LIGPR

【恋愛にも応用可!?】レベルに合わせて緻密に計算された英語学習ステップがまるで筋トレ

石倉リッキー・チャン


【恋愛にも応用可!?】レベルに合わせて緻密に計算された英語学習ステップがまるで筋トレ

こんにちは、空間ディレクターのリッキーです。

先日、「社会人限定のオトナ留学 MBA」の渋谷校に遊びに行って来ました。
目的はというと、学校長のカズさんに近況報告がてら挨拶をするため。

ico カズさん
社会人限定のオトナ留学 MBAの学校長で、仕事のできる爽やかイケメン。LIGセブ支社での仕事がきっかけで知り合って以来、たまに会っては人生や恋愛の相談をしている、僕の「頼れる兄貴」的存在。

いつものように僕がカズさんに他愛もない近況報告(主に恋バナ)をしていると、突然こんなことを言われました。

英語を制する者は、恋も制す!?

「うーーーん……。なんかリッキー、ダメダメじゃない?

“英語を制する者は恋も制す”って言葉知ってる? 語学を習得することと恋を成就させることは、一見まったく別のことのように思えるけど、実はとてもよく似てるんだよ。

ねえリッキー、英語圏で生活すれば、勉強せずとも英語が身につくと思ってるでしょ。好みの女性と、いつかなんとなく出会えるって思ってるでしょ。 そんなんじゃ一生モテないし、英語もできないよ?

 

……え?(ちょっと図星)

カズさん曰く、恋愛にも英語にも共通する「成功メソッド」が存在するとのこと。

というわけで今回は、どのレベルのときに、どんなバランスで、何に取り組めば最も効果的にレベルアップできるかを、多くのデータや過去の実例から割り出したというそのメソッドを、僕のように英語と恋愛に悩む男子諸君のために根掘り葉掘り聞いてきました!!

まずは心の準備から! 英語と恋愛に共通する4つのマインドセット

「恋愛も英語学習も基本は同じ。まずはしっかり自分と向き合う必要があるんだ」

というのも、はじめに「何故やるのか」「どうなりたいのか」を突きつめることでゴールが明確になり、迷いなく進むことができるからだそう。そのため、MBAの受講生は、英語学習を始める前に下図の4ポイントを見直すそうです。

img_161206_00

「一見遠回りのように見えるけれど、これをやるとやらないでは大きな差が出る」という4つのマインドセット。その中身を、詳しく解説してもらいました。

1.<固い決心>が行動力につながる

img_161206_01

いつまでにどうなりたいのか。これをまず始めに決める。

英語学習であれば、「○月のプレゼンを成功させなければいけない」など、ゴールが明確で必然な人のほうが成長スピードが早いのだそうです。そのためMBAでは、切迫感がない受講生さんには「半年後に海外行きの航空券をとりましょう」とアドバイスして、逃げられない環境を意図的に作ることもあるのだとか。

ico
彼女がほしいなら、まず周りに宣言することから始める。そうすることで、いい話が舞い込んでくる可能性も増えるし、自分を追い込むこともできるんだ。
ico
それでも腰が重いようなら、クリスマスイブにレストランを予約してしまってもいいかもね(笑)。自分が覚悟を決められる環境づくりをすることが大事なんだ。
ico
ぐぬぬ……。

 

2.<明確なゴール設定>をして、何をすべきかハッキリさせる

img_161206_02

①で決めた「いつまでにどうなりたいか」の「どうなりたいか」の部分を掘り下げておくことも大事です。

たとえば、「英語を話せるようになる」……というような曖昧なゴールではなく、「来期までにTOEIC○点を取って昇進する」、「〇〇大会で△△についてスピーチをする」といった具体的なシチュエーションを描く。こうすることで、達成までの道のりが明るくなるばかりか、モチベーションアップにもつながるのだそうです。

ico ひとくくりに「彼女」といっても、ワンナイト狙いなのか、恋愛を楽しみたいのか、結婚前提なのかで達成する手段は全然違ってくる。いつどこに辿りつくか分からないより、目指すゴール地点が記された地図があったほうが、力強く進めると思わない?
ico
なんとなく出会いがあればいいやと思ってましたね……。

