本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
2017.02.22
LIG PR

Googleアナリティクスでサイトを訪れた企業情報がわかる!『どこどこJP』がすごい

よすけ

おはざっす! セールスのよすけっす!

あっという間に年度末っすね。メディアの広告枠を販売する僕らは、今が繁忙期。年度末の予算消化のタイミングの今、ありがたいことに広告出稿について多くお問い合わせをいただきます。

そんなとき、サイトに訪問してくださった企業の情報をGoogleアナリティクスで簡単に閲覧することができるサービス『どこどこJP』のPR記事のご依頼をいただきました。

どこどこJPとは?
IPアドレスとアクセスログ情報をひも付けるIP Geolocation&IP Intelligenceデータベースを搭載したAPI。エリアターゲティングや詳細なWebアクセス解析、不正アクセス対策などに活用できます。具体的には、アクセスログの詳細なエリアを把握したり、どういった組織のIPアドレスからの流入なのか特定したりすることができるというわけです。

これは、オウンドメディアを運用するLIGとしてはぜひとも使ってみたいツール! LIGブログの広告出稿ページを見てくださっている企業がわかれば、セールスチームの営業に役に立つこと間違いなしです!

そこで、実際にLIGブログのアクセス解析と、セールスチームの営業でどこどこJPを活用させていただくことにしました。

どこどこJPを使って、バナー広告経由で流入した企業をチェックしてみる

期末の時期は、多くの企業から広告掲載の問い合わせをいただきます。特に多いのが広告代理店。広告代理店にとっても繁忙期である今、クライアントと相性がいい場合にはLIGブログに記事やバナー広告のご依頼をいただきます。

このチャンスを最大化すべく、LIGブログのなかに、広告運用担当者や広告代理店向けのバナーを設置することにしました。

実際に掲載したバナーはこちら。

バナー広告

掲載期間は2月上旬の1週間。広告代理店、直クライアント、どちらの担当者の心にも刺さるよう「その広告、効果ありますか?」という強めコピーをデザインに組み込みました。広告運用担当者なら誰でも、一度は考えるフレーズですよね!

なぜ鬼がモチーフなのかというと、たまたま2月3日の節分の時期にかぶったからです。それだけっす。

仮説立て

掲載したバナー効果は、下記のように仮説を立てました。

仮説1. LIGの広告案内ページへの流入が通常より800pv向上する

バナーの遷移先は、LIGブログの広告案内ページです。

この位置のバナーのCTRは平均0.4%。CT数は日々のインプレッションに左右されますが、だいたい800前後のPVを獲得できています。そこで、今回の広告案内バナーに関しても、日々800程度の流入を見込みました。

仮説2. 特に、広告代理店のリードを多く獲得できる

期末に広告出稿先を探している企業といえば、やはり広告代理店。直クライアントも多少はあるはずですが、多くは広告代理店なのではないかと仮説を立てました。

仮説検証結果

検証

そして1週間後、その結果を検証しました。

結果1. バナー掲載により通常時より+900pvを獲得

バナー前後pv

バナーを掲載時、広告紹介ページへの流入が平日は+900pv、休日は+400pv程度増加しました。バナー掲載前に比べれると流入が13倍も向上したを考えれば、これは間違いなくバナーの効果だと言えそうです。

想定どおりの結果だったといえますね。

さて、ここからがどこどこJPの出番。これらのログのうち、企業のIPアドレスのものを探っていきます。

結果2. 流入企業の3割近くが広告代理店

一覧加工済み

どこどこJPのカスタムレポートを確認したところ、バナー掲載中に広告紹介ページを訪れたログのうち企業名が特定できたものが約260社以上ありました。

アナリティクスの画面に企業名がずらりと並びます。これは圧巻……!

アクセスのあった企業を業界で振り分けてみると、その内訳は次のようになりました。

企業内訳

やはりもっとも多い業界は27.2%の広告代理店で、数にして71社! やはり、今回のバナーは広告界隈の方に刺さったといえそうです。こちらも想定どおりっすね!

