかけるも取り合ってもらえず。でも一社だけ「法人化して医薬品販売の許可を取ってきたら、話ぐらいは聞いてあげるよ」というところがあって。じゃあ、と立ち上げた会社が今の「アスクレピオス製薬」です

ただ、もうひとつのハードル「医薬品販売の許可取り」がまた難しかった。薬店登録する必要があったのですが登録販売者が見つからず、街の薬局を10日で200店以上回ったものの、全滅。最終的に先輩経営者からお知り合いを紹介してもらいました。で、その契約を持って漢方メーカーに問い合わせしました。「本当に法人化も医薬品販売の許可取りもしたの!?」と驚いていましたよ(笑) まさか本当にやると思っていなかったそうですが、その後、正式に取引できることになり、契約も済ませました。結局、資金面での問題もあって最初の商品は医薬部外品の化粧品になりましたが、今でもそのメーカーさんとは仲良くさせていただいており、いつかいい漢方をネットで売る! と心に決めています。
※編集部注※ 漢方薬販売をすると決めてからは、さまざまなハードルをものすごい情熱で乗り越えてきたみたいです。医薬品販売の許可を取るべく、協力者を探して10日で200店以上の薬局を回ったり……なんかもういろいろすごかったことをここにご報告いたします。

 

……というわけで、今のビジネスに行き着いたわけですよ。だいぶ省略して話してしまいましたけどね。

――へ、へぇ~……!

※編集部注※ 今回は採用がメインなのでだいぶ割愛していますが、とにかく経営に関する情熱がすごいので、経営者インタビューとかすると、すごく面白い話が聞けるかと思います。みなさま、ぜひ取材依頼を。

 

img13
▲手汗対策用制汗パウダー「ファリネ」(画像提供:アスクレピオス製薬)

今打ち出している商品の中でも主力の、手汗対策用制汗パウダー「ファリネ」を開発したときも、手汗改善商品の潜在的なニーズとマーケットの規模を徹底的に分析し、日本で初めての商品を販売して話題を呼びました。

ファンデーションのように見える容器を使用したのも「手汗で悩んでいるとバレたくない」というニーズを商品に反映させたんです。困っていることを助けることでお客様もお悩みを解決できる、そしてお客様が満足していただけると僕らも収益を上げられる。win-winの関係ですね。

 
DSC00083
▲アスクレピオス製薬のプロダクト。デザイナーはこれらのパッケージデザインのほか、同封のチラシやwebなどのデザインを担当することになる。

――でも、そんなにお金を稼いで最終的には達成したいものって何なんですか?

やっぱり僕、ゆくゆくは病院を経営したいんですよ。1,200床を超える病院グループを経営するのが夢なんです。その前に漢方薬をはじめとした医薬事業にも手を広げていきたい。ただ、それには莫大な資金がかかります。

だから、今はとにかく良い商品を作って収益を上げながら、その延長線上で健康にまつわる誰かのお悩みを解決できたらいいなと思っています。現在は「世界を健康に」をコンセプトに、チャリティー企画などさまざまな手法で、世界を健康にするためにできることにチャレンジしています。

 
――15歳のときの思いはなくなってしまったのかと誤解するところでした……よかった……!

よく入院する身体の弱い子供だったので、今の医療がなかったら、僕は確実にこの世にいないなぁと思っています。なので、人々の健康に携わりたいという思いは、消えてないどころかむしろ強くなっています。ただ、少なからず独立を視野に入れて動き始めて分かったのは、何をやるにもお金は大切だということ。

でも、現場はクリエイティブ第一主義ですよ。弊社のクリエイティブのトップを張ってる社員は「仕事はお金じゃない」と言い切っています。
良い商品を作ってお客様が喜んでくれて、お金が生まれる。それで社員とその家族が幸せになる。そして余ったお金を健康に関わる事業に投入することで、僕は恩返しができる。そんな形が理想だなと思っています。

 

会社のコア人材になってくれる、主体的なデザイナーとマーケターを募集

DSC00051
▲アスクレピオス製薬のグループ会社のメンバーが共に働くオフィス環境

――将来に病院経営を見据えて、現在は事業拡大とともに採用も強化しているんですよね?

