12旅目
LIGPR
旅と音楽

ユネスコ世界遺産の「三保の松原」でひたすら腕を上下に振るダンスをしながら歌った

野田クラクションべべー


ユネスコ世界遺産の「三保の松原」でひたすら腕を上下に振るダンスをしながら歌った

富士ダンス

こんにちは。

野田クラクションべべーです。

 

_DSC0050

冒頭から変な踊りで申し訳ございません。

今回は、静岡朝日テレビのインターネット放送局「SunsetTV」との共同制作、第5弾の撮影をするために……

 

 

_DSC0044

日本三大松原のひとつ「三保の松原」(みほのまつばら)にやってきました。

 

_DSC0666

英語で書かれていたので詳しいことは分かりませんが、ユネスコの世界文化遺産にも登録されている日本を代表する景色のひとつです。

 

場所は、自動車だと清水インターチェンジから約25分ほど、静岡インターチェンジからだと約30分ほどで行けます。

200台ほど収容できる無料駐車場も完備されていますよ。

 

_DSC0665

駐車場から少し歩いたところに、三保の松原の全体が分かる映像室があります。

三保の松原はとても広いので、全貌を確認してから行き先を決めてもいいかもしれません。

 

_DSC0001

天気がいい日には、3千本以上の松の緑と白波が打ち寄せる海岸線沿いに広がる海の青が富士山をより一層キレイに引き立てる絵が見られます。

この景色は、浮世絵師の歌川広重が「冨士三十六景」のシリーズでも描くほど、歴史的にも有名な景勝地なんです。

 

_DSC0043

僕と手を交わしているのは、シンガーソングライターのとぴさん。

旅と音楽のバンドメンバーとして、「潮騒」「つむぎ」にも参加してくれました。

 

_DSC0010

今回の撮影では、ラブストーリーを意識した設定で、カップル感満載の写真を多く入れています。

ぜひ、カップルの皆様は参考にしてください。

 

_DSC0128

ストーリー設定は、東京で呉服屋さんを営むお金持ちの家庭に生まれ、何不自由なく暮らしてきたべべ太郎と、父親が先に他界し、病気がちの母と小さい弟の3人で暮らしているとぴ子が出会って恋をするお話。

 

_DSC0164

全国を自由気ままに放浪中しているべべ太郎は、海辺でひとり歌うとぴ子を見て恋に落ちます。

 

_DSC0183

一方とぴ子は、いきなり現れたべべ太郎の存在に戸惑いながらも……徐々に惹かれていきます。

 

_DSC0301

べべ太郎の抑えきれない気持ちが……

 

_DSC0294

とぴ子を惑わせます……。

 

_DSC0323

ふたりの恋の行方は……

それでは、新曲『フジヤマ▲フォーリンラブ』をお聴きください。

 

 

富士ダンス

いかがでしょうか。

今回は、ADM(アコースティックダンスミュージック)というジャンルの音楽に挑戦しました。

クラブなどで流れているゴリゴリのEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)よりは少し落ち着いたサウンドですが、踊ることもできます。

 

_DSC0073

入念な作戦会議の末に完成したダンスが「ひたすら腕を上下に振る」というもの。

 

_DSC0470

もっとかっこいいダンスにしたかったのですが、今の自分たちには「ひたすら腕を上下に振る」ことくらいしかできませんでした。申し訳ございません。

 

そもそも、なぜ三保の松原でラブストーリーをテーマに撮影をしたかというと……

 

 

_DSC0654

三保の松原で古くから語り続けられている「羽衣伝説」という男女の恋愛話があったからです。

どんな話かと言うと……

 

_DSC0372

昔、三保の松原の海岸線沿いで釣りをしていた白龍(はくりょう)という男性がいました。

一本の松にかかっていた美しい「衣」を見つけて持って帰ろうとしたところ……

 

_DSC0342

天女がいきなり現れて「私の着物なので返してください。服がないと帰れません」と言われました。

 

_DSC0377

すると白龍が、「返してもいいけど、天の舞踊ってくれない?」とお願いします。

 

