Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2017.01.24
LIG PR

国境を超えない楽器達を日本へ。旅する楽器屋の仕事を知る為にパリまで行ってきた

パリに来ている。

 

エッフェル塔も。

 

ノートルダム寺院も。

 

セーヌ川も、すべてが美しい。

 

さて、君は今こう思っているはずだ。

「何故、パリにいるのか」と。

それには深い理由があるんだけど、簡単に言うと「導かれた」という事になる。一般的には「出張」という言葉が適切なんだろうけど、メシア的にはそうじゃない。

モーセが海を割り、民を導いたように。

あるいはノアが方舟に乗り洪水から逃れたように。

やはり「導かれた」という言葉が適切なんだと思う。

 

紹介したい人がいる。

旅する楽器屋」こと、吉水氏だ。

彼は世界中を旅しながら工房を巡り、良質な楽器を買い付けてOtolier(オトリエ)というサイトで販売するという仕事をしている。

そんな吉水氏から「カフェにでも行きませんか?」と先日誘われて、「悪くないね」と返した所、パリにまで来る事になってしまったという訳だ。

そんなグローバルな吉水氏の仕事を、今日はHONEYSに紹介しよう。

※HONEYS = 俺のファン

卸、小売と流通する中で、楽器の値段は上がっていく

吉水
突然ですけどブランド物の楽器が高い理由って知ってますか?

サックスやバイオリンなどは40万〜60万円くらいが相場なんですけど、もちろん品質は良いんですけどこういう楽器って初心者が気軽に買える価格じゃないですよね。

しかし、こういう高価な楽器も実は工房で作られたタイミングでは安価で販売されていたりするんですよ。それが、ブランドの刻印が押されて、卸業者、小売業者と流通していく過程でどんどん値段が上がっていく。

僕らはこういう楽器達を工房から直接仕入れて、安価に販売するという事を仕事にしています。

 


俺がKissしたフルートにプレミアがついてしまう。それと同じだね。

良質で安価な楽器が、国境を超えられない

吉水
例えばフランスやイタリアなんかには、良質な楽器を作る小さな工房がたくさんあるんですよ。そこには素晴らしい技術を持った熟練の職人さんがいて、素晴らしい楽器を造り続けている。

でもね、そういった小さな工房の楽器は国境を超えないんですよ。

なぜなら、少ない数しか作っていないそういった楽器は流通に乗って他国で販売されるという事がほとんど無い。質は良いし、価格も安い。しかし、日本では手に入らない。

僕らはそんな楽器達を世界中の工房から買い付けてきて販売しているんです。

 


でも、国境を超えられるものが、ふたつある。

そう。

「大気汚染」と「愛」だ。

初心者が引きやすい楽器を共同開発

吉水
僕らは工房から直接買い付けるだけでなくて、初心者でも弾きやすい楽器の開発を共同で行っています。

せっかく高いお金を出して買った楽器なのに、チューニングが難しかったり、持ちにくかったりしたら演奏が楽しくなくなってしまいますよね。そうやって最初の挫折を味わってしまうと、みんな音楽を続けてくれなくなってしまう。

そういうユーザーを少しでも減らしたいんですよ。

 


本当だ。初めてだけどショパンが弾けたよ。※演奏能力には個人差があります

楽器は生き物。リペアで楽器の音色は驚くほど変わる

吉水
楽器は複雑な部品の集合体で出来ていて、まるで生き物なんですよ。だから、適切なメンテナンス、リペアが出来ていないと本来の音が出ない。でも、適切なリペアをしないで販売している業者も多いんですよ。そういった楽器がこれから演奏をはじめていこうというユーザーの元に渡ってしまうと、いい音が出ないし、弾きにくかったりする。そうなると、楽器の演奏自体が楽しくなくなってしまう。

それって凄く不幸な事じゃないですか。

だから、僕らは専門のリペアラーがすべての商品をチェックして適切なリペアを施してから販売しています。こうする事で、職人さんが本来設計した音をちゃんと出せる状態になる。これって、本当に重要な事なんですよ。

 


わかるよ。俺も1万本のエアギターを持っているけど、1本ずつに個性がある。そういうことだよね。

楽器を売る事が目的ではなく、演奏を楽しむ人を増やしたい

吉水
どうして僕らがこういう事業をやっているのかというと、運営母体がEYS音楽教室という社会人向けの音楽スクールだからなんですね。

僕らの理念はEnjoy Your Sound。つまり音楽を楽しむという事。だから僕らは固定されたカリキュラムで音楽を教えるのではなくて、一人ひとりがしっかりと演奏できるようにサポートしていく。だから、スクール内でどんどんバンドを組ませて、とにかく演奏していく事の楽しさを伝えています。

もちろん基礎練習は重要だけれども、それ以上に「楽しい」という感情が沸かなければ練習に身が入らないし続けられない。だから僕らはとにかくどうやったら演奏を「楽しい」と思ってもらえるかを考え続けてきました。

そうなった時に「教え方」だけでなく、演奏してて楽しい!と思える楽器をちゃんとお客様に提供しないといけないと、そういう風に考えるようになりました。いい音で、演奏しやすく、初心者でも購入しやすい価格の楽器を提供したい。

そう考えて今のやり方にたどり着きました。

さらに僕らは、スクールに入学した人に楽器を無料でプレゼントしているんです。これもとにかく金銭的な負荷を減らして、まずは弾いてください、一緒に演奏しましょう!という理念からきています。

 


それなら、全世界の人に無料で楽器をプレゼントしたらどうかな。

 

吉水
それだと、うちが潰れちゃう。

「世界を旅する楽器屋」という仕事。興味ありませんか?

吉水
こういう感じで僕、世界中を旅して工房を訪ね歩いて楽器を仕入れるという仕事をしているんですけどね…

 

最近、疲れちゃって。

僕もいい歳だし、毎月のように海外に出張するのって疲れるんですよ。飛行機とかも乗ってるの大変だし…。

だから、僕の変わりに世界中を旅して楽器を買い付けてくれる人材を募集したくて。

 


なるほどね。ただ残念なお知らせがひとつ。

その仕事に就いても、決して買い付けることができない楽器が、この世にはひとつだけ存在するんだ

募集要項はこんな感じです

吉水
という訳で、僕の代わりに世界を旅してくれる方を募集します。条件面は以下に記載しますが、英語がある程度喋れて書ける方で、社会経験をそれなりに積んでいればOKです。楽器の知識はあれば嬉しいですが、無くても教えますし、僕も最初はそうでした。

また、海外での買い付け方法などは最初は僕と一緒に行動して、徐々に覚えていっていただければと思っています。

待遇 正社員
業務内容 世界中を旅して、楽器を買い付けてくるお仕事
(吉水氏のサポート、研修有り)
給与 40万円〜(賞与、年二回)
福利厚生 社会保険完備、各種福利厚生制度有り
勤務場所 東京オフィスを中心に、月1程度のペースで海外出張有り
募集人数 若干名
必須スキル

社会経験5年以上
英語(日常会話、英文でのメールやりとりが出来る程度)

あれば良いスキル 楽器の知識(社内研修有り)

さらに、上記の条件にプラスして海外出張の際には2日程の休日をプレゼントします。

せっかくの海外出張ですので、行く度に何かしらの旅行も兼ねて貰えればと思っています。

演奏を楽しみたい!というユーザーと、良質な楽器をつくる職人さんを結びつける仕事。興味を持ってもらえた方は是非、以下からご応募ください。

興味が湧いた方はこちらから応募


お金で買えない楽器…。

それは、俺の歌声だよ。