8旅目
LIGPR
旅と音楽

10,000年の歴史をほこる「駒門風穴」でラップを作りました

野田クラクションべべー


10,000年の歴史をほこる「駒門風穴」でラップを作りました

DSC06068

こんにちは。

野田クラクションべべーです。

 

今回は、静岡朝日テレビのインターネット放送局「SunseTV」との共同制作、第4弾の撮影をするために、駒形風穴(こまかどかざあな)にやってきました。

 

場所はこの辺り。東京から車で1時間半ほどで、無料の駐車場もあります。

 

DSC06076

「駒門風穴」は、近辺にある「富岳風穴」(ふがくふうけつ)や「鳴沢氷穴」(なるさわひょうけつ)と比べると最大級かつ最古の溶岩洞窟とされているそうです。

 

DSC00137

そんな富士山が生んだ溶岩洞窟で歌いました。

 

※「駒門風穴」での撮影は、御殿場市フィルムコミッションの許可を得て行なっております。

曲名は『風穴』(かざあな)。

人は年齢を重ねることで、価値観が変化していきます。

 

DSC05967

ただし、富士山の大噴火により10,000年前に誕生した「駒門風穴」は変わりません。

それでは、今回参加してくれたメンバーをご紹介したいと思います。

 

メンバー紹介

DSC00071

ラッパーの狐火さん。(@kitune_bi

現在は、サラリーマンをしながらラッパー活動をしています。

「旅と音楽」では、『IBURI』『やんべによ』の楽曲に参加しています。

 

2017年2月15日にはベストアルバム『昨日までのベスト』をリリース予定。

先日、知人に心にぽっかり穴が空いていると言われ、「駒門風穴」で埋めようと思っているとのこと。

 

DSC06073

トラックメーカーの観音クリエイションさん。(@mozlog

 

mozlog_logo

楽曲制作をする傍ら、月間20万PVを誇るブログを運営しています。基本的になんでもできる天才なのですが、足を踏む癖があるので、やめていただきたいと思っています。

 

DSC00022

前作の『男と女』のロケのときに訪れた、静岡県で有名な炭焼きレストラン「さわやか」でエネルギーを注入し、以上の3人で楽曲を作りました。

それでは、レコーディングの様子や「駒門風穴」についてご紹介します。

 

レコーディングの様子

DSC06050

「旅と音楽」は、初日に現地でレコーディングを、2日目はミュージックビデオの撮影です。今回は、御殿場駅前にあるコンドミニアムに泊まってレコーディングしました。

 

DSC03936

レコーディングをするときは、音が反響しにくい場所が好ましいため、吸音材代わりに布団を敷き詰めるなどの工夫をしてブースを作ります。

この日は、今までで最高の防音ブースで歌うことができました。

 

このジャストフィット感は、狐火さんと僕のために作られたのかもしれません。ちなみに、僕と狐火さんは168センチで身長が一緒です。

 

「駒門風穴」について

DSC06044-2

最初、こんなところにあるの? と心配になるような住宅地に「駒門風穴」はあります。

 

DSC06029

入り口の鳥居。

入場料は大人だと200円、中高生だと150円、小学生だと100円で入場できます。

 

DSC00214

入口付近にある「駒門の名水」。

普段、水の違いは分からないタイプですが、はっきりと「柔らかくて甘い」と感じました。

富士山の湧水らしいので、飲むとご利益があるかもしれませんね!

 

DSC06033

ゴーンと鳴らす鐘があったり、

 

DSC05962

願いが込められたおみくじが結ばれたりしています。

 

DSC05963

「駒門風穴」は国指定天然記念物なんですね。よく考えたら、10,000年の歴史ってやばいっすよね。

 

DSC00199

洞窟の入り口。

写真を撮るなら入り口がオススメです。自然が作り出した神秘をカラダで感じられますので。

 

DSC00046

中はこんな感じの道が続きます。

神秘的な力の影響か、洞窟内の気温は四季を通じて13℃で保たれています。

 

DSC00109

 

DSC00051

水がポタポタと天井から落ちてくるので、オシャレすぎる服装はオススメできません。

水溜りなどもあるので、個人的に動きやすい靴の方が便利だと思いますよ!

 

DSC00113

場所によっては、ヤンキー座りの姿勢で進まないといけないところもあります。

おでことか頭をぶつけると地味にヘコむので、気をつけてくださいね!

 

DSC00134

洞窟の中は、珍しい虫や生き物が生息しているそう。

名前だけ見ると怖いので、遭わなくて良かったです。

 

DSC06005

歴史が作り出した洞窟。

暗闇の中で歌っていると、素直な気持ちになり子供のころのワクワクを思い出しますね。あの頃は、何も考えずに生きていたなと。

 

DSC00123

「駒門風穴」は、観光地化されていないため、ゆっくり見学できます。日々の暮らしに疲れてしまったときや、人がいないところで落ち着きたいときなどにオススメです。

それでは、もう一度。

 

ぜひ、御殿場市に行った際は、立ち寄ってみてくださいね。

 

スポット情報
・営業時間 9時00分~17時00分(12~2月は~16時00分)
・定休日 無休(12~2月は月曜休、祝日の場合は営業)
・料金 入場料 大人200円、中・高校生150円、小学生100円
・TEL 0550-87-3965
・所在地 静岡県御殿場市駒門69
・駐車場 15台(無料)

 

 

DSC00119

静岡朝日テレビが運営するSunSetTV様と一緒に取り組ませていただいている、静岡県の面白いところを回りながら歌を作るといく企画。

 

「旅と音楽」では、静岡県内の魅力を音楽と共に発信しています。これまでの作品はこちらからどうぞ!

 

sunsettv-2

他にも、人気YouTuberのはじめしゃちょーさんをはじめ、話題のお笑いコンビAマッソさんのオリジナル番組や、Twitterで人気のアーノルズはせがわさんの4コマなどのオリジナルコンテンツもあるので是非ごらんください。

 

「旅と音楽」に興味を持っていただけたら

DSC05995

各種SNSアカウントもやっているので、是非フォローお願いします!

楽曲の配信や記事公開のお知らせ、ロケの様子をリアルタイムで発信しています。

 

旅と音楽FBページ

旅と音楽Twitter

旅と音楽Youtube

 

さらに……嬉しいご報告があります!

 

旅と音楽の楽曲『波が待ってる』が地上波デビュー!

147650368223015300_45-1310x875

なんと、2017年2月8日より静岡朝日テレビさんが放送する深夜番組「はじめしゃちょーとアーノルズはせわがわのしぞーかクエスト」のエンディングテーマにファースト・シングル『波が待ってる』を流して貰えることになりました!

地上波では、静岡朝日テレビさんでしか見ることができないのですが、静岡県民の皆様に聞いて貰えれば嬉しいです。

 

DSC00106

以上、野田クラクションべべーでした!

 

野田クラクションべべー
この記事を書いた人

おすすめ記事

Recommended by