Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2016.11.02
LIG PR

「サイトの多言語化」を武器に!WOVNパートナーズで翻訳サイト制作案件を取りにいこう!

まさし

こんにちは! ディレクターのまさしです。

ディレクターのみなさん、Webサイトを多言語化させた経験はありますか?

LIGでは、前にWOVN.io(ウォーブンドットアイオー)というサービスを紹介させていただきました。このサービスの何がスゴいって、1 行コードを埋め込むだけで、多言語化できてしまうこと。工数もかからなければ、費用もあまりかからないというミラクルなサービスです。

詳しくは、過去の記事をご覧ください。

WOVN.ioは導入してよし、させてよし!

スクリーンショット 2016-10-18 6.58.34

さて、このWOVN.ioのメリットは、なにも導入するだけではありません。「WOVN PARTNERS」という、Web制作会社が特典を受けられるパートナープログラムがあるんです。

WOVN PARTNERSで得られる 3 つのメリット

WOVN PARTNERSで受けられるメリットは大きく 3 つあります。

1. 従来の多言語化対応でかかっていた工数がかなり減る!

従来の多言語化対応では、外国語検索のインデックス対応のため、わざわざHTMLファイルを言語別に制作していました。WOVNは、サーバに実装する必要はありますが、言語別にファイルを作る必要はありません。

例えば……
元のサイトが 1 万ページあり、そのサイトを 4 カ国語に対応させるとします。その場合、元の言語を除き最低でも 4 万ページ作成して、サーバに置く必要があります。ページ数によっては、サーバの増強や軽量化も行う必要がありますが、WOVNを利用した場合は必要ありません。また、WOVN.ioの管理画面からならコードが書けない人でも、画像の置き換え対応や、titleタグ・Altタグ・metaタグ・meta descriptionタグの翻訳・多言語化が可能です。

クライアントにサイトを納品した後でも、翻訳した言葉の修正に、エンジニアやデザイナーの工数を必要としませんし、なんならWOVN.ioの管理画面をクライアントに提供してしまえば、翻訳した文書の修正はクライアントで対応することもできるのです。

2. 自社のサイトを無料で多言語化できる!

パートナーになると自社のサイトに、WOVN.ioの25,000円/月のプランが 6 ヶ月間無償で導入できます。もし、クライアントのサイトへ 1 件でも導入すると 6 ヶ月以降も無料に! つまりパートナーになって、有料プランをクライアントに導入できれば、自社のサイトでずっとWOVN.ioを使い続けられる訳です。案件をゲットできてサービスが使い続けられたら一石二鳥ですね!

ちなみに、LIGブログでもWOVN.ioを導入してみました! こちらからご覧下さい。サイトの右下のポップアップで言語を変更できます。

スクリーンショット 2016-10-18 6.24.55

3. OEMもOK!カスタマイズして、オリジナル翻訳サービスとして打ち出すことも可能!

wovn_161021_02

WOVN.ioの管理画面上で翻訳したい言語を選択すると、言語コードが付与されたURLが言語別に生成されます(サブドメイン、パス、クエリのいずれかの方法でURLの変更が可能)。なのでWOVN.ioが提供しているデフォルトの言語切り替えウィジェットを利用せず、言語切り替えのためのリンクをヘッダーやフッターへ埋め込むなど、独自のカスタマイズもできます。OEMも可能とのことなので、サイトのテンプレートを持っていれば、自社サービスとして売り出す事もできそうですね!

WOVNパートナーズになるには?

wovn_161021
WOVN PARTNERSに申し込む条件は、「クライアント企業にWebサイトの多言語化を提供する」業態である必要があります。例えば、LIGようなWeb制作会社、WEB/デジタルマーケティングコンサルティング会社、ECパッケージ、ECカートなどのASP提供会社、翻訳会社、などが対象です。

WOVN PARTNERSへのお問い合わせは、下記のボタンから。

WOVN PARTNERSへのお問い合わせ先はコチラ

審査が通ると専任の担当者がつき、パートナープログラムが利用できるようになります。WOVN PARTNERS自体は無料なので、今後サイトの多言語化の案件が入りそうな企業は、一度相談してみるのも良いかと思います。

WOVN PARTNERSになって、実際にクライアントのサイトにWOVN.ioを導入してみました

信州しなの町 エコツーリズム観光協会さま

スクリーンショット 2016-10-18 6.47.09http://www.shinano-machi.com

LIGのサテライトオフィスもある長野県信濃町。このエリアの観光情報を掲載している、信州しなの町エコツーリズム観光協会さまのWebサイトの英語対応をWOVN.ioで実装してみました! 冬場は外国人のスキー客も訪れる地域なので、経済的に良い影響が期待できます。

導入時、きめ細かいサポートが嬉しすぎる!

Webサイトに翻訳サービスを実装するとなると、仕様を理解するための学習コストがかかります。しかし、WOVN PARTNERSになれば、導入時のサポートも神対応。メールのレスポンスも早く、電話でも対応してくれます!