_DSC0421

天女は喜んで承諾しますが、「まずは羽衣を返してくれないと踊れないので、返してください」と言ったところ……

 

_DSC0637

あれ? もしかして、渡した瞬間に帰るパターンじゃないか……と疑い始めます。

しかし、天女は「嘘をつくことは人間界にしかなく、天上の世界ではない」と白龍に伝えました。

 

_DSC0382

純粋な天女を疑った自分が恥ずかしくなってしまい、羽衣を返して「天女の舞」を踊って貰ったというお話です。

 

_DSC0472

この話を聞いたときに、白龍のダメ男感が自分に通じるものがあったので、「相手の気持ちも考えずに一方的な愛を伝えるボンボンな旅人」を演じることにしました。

 

_DSC0249

羽衣伝説はもちろんですが、三保の松原の最大の魅力は写真が映えるフォトジェニックな場所が多いこと。

 

_DSC0275

波打ち際の白波も

 

_DSC0196

果てしなく続く海岸線沿いに広がるブルーのコントラストも

 

_DSC0201

 

_DSC0210

 

_DSC0223

30,000本以上の松林の風景さえも全てが美しいです。

 

_DSC0264

ありがたいことに天候にも恵まれたため、素敵な映像を撮ることができました。

 

_DSC0291

海沿いでとぴさんを押し倒すシーンでは、

 

_DSC0308

中々上手くいかずに、汚いものを見せてしまうことも。誠に申し訳ございません。

 

_DSC0336

押し倒すシーンをとぴさんに確認してもらったところ……

 

_DSC0337

「この映像は両親には見せたくない」と嘆いていました……。きっと、照れているんだと思います。

 

_DSC0008

今回映像を担当したのは、プロデューサーのゴウさん。

「べべ、押し倒すんだ! べべ、もっと感情的に!」というハードな指示をしてくれました。

 

_DSC0083

また、今回は江戸時代を意識していたので、リアルを追求するために草鞋(わらじ)を履くことに。

 

_DSC0084

本来であれば、足袋(たび)を履いてから草鞋を装着するのですが、個人的なミスでほぼ裸足での撮影となりました。

昔の人はこんなペラペラの靴で歩いていたと思うと、現代に生まれてきて本当に良かったと心の底から感じましたね。

 

_DSC0568

撮影後に売店で食べたおでんが、冷え切った体を温めてくれる素敵なお味でしたね。

 

_DSC0530

世界中には、アメリカのグランドキャニオンやフランスのモン・サン・ミッシェル、ペルーのマチュ・ピチュなどの心を震わせるような景色がたくさん存在します。

 

_DSC0536

三保の松原もそのひとつであります。

世界から見た日本の印象は「三保の松原」から見える富士山の景色なのかもしれません。

 

_DSC0044

ぜひ、日本を象徴する景色を目に焼き付けてみてはいかがでしょうか。

最後にもう一度、新曲『フジヤマ▲フォーリンラブ』をご覧ください。

 

 

 

 

_DSC0282

静岡朝日テレビが運営するSunSetTV様と一緒に取り組ませていただいている、静岡県の面白いところを回りながら歌を作るといく企画。

 

「旅と音楽」では、静岡県内の魅力を音楽と共に発信しています。これまでの作品はこちらからどうぞ!

 

148383862216940700_59

他にも、人気YouTuberのはじめしゃちょーさんをはじめ、話題のお笑いコンビAマッソさんのオリジナル番組や、Twitterで人気のアーノルズはせがわさんの4コマなどのオリジナルコンテンツもあるので是非ごらんください。

 

「旅と音楽」に興味を持っていただけたら

_DSC0078

各種SNSアカウントもやっているので、是非フォローお願いします!

楽曲の配信や記事公開のお知らせ、ロケの様子をリアルタイムで発信しています。

 

旅と音楽FBページ

旅と音楽Twitter

旅と音楽Youtube

 

_DSC0066

以上! 野田クラクションべべーでした!

野田クラクションべべー
この記事を書いた人

おすすめ記事

Recommended by