はい。クリエイティブ職を募集しています。具体的にはデザイナーとマーケターですね。現在、弊社の社員はクリエイティブ職だけで、デザイナーが3名、マーケターが1名、10月にもう1名入ってようやく5人になる少数精鋭です。カスタマーサポートなどのスタッフには、在宅など多様な働き方をしてもらっていますが、クリエイティブ職の方には顔を合わせてコミュニケーションを密にとりながら進めていきたいなと。

 

DSC00053
▲ここがアスクレピオス製薬のゾーンです!

――具体的には、どんなお仕事をお願いすることになりそうですか?

デザイナーさんに関しては、LPページからパンフレットの作成まで幅広く、ですね。これからWEBだけでなく、テレビ・ラジオCMや新聞・雑誌広告にも力を入れていきたくて、そういった意味では、枠にとらわれないクリエイターというか。

 
――色々な経験ができそうですね。

しかも、今がチャンスなんですよ。今はとにかく今働いてくれている社員たちのように責任感があって主体的に動ける、いわゆるコアになる人材を求めていて。1年後にも同じ募集はしていると思うんですが、同じ役割を期待してはいません。ある程度の権限を持って色んなことを提案してチャレンジしていきたい意欲のある方には魅力的な職場なんじゃないかな。

 

DSC00056
▲自作のパネルを持ってイベントに乗り込む、期待の23歳「SNS部長」

――そういった提案に対しても、権限移譲をどんどんしていくスタンスですか?

筋が間違っていなくて数字が立てられる提案には、基本的にOKを出しています。失敗はないと思っているので。つい昨日も23歳のデザイナーが、「食べながら痩せる」がコンセプトの100人規模のイベントがあるという情報をInstagramでキャッチしてきて。そこで、弊社の女性向けサプリ「BBB」を宣伝したら良いと思うのでやらせてください、って提案してきたばかりです。

その社員以外はみんな30代なので、Instagramとか正直あまり詳しくないんですよ。だから彼女を「SNS部長」と呼んで、期待をかけて自由にやってもらっています。

 

DSC00050

――アイデアが浮かぶ方には楽しそうな職場ですね。最終的には何人ほど募集される予定ですか?

デザイナーは3~4名、マーケターは1~2名程度を想定しています。ただ、これもご本人の資質によりますし、主体的に動いてくれる方で、弊社に興味を持ってくださる方にはひとまずエントリーしていただいて会ってお話ししたいと思っています。

マーケティング感度の高い、成長意欲あるクリエイターはエントリーを

健康食品の通信販売をする会社のクリエイター……と聞いて、イメージがあまり膨らまなかった方も、ユーモアのある社長やフレッシュな社員の“顔”を見てホッとされたのではないでしょうか。少人数で和気あいあいと、時には意見を闊達に交えながら、会社の急成長を体感できるのは今だけ。

また、現在、アスクレピオス製薬は、全5名で35億円の売上見込み。「上位ポストに就くなら今」とのこと。チャレンジ精神が旺盛なデザイナー、マーケターの方は、ぜひ一度応募してみてはいかがでしょうか。

より詳細な情報・応募はこちらから

仕事内容

デザイナー(3〜4名)
LPページからパンフレットの作成まで幅広く担当いただきます。今後、テレビやラジオなどのインフォマーシャルにも力を入れていくので、枠にとらわれないクリエイティブにチャレンジいただけます。
マーケター(1〜2名)
自社商品を拡販するために、代理店さんとの折衝やプロモーションの企画・立案をご担当いただきます。web広告の販路だけにとらわれず、いろいろなメディアに挑戦していただけます。

こんな方に来てほしい!

デザイナー
  • 女性向け商材やサービスのデザイン経験あり
  • HTML・CSSでのコーディング経験あり

▼ひとつでも当てはまる方は大歓迎

  • 企画段階からデザイン業務に関わりたい方
  • Webにもグラフィックにも幅広く関わりたい方
  • デザインをする上で明確なロジックを持つことが大切だと考えている方
  • “売れるクリエイティブ力”を身につけたい方
マーケター
  • web広告の代理店、または広告主側として就労経験がある方
  • 自発的にコミュニケーションが取れる方
  • まず「やってみよう!」という考えを持っている方

▼あると嬉しいスキル

  • ライター経験がある方
  • エクセルが得意な方
  • リスティング広告の運用経験がある方

 

より詳細な情報・応募はこちらから