今回、予めサイトの仕様を専任担当者に相談し、注意事項や導入手順を教えもらいながら実装できたので、MovableTypeを利用したサイトへの導入でしたが、エンジニアもすんなり理解し、導入もスムーズでした。今までサイトに新しいシステムを導入するときは、その都度サイトを調査をする工数がかかっていました。しかし、サポートに相談すると確認に必要な項目を的確に教えてもらえるので、調査コストの削減につながります。他にも、提案に役立つ事例の紹介など、専任の担当者にいろいろと相談できます。初めて翻訳サイトを提案するときでも、安心して提案に臨めますね!

爆速! 納品まで 1 日!

WOVN.ioの実装には、コードをHTMLに 1 行挿入するだけの「スクリプト方式」と、サーバー内にWOVNライブラリを設置する「ライブラリ方式」の 2 種類があります。ライブラリ方式でWOVN.ioを導入すれば、WOVN管理画面上で翻訳されたページは、すべて仮想のHTMLファイルが生成されます。繰り返しになりますが、HTMLファイルを言語別にわざわざ作成する必要はなく、外国語で検索しても、ちゃんと検索結果に表示されます。今回は、このライブラリ方式で実装をしてみました。

「1 行のコードを挿入するだけ! 5 分で簡単に……」とまではいきませんが、工数は何日もかかりません。今回は、動作条件や注意事項、導入手順を事前にヒアリングしていたので、実装してテストして納品するまでの期間はわずか 1 日で済みました。クライアントも「え? もうできたの!?」と驚く程ほど!

※2016年11月現在、WOVNライブラリは、PHP、Ruby、Java、C#に対応しています。

参考までに、ライブラリ方式の導入手順は以下のとおりです。

 

  1. ライブラリフォルダをサイトに設置する

    WOVN.ioに会員登録しアカウント作成が終わったら、各言語に対応したライブラリをダウンロードできるので、今回はphpバージョンのライブラリをダウンロードしてきます。フォルダの名前をwovnphpに変更し、多言語化したいサイトのドキュメントルートにフォルダを設置します。

  2. ファイルのパーミッションを設定する

    次にライブラリフォルダに入っている下記ファイルのパーミッションを757に変更しておきます。

    ・.htaccess.backup
    ・.htaccess
    ・install.ini
    ・config.ini

  3. インストール

    ファイルのパーミッション設定が完了したら、いよいよインストールです。
    先程wovnphpフォルダを設置したサイトのドメイン名/wovnphp/install.phpにアクセスしてください。

     

    14744171464119400_66-1310x1199

    Use TokenとSecret Keyにはアカウント作成時に発行されたものを入力します。

    日本語のサイトであれば、Default Langは日本語を選択します。ここをEnglishにしてしまうと、サイトを訪れたときに最初から英語に翻訳された状態で表示されてしまうのでご注意を……。

    その下のCheck your language for SEOの言語選択のチェックボックスはSEO対策をする言語を選択します。

     

    147441715023827100_36-1310x707

    最後にinstallボタンを押すと、上のような画面になります。全ての項目がOK! となればインストールは完了です。

画像部分は・・・画像置き換え機能を利用しよう

hikaku.001
画像の部分は、あらかじめ各言語版の画像を用意して、WOVN.ioの管理画面上で登録すれば、画像の置き換えが可能です。

 

スクリーンショット 2016-10-20 6.15.49

 

スクリーンショット 2016-10-20 6.14.11
このように、見出しを画像で作っている場合は、日本語が残ってしまいます。画像の置き換え機能を利用するか、画像部分をテキスト化しましょう。

 

スクリーンショット 2016-10-20 6.17.00
サイト自体もこれから制作する場合は、外国人の方に使ってほしい機能、見てほしいコンテンツは、できるだけテキストデータで作っておいたほうが良いですね。

信州しなの町エコツーリズム観光協会さまのサイトは、WOVN.io導入後、日本語だったコンテンツが英語対応され、外国人の方でも信濃町の情報を英語で閲覧できるようになりました。これで海外からのお客様が増えたら良いな〜!

WOVN PARTNERSになって、多言語化してみよう!

WOVN PARTNERSは、サポートもあり導入も簡単。そして、これから需要のあるサービスとなるので、検討してみる価値はあると思います。今回、クライアントのサイトに導入して、個人的に、海外SEOにも対応できている点が、非常に大きかったです。

サイトに導入してみると、その特性も理解できますし、どんどん実績を作っていけそうです。制作会社の方は、試しにWOVN.ioに会員登録し自社サイトを多言語化するところから始めるといいかもしれませんね。実績を積み重ねれば、WOVN.ioと制作を掛け合わせた新しいメニューも作れるのではではないでしょうか!

WOVNパートナーズ! おすすめです。

WOVN PARTNERSのお問い合わせはこちらから!