どこどこJPを活用したことにより、単純な数値の分析だけでなく、「どの企業が見てくれたのか」というターゲットに関する検証が可能になりました。

メディア運用をしていると、ついPVやCVなどに気をとられ量重視の評価になりがちです。でも、どこどこJPのようなツールを用いてABM(アカウント・ベースド・マーケティング)を取り入れることができれば、質の評価もできるようになるんですね。これは便利っす!

どこどこJPで獲得した良質なリードにテレアポしてみる

バナー広告によって代理店の流入を獲得できましたが、他にもいろんな企業がLIGブログを見てくださっていることが判明しました。

複数回にわたって広告紹介ページにアクセスしていたり、お問い合わせフォームにアクセスしているような企業は、LIGブログへの広告出稿を検討している可能性があるはず。この良質なリードを逃す手はないっすね!

そこで、どこどこJPのレポートからLIGの広告紹介ページに数回アクセスのある企業をピックアップし、弊社がお力添えできそうな相性のよい企業にテレアポすることにしました。

テレアポアタック先

どこどこJPの情報を参考に良質なリードを選定し、リスト化したものがこちら。

アタックリスト

どこどこJPでは企業の電話番号や住所まで取得できるので、アタックリストの作成も簡単です。さあ、これらの企業はLIGブログへの広告出稿を検討してくださるのでしょうか!? いざ、アターーーーーック!!

テレアポ結果

テレアポ結果

1日かけて上記リスト15件にアタックした結果、早速1件のアポを獲得することに成功しました!! すなわちアポ獲得率は6.7%。まずまずの結果ですね!

他にも、こんな良いことがありました。

  • 広告運用担当者の、LIGブログの認知率が高い
  • 「LIGブログ見てました!」と言ってくださることが多いのでアイスブレイクがしやすい

LIGブログへのアクセス履歴があるということで担当の方がLIGブログをそもそも知ってくださっていることが多いのが印象的でした。
すでにLIGブログのことを知っていただいていると、スムーズに広告紹介ができ、話がテンポよく進むので助かりました。アポを獲得した企業も担当の方がLIGブログを見てくださっていて、一度の電話だけでお会いすることまで約束できました!

どのページをどれくらい閲覧しているのかを見極めてリストアップすれば、広告出稿を検討しているホットなタイミングでテレアポができそうです!

「自社にはどう生かせる?」という方必見! アクセス企業をマーケティングに生かす無料セミナー開催!

アナリティクスと連携させることによってアクセス企業を判別できる『どこどこJP』。これによりBtoBマーケティングをより戦略的に行えるようになるわけですが、「自社の事業にはどうやって生かせばいいの?」と思われる方も少なくないはず。

そこで、どこどこJPを広告やWeb施策へ効果的に生かした実際の事例を用いながら、活用方法をご紹介するセミナーを開催いたします。参加は無料です!

 
日時: 3月28日(火)
    19:30〜21:30(開場19:00)
場所: いいオフィス@上野
    〒110-0015 東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル 3F
定員: 50名
参加費: 無料
参加資格: WEB担当者/マーケティング担当者

セミナー詳細や参加お申し込みはコチラから!

セミナーに申し込む

 
「セミナーには参加できないけど、活用方法を知りたい」という方もご安心ください。アナリティクスとどこどこJPを連携させた活用例ガイドブックをプレゼント! ぜひダウンロードしてご活用ください。

ガイドブック無料ダウンロード

ログとIPアドレスの連携で、サイト訪問企業をリアルタイムに判定できる『どこどこJP』

サイバーエリアリサーチが提供する『どこどこJP』は、IPアドレスと組織情報をひも付けたAPIサービスです。

既存のアクセス解析ツールとIPアドレスを連携させることができ、IPアドレスのもつエリア情報や気象情報、人口や世帯情報、さらには法人番号や企業名、学校名などを取得することが可能。
これにより、特にBtoB事業では、サイトに訪問した企業を特定して良質な見込み顧客を見つけ出せるようになります。その他にも、顧客マーケティングやCRMなどにも生かすことができるので、活用方法次第でさまざまな効果が得られます。

14日間の無料トライアルも実施中! 気になる方は、ぜひ使ってみてください!
無料登録
 
 

さあ、今日もテレアポがんばるっすよ〜〜!!