 

3.間違いを繰り返さないための<柔軟な考え方>を持つ

img_161206_03

言い換えれば、これまでの価値観を捨てる勇気

喋れるようになってないのに「自分のやり方がある」と意固地になってしまうと、成長が止まってしまうことが多いのだそう。新しい価値観に対して疑う時間が多いほど、結果もついてこずモチベーションも下がってしまい、負のスパイラルに陥ってしまうのだとか。

ico
エスコートって、女性が喜んではじめて価値があるものでしょ。でも、女性も人によって、考え方も捉え方も違う。常に「女性とはこういうもの」と決めつけるのではなく、インプットの姿勢を忘れないことが大事なんだ。
ico
自然体の自分を好きになってくれる人を待っているだけじゃダメなんですね……。

 

4.<自信と度胸>をもって、とにかく実践する

img_161206_04

そして最後に、学んだことを体験に結びつけるため、「実践する」勇気を持つことが何より重要なポイントなのだとか。

英語スピーチが上達する人は、人前でどんどんしゃべります。文法の間違いを恐れずに、とにかく話すことが上達につながるのだそうです。日本人が英語を間違っていたって、「お前ぜんぜんダメだね」なんて言われることはほとんどないから、とのこと。

ico
恋愛でも、知識だけじゃフォローしきれない会話のアドリブ加減や、エスコートの細やかさは、失敗して成長していくケースのほうが多いと思うんだよね。だったら、許されるときに失敗しておいて成長しておいたほうが良いと思わない?
ico
そう思います……!

それでも失敗は怖いもの。「ただ、そんな不安を解消する方法がひとつだけある」とカズさんは言います。それは「ファーストアクションを決めておく」ことなのだとか。「下手に考え込むと緊張で声が上ずってしまったりするけど、いつものフレーズをパターンで覚えておくといい滑り出しができる」そうです。

ico
声をかけるときは天気の話からはじめる、洋服についてコメントする、と決めておくと、ハードルがぐっと低くなるよ。自分のなかの「勝ちパターン」を見つけるイメージだね。
ico
……勝ちパターン、ですか。
ico
この勝ちパターンは、実践をしていくなかでブラッシュアップされていく。だから、アクションを起こせば起こすほど成功率もあがっていくんだ。

 

成長するためには、アウトプットだけではダメ、インプットも大切

DSC01629

「心構えができたら、いよいよ実際のスキルを身につけよう。ここでポイントとなるのは、インプットとアウトプットの両方を、適切なタイミング・レベル感・分量を見定め、効率よく駆使していくこと」

つまりどういうことかというと……、たとえば英単語や文法を知らない(インプットが足りない)状態で会話(アウトプット)を始めても効率が悪いし、かといって座学ばかりでも、「実践の場でトライアンドエラーを繰り返すこと」が知識を自分のものにする一番の近道なのでやはり効率が悪い、ということだそう。

ico
語学留学や日本の英会話スクールでは「インプット」はほとんど行われないけれど、実は、インプットとアウトプットを交互にやっていくことが一番効率よく英語を身につける方法なんだよ。
ico
僕は、英語の勉強をしないままセブ島に行ったからか、ぜんぜん会話は上達しませんでした。上達したのはごく一部のフレーズと、ジェスチャーだけだったかも。
ico
恋愛だって同じだよね。相手が好きなファッションセンスを身につけたり、喜びそうなデートコースを仕入れたり、気の利いた会話を学んだり……。これらは、いろんな女性から話を聞く、SNSで相手の好みを調べる、本やWebの記事を読む、という具合にいくらでも身につけられる。準備してから実践するのとそうでないのとでは、結果がどうあれ、学びの量が違うんだよ。

 

mba_method_diagram

上の図は、MBAで英語学習の指針として使っている表。どのレベルのときに、どんなバランスで、インプットとアウトプットに取り組めばいいかをビジュアライズしたものなのだとか。

ico
なんと緻密な設計……! スポーツ選手が行うトレーニングプログラムを彷彿しますね……。
ico
必要なトレーニングを適切な順番で積み重ねていくという意味では、たしかに似ているかもしれないね。

 

