Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2017.01.18
LIG PR

アツい沖縄の熱い求人!東京と一緒の給料でオフィスの前は青い海?そんなの応募したすぎるだろ!

まろ

こんにちは、フロントエンドエンジニアのまろです。

突然ですが、沖縄で仕事したいと思ったことはありませんか?

波の音を聞きながら仕事をして、給与も東京と変わらずもらえたら最高ですよね。

そんな夢のような会社、ある訳……あるんですよ!

その会社とは、東京に本社を構えるユミルリンク株式会社。今回、沖縄にサテライトオフィスを開設するようで、フロントエンドエンジニアを募集しているそうです。

そこで、ユミルリンク社では、どういう人に来てほしいのか、どんな環境で働けるのか、沖縄サテライトオフィスで働くフロントエンドエンジニアの田口さんにお話を聞いてみることにしました。

S_DSC_0417

田口 和樹
沖縄サテライトオフィスで働くフロントエンドエンジニア。奥さんが南国に住みたいという強い希望と子育てのタイミングで沖縄へ移住。現在は、沖縄のサテライトオフィスでひとりで働きながら一緒に働く仲間を募集している。

目の前は海!最高のサテライトオフィス

オフィス

なんですか、このステキなオフィスは……。

 

DSC_0385

しかも窓の向こうはすぐ海!

田口さんは、この沖縄のサテライトオフィスで、東京と沖縄を行き来しながらひとりで働いているとのこと。さっそく、待遇やどんな人を求めているのか、沖縄オフィスがどんなところなのか、お聞きました。

収入も評価も東京が基準!

DSC_0405

まろ2単刀直入にお聞きしますけど、東京と同じ基準で給料がもらえるって本当ですか?
S_DSC_0417はい。会社は給与を東京と沖縄で分けていないので、東京の水準でもらえます。これから一緒に働く方も同じように東京の基準で評価もします。
まろ2沖縄水準の給与形態を採用する企業が多いなかで、東京の基準を採用するのは珍しいですね。
S_DSC_0417そうですよね。みんな来ればいいと思います(笑)。 南国に来たい人は「ウェルカム」ですよ。

沖縄サテライトオフィスに来て生産性が3割増した

まろ沖縄へ移住してきて仕事の働き方って変わりました?
S_DSC_0417まるで変わりましたね。東京にいるときは夜の方が調子がよかったんですが、沖縄に来てからは出勤前に海沿いをランニングしたり、時間を有効に使えるようになりました。おかげで生産性は3割増しになったかな。
まろ夜型だった人間が沖縄に移住しただけで朝活するようになるんですか?
S_DSC_0377そうですね。やっぱり沖縄って時間がゆっくりしているので、朝活できたり仕事に集中できたりするんですよね。それとこのオフィスもすごく気に入っています。東京みたいに人もいないですし、ストレスはまったくと言っていいほど感じないです。

遊歩道

S_DSC_0377しかも、オフィス前の歩道先は海なので、車が通らないのも気に入っています。窓をいつもちょっと開けてるんですけど、風の音とか、虫の鳴き声とか、気持ちいいんですよね。
S_DSC_0377集中できる空間とロケーションがあるから生産性も上がって、上がった分だけ時間を自分や家族に使うことができてすごく充実しています。

東京と離れていても生産性はアップ!サテライトオフィスでのリモートワーク

まろ今回はフロントエンドエンジニアの募集と聞いていますが、田口さんは今どんなお仕事をしているんですか?
S_DSC_0377フロントエンドエンジニアとして、自社サービスのフロントエンド部分を担当しています。 要件に合わせた画面設計や情報設計のフェーズから、コーディングのところまで担当しています。
まろ具体的にはどんな案件がありますか?
S_DSC_0377サービスをSPA(シングルページアプリケーション)で組む案件が増えていますね。
S_DSC_0377バックエンドエンジニアがREST APIを作り、フロントエンドエンジニアはそのAPIを叩いてページを作っていきます。フロントエンドとバックエンドは完全に分業された中での作業ですね。

 

最低限のコミュニケーションで、効率よく仕事をする

まろ分業体制でのコミュニケーションはどうしていますか?
S_DSC_0377エンジニア同士は、IRCチャットを使ったコミュニケーションですね。
まろIRCチャットだけで、不便を感じることはないですか? 例えばもっと会話のコミュニケーションを増やした方がよいとか。
S_DSC_0377社内文化として昔から使っているので、テキストだけのほうが効率がいいんです。なので会話でのコミュニケーションはゼロです(笑)
S_DSC_0377どうしてもテキストのコミュニケーションが厳しいときは、絵にしてコミュニケーションをとります。仕様部分も自分が設計した実際の画面を見て、バックエンド側が汲み取ってくれるので特に困ることはありません。
まろそこまで頑なに会話をしないのもエンジニアらしいですね(笑)。では、田口さんはフロントエンドの仕事について、どういうところに面白さを感じていますか?
S_DSC_0377情報設計の部分ですね。入力したものをどう遷移させて、どのようにアウトプットさせるか。これはインフォメーションアーキテクチャの部分も必要になってくるので一番頭を使います。業務の一連の流れを想定した上で考えていくので、見た目ベースではない情報をデザインできる点です。

サテライトオフィスフロントエンドエンジニアの開発空間にしたい

DSC_0402

まろ2一緒に働く仲間が増えたときに、サテライトオフィスをどのようにしていきたいですか?
S_DSC_0417いまは一人でフロントエンドの仕事をしていて、案件のすべてを僕が担っています。今後はそれらをこのサテライトオフィスで一緒に回せるようにしていきたいですね。フロントエンドに関する設計はすべて沖縄でやる! といった専用の開発拠点にすることを計画しています。
まろ2人はどれくらい増やす予定ですか?
S_DSC_0417まずは2人採用して、そのあと5人ぐらいの人数でやれたらいいですね。仲間が増えれば刺激も増えますし、スキル面でも東京に置いていかれることもないと思っています。
S_DSC_0417あと、オフィスの環境という部分では仕事とプライベートをうまく融合したオフィスにしていきたいと思っていますね。
まろ2融合? 具体的にはどういうことですか?
S_DSC_0417例えば、学校帰りに子供が仕事場に遊びにくるとか。そういう職場って、あまりない気がするんです。

DSC_0354

S_DSC_0417昔、父親の仕事場にいったことがあったんです。そこで普段と違う働く父親の姿が子どもながらに嬉しくて。だから、自分が働く姿を子供に見せるってすごくいいことだと思うんです。
まろ2俺の背中を見ろ! ってやつですね。子供がいる職場って人のあたたかさを感じますよね。なんか寛容というか。
S_DSC_0417いろいろな意見があると思うのですが、僕は仕事の中に自然と生活が入ってくるって良いことだと思うんです。
S_DSC_0417沖縄は人とのつながりが強いので、このオフィスでも外に出て、たとえばバーベキューなどのリフレッシュイベントもやりつつ、家族ぐるみでの付き合いも仕事の中に溶け込んでいかせたいですね。
まろ2人のつながりが強いって、沖縄の良い文化でもありますよね。
S_DSC_0417子供たちが帰ってきても迎え入れてくれる。それが自然にできるオフィスを作っていきたいですね

 

面接に応募してみる

 

ルールは作りたくないから、自分を律することができる人に来てほしい

DSC_0416

まろ2最後なりますが、どんな人と一緒に働きたいですか?
S_DSC_0417まずは僕がこなしているフロントエンドの仕事ができるかどうかですね。あと、この沖縄の雰囲気に流されないで、ある程度自立した人でないと、東京のスピード感に置いていかれてしまうかもしれません。
S_DSC_0417成長は自分でしなければいけないので人柄も重視します。あとは移住を気軽に考えることができる方は合うと思いますね(笑)。それに弊社は東京にも拠点もあるので、東京で働く選択肢もあります。
まろ2それなりに経験値のある方が対象ですか?
S_DSC_0417そうですね。ただ、若いうちは東京で働いてほしいと思っています。僕みたいに子育てするとか、家族のことを考えるようになって、基準を家庭にシフトしている人の方がここでは働きやすかもしれません。
まろ2単純に移住だけでなく、UIターンも歓迎ってことですね。
S_DSC_0417はい。今どこかで働いていて、今の働き方を変えるために田舎に移住したい人の方が、やりやすいと思います。
S_DSC_0417例えば、東京でのスピード感を経験して沖縄に来る。都会での働き方を経験したからこそ、沖縄で自立した働き方ができると思います。
まろ2好条件のユミルリンクで働くには、スピード感と自立している人が条件ということですね。
S_DSC_0417沖縄ではあまりルールは作りたくないんです。みんなが自立していればルールは必要ないので、自主的なひとと自由に仕事して社員同士の距離が近い。そんな仲間に巡り合えたらいいなと思います。
まろ2田口さん、ありがとうございました!

 

面接に応募してみる

 

まとめ

DSC_0365

普段は長野と東京とでリモートワークをしている自分にとって、場所を選ばず仕事することはできても、仕事の効率や自身の集中力が同じとは限りません。この場所は、ゆったりした中で集中して仕事ができる雰囲気なので、生産性が上がることは間違いないです! そんな場所でできる仕事は自社サービスの開発です。UI/UXまでを追求するフロントエンドは珍しく新しいので、チャレンジングな仕事がきっとできるはずです。サービスをやりたい、これからフロントエンドエンジニアの領域を広げていきたい人にとって、バシッと仕事して、自分の時間もある。そんな仕事と場所があるなら、移住してみたくなる…そんな会社でした!

まずは、お話を聞いてみることからはじめてもいいかもしれません。

 

ユミルリンクへ応募する