161212_mba2

表の見方はこう。まず、表の上部分から自分の今のレベルを割り出します
TOEIC350〜550点なら、国際的な英語能力基準「CEFR」ではレベル「B1」に振り分けられます。ちなみにB1は「日常会話に支障なし」とされるレベルです。

この部分から読み取れるその他の情報
  • A1レベルからこのB1レベルまでに必要な学習時間は、約650時間
  • その勉強時間を日本にいながら確保するとかかる日数は、約360日
  • もしMBAセブ校へ留学した場合、学習時間が凝縮されるので、習熟に必要な期間は約12週間(3ヶ月)

 

161212_mba3

また、表の下部分に目線を移すと、そのレベルに達するのに必要な学習量・方法が書かれています。
たとえばTOEIC350〜550点なら、3,000〜5,000語の英単語が必要。英文法は中学レベル〜高校レベルの参考書・ドリルを、段階を追ってこなすと良い、という寸法です。

ico
ちなみに、日常会話レベルの英語を話せるようになるのに必要なインプット時間は、2200時間と言われているんだ。
ico
……(絶句)。2200時間も勉強できる気がしない……。
ico
まあ、安心して。日本人はすでに1200時間を中高大で勉強してるから。だから、残りの1000時間の学習時間を確保すればいいとも言えるんだ。これは、日本で1日2時間くらい勉強をしたとして1年半(540日)くらいの計算になるんだけど、長期休暇なんかを上手く使ってセブ島に短期留学すれば、学習期間を4〜5ヶ月に短縮することもできるんだよ。
ico
なるほど〜。目標まであとどのくらい頑張ればいいか目安がわかれば、途中で挫折もしなさそう。

まとめ

「カズさん、英語も、あと恋愛も上手くいく気がしてきました!

「よかった! ただ、その気持ちを持続し続けるのは、実はとても難しいんだよ。特にリッキーは自分に甘いところがあるから、《いいコーチ》と、《継続をサポートしてくれる環境》を見つけることをおすすめしとくよ」

その両方が揃っている「社会人限定のオトナ留学 MBA渋谷校」が、お財布にも優しい理由

社会人限定のオトナ留学 MBA」の講師陣は、MBAセブ校にて2%の採用率をかいくぐって採用された講師陣のなかから、さらに優秀講師として選抜された2%のエリート講師ばかり。それなのに受講料が、その他の英会話スクールと比べてかなりお得なワケは、現地(MBAセブ校)で講師を育てるシステムを確立しているからだとか。

 

そのほか、MBA渋谷校のスゴイところ
  • 非ネイティブ講師だからこそできる細やかな指導
    日本人と同じように英語を勉強して習得してきた非ネイティブ講師は、“つまづくポイント”がわかります。そのため、「それをどう攻略したらいいか」という視点での細やかな指導が可能なのだそう。
  • レッスンは会話量を十分に確保できるマンツーマン
    講師一人に対して生徒数名だと、どうしても発言の時間が少なくなってしまいますが、MBAではマンツーマンなので十分な会話量が確保できます。
  • 手厚いフォローがあるから忙しい社会人でも続けやすい
    担当の講師が個々人の目標に合わせて、毎回レッスン内容を準備してくれるそう。授業の分からなかった点のフォローアップも、LINEなどを駆使して行ってくれるとのこと。

講師が二人三脚で一緒に将来を考えてくれるので、多少面倒な気持ちが湧いてきても、サボる気も起こらないかもしれません。

 

スクリーンショット 2016-11-25 20.13.01

ちなみに、最近(11/3)に開校した福岡の分校「START-UP ENGLISH 福岡校」でも、MBA 渋谷校と同等のレッスンを受けられるとのことです。

下記の無料体験レッスン受付フォームから、質問/要望欄に「LIGブログを見た」と書いて申し込むと、入学金が無料になる特典付き!

MBA渋谷校の無料体験レッスンの受付はこちら

START-UP ENGLISH福岡校の無料体験レッスンの受付はこちら

いま、英語留学を考えていてビジネスに繋げたい、留学語も英語スキルを高めていきたいと思っている方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

石倉リッキー・チャン
この記事を書いた人
石倉リッキー・チャン

空間ディレクター

おすすめ記事

Recommended by